ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.12 / 桐原 隆さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.12 / 桐原 隆さん
広告
広告

伝統ある企業で、フィリピンのお仕事
DMCI Homes Corporate Center Japan

Marketing Sales Manager  桐原 隆さん
1977年6月13日生まれ
在比歴 8年半
普段のランチ:DMCI Homes 社員食堂

 

お仕事の内容について

「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。近年はフィリピンの経済成長を期待して、不動産に対する日本人の関心は高まっているように感じます。

親会社である「DMCI」は60年以上続く建築会社で、建築の他にも鉱山、エネルギー資源開発など多岐にわたる事業を行う歴史ある企業。フィリピンのインフラと言えばDMCI、と言われるほど、フィリピン社会に大きく貢献しています。その一員として働くことが出来るのはとても光栄です。

 

    

     フィリピンに来たきっかけは?

 

大学時代バックパッカーをしていた経験があり、海外に行くのが好きでした。卒業後日本の企業で6年間働いていましたが、30歳を前にして「海外にもう一度出たい!」と思うようになりました。まずはフィリピンで短期の語学留学をして、英語力を伸ばしてから世界一周をしようと考えていましたが、語学留学中にフィリピンが大好きになり、そのまま住み着いてしまいました。

 

    

     フィリピンの好きなところ

 

フィリピン人の明るい人柄が好きです。皆いつも楽しそうで気軽に話しかけてくるし、こちらからも遠慮せずに話しかけられる。人との間に壁を作らず、誰でも受け入れる温かさが魅力ですね。

 

    

     海外で働く際に求められるスキル

 

語学や仕事のスキルはもちろん大事ですが、何より大切なのは、その国のことを理解しようとする気持ちを持つことだと思います。その国の人や文化、歴史を尊重することが、働く際にも大きな意味を持つはずです。どこに住もうと何年住んでいようと、私たちは日本人であることに変わりはありません。外国に住まわせてもらっている、働かせてもらっているという謙虚な姿勢でいることが大切だと考えています

 

    

     プライベート時間の過ごし方

 

ある本に書いてあった「自分が一番やりたいことをやるのが、一番うまくいく」という言葉に背中を押され、ずっとやってみたかった「レゲエDJ」をフィリピンに来てから始めました。DMCI Homes で働き始める前から続けており、活動期間はすでに5年半。のめり込みすぎて、音楽活動に専念する時期もありました。今では木曜日と日曜日にレギュラーの出演イベントがあります。その他にも、フィリピン各地のお祭りでパフォーマンスするなど、休日にはDJとして国内を飛び回っています。今の職場は音楽活動への理解があるので、とてもありがたいです。やりたいことが出来ている幸せを感じます。

実はこの会社で働き始めたきっかけも、DJだったんです。以前から親しくしていいる、現・上司のロバートさんに、DMCIのクリスマスパーティーに呼ばれてDJパフォーマンスをした際に、「ここで働きたい!」と相談したところ、「良いよ!」と快諾してもらい、今に至ります(笑)

 

    

     フィリピンでの失敗談

 

 以前お客さんとマラテまでご飯を食べに行った時に、椅子の脇に置いていたカバンを置き引きされてしまいました。車の鍵と財布を盗られてしまい、その場から一歩も動けない……という状況に。後の対応が非常に大変でしたね。長いことフィリピンに住んでいますが、それまでトラブルに巻き込まれたことはほとんどなかったので、気を抜いてはいけないなと改めて思いました。

 

    

     人生のモットーは?

 

 「感謝」ですね。色んなことに感謝して生きていくのがモットー。人生で大切なことはたくさんありますが最終的には「感謝」にたどり着くのではないでしょうか。今フィリピンで生活させてもらっている私が特に感謝しているのは、これまでフィリピンで活躍されてきた同胞の方々です。私が今ここフィリピンで生活できるのは、フィリピン人と関係性を築いてきた先人たちの恩恵に預かっているからだと思います。私もそのバトンを後世に渡していく立場になりたいです。

 

    

     今までの経験の中で一番成長を感じたこと

 

最近フィリピンについて、セミナー等でお話することが多くなりました。いかにフィリピンが良いところか皆さんに伝える機会が多いので、「人に何かを伝える」ことに関しては、成長したと言えます。

あとは、仕事の話からは離れてしまいますが、DJの活動も自分の成長につながっています。1回きりのパフォーマンスはいつでも真剣勝負。上手くいかなかった時は非常に落ち込みますが、その反省を生かして次の真剣勝負に挑む、ということを繰り返して、DJのスキルのみならず、人としても少しづつ成長できているのではないかと思います。私のパフォーマンスで多くの人が楽しんでくれている、ということも大きな自信になっていますね。それがプレッシャーになることもありますが(笑)

 

    

     これからの目標

 

 「日本とフィリピンの架け橋」として、日本の人にもフィリピンの人にも感謝されるような存在になりたいです。前にも述べましたが、フィリピンで活躍されてきた日本の先人たちからのバトンを、自分も後世に引き継いでいけるように全力で頑張りたいです。

 

    

     尊敬する人は?

 

日本人とフィリピン人とで各1人ずつあげさせて頂くと、日本人では、「稲盛和夫」さんです。稲森さんの本を読んでいると心が洗われますし、揺さぶられます。フィリピン人では、DMCIのオーナー「David・M・Consunji」さんです。一代でフィリピンを代表する巨大企業を作り上げたにもかかわらず、質素な生活をし、堅実で偉ぶることもなくどんな社員にも対等に接する人柄を尊敬しています。

 

    

     カバンの中身拝見

 

ポイントはDJ雑誌とパソコン。この派手なデザインのパソコンはDJパフォーマンスの際にも使用しているものです(笑)

 

 

これからフィリピンで働こうと思っている人へのメッセージ

 

もしフィリピンで働きたいなら、日本であれこれ考えて悩むより、まずはフィリピンに来てみたら良いと思います。そしてしっかりと情報収集した上で「やっぱり働きたい!」と思えたのなら、潔く決断して、次の行動に移せば良い。「フィリピンで自分のビジネスを立ち上げる」ということなら話は別ですが、「フィリピンで働く」ことはその思いがあればきっと出来ると思います。今では多くの日系企業もフィリピンに進出していますし、活躍出来るフィールドはいっぱいあると思います。

もしフィリピンで働きたいなら、日本であれこれ考えて悩むより、まずはフィリピンに来てみたら良いと思います。そしてしっかりと情報収集した上で「やっぱり働きたい!」と思えたのなら、潔く決断して、次の行動に移せば良い。「フィリピンで自分のビジネスを立ち上げる」ということなら話は別ですが、「フィリピンで働く」ことはその思いがあればきっと出来ると思います。今では多くの日系企業もフィリピンに進出していますし、活躍出来るフィールドはいっぱいあると思います。

広告
広告
広告

働く人図鑑

レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。

その他

今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
今回は「アーチェリーに挑戦!」です。 フィリピンで出来るスポーツといえば、ゴルフやダイビングだと思いますが、もっと手軽に出来て楽しいスポーツかありました! それはアーチェリーです!!
子どもたちの想像力を最大限に引き延ばす。「語り手たちの会」サークル紹介です。
2018年2月に富士ゼロックスフィリピンの社長に就任した加藤英明さん。顧客の業務効率化や業績の拡大をサポートするため、商品の提案だけでなく、印刷に付加価値をつけたサービスの提供に徹底したこだわりをもつ。これまで上海、シンガポール、ミャンマーなど海外に長く駐在した経験をいかし、国の発展や需要に応じた事業展開の舵取りを担う。
飛ばすより曲がらないスイング「ジャンプ」と「90度キープ」が超精度を生む!タメすぎても、ほどけてもダメ。トップの手首90度キープで球がまったくブレナイ。アドレス以外で球が曲がらないポイントは手首にある。切り返しで左手首の90度をキープしながらダウンスイングに移行するのがコツだ。ほどけやすい人はフックボールを練習しよう。
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
フィリピンには7千以上もの島があります。ただ僕たちはまだマニラのあるルソン島とセブ島しか行ったことがありません。フィリピンに住んでるからには色々な島に行ってみたい!そしてせっかくなので王道のセブやボラカイ、パラワンではなく、まだ僕たちが聞いたことのない島に行ってみよう。そしてなるべく格安で行こう!
。先日僕たちHPN3は日本に行ってきました。 日本に行った時は必ずホームステイファミリーにお土産を買っていっています。チョコレートやスナック菓子、カップラーメンなど。みんな喜んでくれます。僕の帰りよりもむしろお土産を楽しみにしています。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人のHPN3の堀越です。僕の住んでいるトンド地区の近くにはディビソリアという激安マーケットがあって平日でもたくさんの人でごった返しています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel