ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.13 / 渡辺 加奈

フィリピンで働く人図鑑 Vol.13 / 渡辺 加奈
広告
広告

watanabekana13

「安心」「便利」「快適」なレンタルオフィスをご提供 
「住居」「オフィス」のご紹介

LEOPALACE 21 PHILIPPINES INC.

渡辺 加奈さん あだ名:なべかな(なべかなと呼んでください)
1986年4月16日生まれ
在比歴 8か月
ランチの予算/場所:
P50~P400/リトル東京やジョリージップなど

 

お仕事の内容について

レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。現在フィリピンオフィスの日本人スタッフは支社長、私、男性スタッフの3人、ローカルスタッフは7人です。日本在住歴6年で日本語堪能なローカルスタッフもいますよ。

 

    

     フィリピンに来たきっかけは?

 

 元々は東京本社で働いていました。はじめは日本国内のレオパレス物件を紹介する部署にいて、外国の留学生と接する機会が多く、海外への興味が強くなりました。「海外研修しませんか?」と言われて「行きたい!」と言ったら、予想外に長い赴任をすることになってしまいました(笑)。他にも海外拠点はあるのでフィリピン以外の選択肢もありましたが、新事業である「レンタルオフィス」事業に携わることができる、ということに魅力を感じ、フィリピンを志望しました。

 

    

     フィリピンの好きなところ

 

 みんな明るくて、細かいことを気にしないところですね。私自身O型で大雑把なところがあるので、気が合う気がします。真面目な話をしていても突然歌い出したりしますし、一緒にいて楽しいですね。

 

    

     海外で働く際に求められるスキル

 

 あまり物事を決めつけずに、今までにない感覚を受け入れる柔軟な姿勢が必要なのではないかと思います。日本の感覚が通じない場面は多々ありますしね。発注したものがいつまで経っても届かない、など日々トラブルが起こりますが、気にしていたらキリがないし、こちらでの仕事や生活を楽しめなくなってしまうと思います。

 

    

     プライベート時間の過ごし方

 

ゴルフをするのが趣味です。日本にいるときは月に1、2回プレイしていました。フィリピンと日本はプレイ環境が違いますね。フィリピンはキャディーさんが一人一人つくので緊張しちゃいます。フィリピンは途中休憩がなく、18ホール通しでやるので疲れます(笑)。
 あとは日本に結構な頻度で帰っています。月に1、2回ですね。買い物したいな、と思って気軽に帰るような感じです。ひひ

 

    

     恋人は?

 

 恋人はいません。これから頑張ります(笑)

 

    

     日本でやっておけば良かったこと

 

 実は毎月1、2回は日本に帰っているので、特別やっておけば良かったなあということはありません。ただ、国際免許を取っておけば良かったなあと思っています。一時帰国の期間で取得するのは難しいので。フィリピンの道路をププッーとクラクションを鳴らしながら走ってみたいですね(笑)。

 

    

     人生のモットーは?

 

 少し気の抜けた言葉ですが、「棚からぼたもち」ですね。何か良いことあったら良いなあ、と思いつつ毎日生きてます。

 

    

     今までの経験の中で一番成長を感じたこと

 

仕事関連ではないのですが、海外生活への適応力かなと思っています。身近な例だと、例えばシャワー。フィリピンではたまにお湯が出なくなって水シャワーしか無いという場合があります。水シャワーなんて絶対無理と思っていましたが、慣れれば意外といけるものだとわかりました。

 

    

     これからの目標

 

 将来はカフェを開きたいと思っています。元々お菓子作りに興味があり、フランスに留学していた経験もあるので。自由気ままなカフェにしたいですね。具体的に何年後、とはまだ決めていませんが。

 

    

     尊敬する人は?

 

これ!と思い当たる人がいないけど、一生懸命日本語を覚えて話してくれる、うちのスタッフを尊敬します!

 

    

     カバンの中身拝見

 

フィリピンは空調が効きすぎていることが多いので、上着は必須です。本を読むのが好きなので、日本から持ってきた本をカバンに入れて、いつでも読めるようにしています。暑い時には、レオパレスうちわを使ってます(笑)。

 

 

これからフィリピンで働こうと思っている人へのメッセージ

 

外国で仕事をする時に常に、その国で「働かせて貰っている」という気持ちを持つ事が大切だと思います。フィリピンという国と人々に対して尊敬と感謝を忘れないようにしたいです。また、フィリピンで働く際にフィリピン人以外の、様々な外国人との交流の機会が出てくると思いますので、その場では自分が日本代表であるという誇りを持って振る舞いたいと考えております。そして日本にいる時よりは、積極的に色々な所に飛び込んで行ったり話したりした方が良いと思います。優しくて陽気なフィリピン人は、きっと楽しく話し返してくれるはずです。

(支店長、馬波さんより代理)

広告
広告
広告

働く人図鑑

フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
JETRO Manila全体の仕事としては、日本からフィリピンへの輸出促進とフィリピンへの投資支援が二本柱になっています。その中で、私は調査担当として、フィリピン経済統計をまとめてデータ化し資料に起こしています。例えばフィリピンの人口ピラミッドや経済成長の状況について、他のASEAN諸国と比較をしながら日系企業に説明をします。
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。

その他

フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
今回はある噂を耳にしてその調査に出かけました。その噂とは、「フィリピンにパチンコ店がある!」なんとフィリピンにパチンコ店があるらしいのです。これはビックニュースです。あの日本で大人気のパチンコがフィリピンにで出来るなんて!
今回はマニラ動物園に行ってきました! 入園料は1人100ペソです。動物園に行くのは20年ぶり位なので久しぶりの動物たちに少しビビってしまいました。 フィリピンが暑いせいなのか全体的に動物達はぐったりしていて影から出てきません。
今回も僕たちは子供達と遊んできました!ですが今回は流行ってる遊びではなく、古くからある遊びです。なんとフィリピンには日本と同じ子供の遊びがたくさんあります。例えば「じゃんけん」。掛け声は違いますがフィリピンにもあります。そして「かくれんぼ」。これは「Taguan(タグアン)」という名前であります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「大盛り激辛ヌードルチャレンジ」です。今回は更にハードルを上げて、ラーメン5個にチャレンジ!
日比租税条約による節税案について 第2回目は日比租税条約による節税案についてお話させて頂きます。
フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
マーケットが求めている商品やサービスを通じて、「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していく「伊藤忠商事株式会社」マニラ支店長の河野一之さんにお話を伺いました。
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel