ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる

  フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。

ハンバーガー特集

【マニラ】2009年、わずか3人の店員がいる20人収容の小さな店舗としてスタート。現在では30店舗ほど展開するチェーン店へと成長した。
【マニラ】2009年、わずか3人の店員がいる20人収容の小さな店舗としてスタート。現在では30店舗ほど展開するチェーン店へと成長した。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【タギッグ】ジュピター通りに本店を構える大人気のハンバーガー専門店。お肉の新鮮さを第一に考え、輸入牛ではなくバタンガスで育てたGrass-fed(草を飼料として与えた)ビーフを使用。
【タギッグ】ジュピター通りに本店を構える大人気のハンバーガー専門店。お肉の新鮮さを第一に考え、輸入牛ではなくバタンガスで育てたGrass-fed(草を飼料として与えた)ビーフを使用。
【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【マカティ】ロックウェルとBGCに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【マカティ】ロックウェルとBGCに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【タギッグ】BGCのシャングリラホテルに構えるハンバーガー専門店。同ホテルにあるステーキハウスRaging Bull Chophouseの姉妹店で、ステーキで使っているものと同じ上質なアンガスビーフや和牛を使ったハンバーガーを提供。
【タギッグ】BGCのシャングリラホテルに構えるハンバーガー専門店。同ホテルにあるステーキハウスRaging Bull Chophouseの姉妹店で、ステーキで使っているものと同じ上質なアンガスビーフや和牛を使ったハンバーガーを提供。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【タギッグ】SMオーラに構えるフードホール、Todd English内のハンバーガーブースで提供されているメニューをそのままに、スピンオフという形でオープンしたハンバーガー専門店。「一般の人でも手が届きやすいグルメバーガー」というコンセプトに基づき、本店よりもコストを抑え、P300以下のハンバーガーメニューを実現。
【タギッグ】SMオーラに構えるフードホール、Todd English内のハンバーガーブースで提供されているメニューをそのままに、スピンオフという形でオープンしたハンバーガー専門店。「一般の人でも手が届きやすいグルメバーガー」というコンセプトに基づき、本店よりもコストを抑え、P300以下のハンバーガーメニューを実現。
【マカティ】ボリュームたっぷりかつヘルシーなサンドイッチを提供するカフェ。イタリアのパンでよく使われる「ビガ」と呼ばれる発酵種でパンを発酵させ、ふわっと軽い中身とパリッとした外側の食感の対比が美味しい。
【マカティ】ボリュームたっぷりかつヘルシーなサンドイッチを提供するカフェ。イタリアのパンでよく使われる「ビガ」と呼ばれる発酵種でパンを発酵させ、ふわっと軽い中身とパリッとした外側の食感の対比が美味しい。
【タギッグ】アメリカ発祥、1939年創業の有名なホットドッグ専門店。海外初店舗となるBGC支店でもアメリカでも親しまれてきたものと同じ、多彩なホットドッグを始めとしたアメリカンフードを提供する。
【タギッグ】アメリカ発祥、1939年創業の有名なホットドッグ専門店。海外初店舗となるBGC支店でもアメリカでも親しまれてきたものと同じ、多彩なホットドッグを始めとしたアメリカンフードを提供する。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【タギッグ】アメリカンフードに惚れ込んだオーナーが手掛けるおしゃれなアメリカン・ビストロ。ハンバーガーに使用するUSビーフは全てお店で挽いており、鮮度を失わないように小分けにして挽くようにしている。焼き加減は特に指定がない限りミディアム。
【タギッグ】アメリカンフードに惚れ込んだオーナーが手掛けるおしゃれなアメリカン・ビストロ。ハンバーガーに使用するUSビーフは全てお店で挽いており、鮮度を失わないように小分けにして挽くようにしている。焼き加減は特に指定がない限りミディアム。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【パシッグ】パシッグのThe Groveにあるバーレストラン。20人収容のこぢんまりとしたスペースはカジュアルだが、ハンバーガー専門店にしては珍しく少し大人向けのおしゃれな雰囲気。バンズは毎日焼いており、ソースやチーズは全てお店で作っている。
【パシッグ】パシッグのThe Groveにあるバーレストラン。20人収容のこぢんまりとしたスペースはカジュアルだが、ハンバーガー専門店にしては珍しく少し大人向けのおしゃれな雰囲気。バンズは毎日焼いており、ソースやチーズは全てお店で作っている。
【アラバン】ニューヨークの有名なハンバーガーチェーンにインスパイアされたオーナーが、2015年にアラバンのMolitoで1号店をオープン。美味しさの秘密はパティにあり、こんがりと焼き色ができるまで鉄板に押し当てることで肉汁が失われていくのを防ぐのだそう。
【アラバン】ニューヨークの有名なハンバーガーチェーンにインスパイアされたオーナーが、2015年にアラバンのMolitoで1号店をオープン。美味しさの秘密はパティにあり、こんがりと焼き色ができるまで鉄板に押し当てることで肉汁が失われていくのを防ぐのだそう。
【タギッグ】BGCのThe BreweryやDraftのシェフが手掛けるハンバーガー専門店。アメリカンフードを提供するレトロなファミレス風のお店。ハンバーガーはざっと12種類と多く、どれも個性豊か。
【タギッグ】BGCのThe BreweryやDraftのシェフが手掛けるハンバーガー専門店。アメリカンフードを提供するレトロなファミレス風のお店。ハンバーガーはざっと12種類と多く、どれも個性豊か。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel