ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

  フィリピン その他アジア レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告

その他アジアの月間アクセスランキング

ヨーロッパとアジア、そしてそれらが融合した料理を楽しめる高級感溢れる料理店。四方を窓で囲まれた店内からは、アヤラトライアングルの緑あふれる景色を展望できる。
【マカティ、サルセド】アジア各国の創作料理を提供するおしゃれなバー・レストラン。Antel Corporate Centerの2階に構え、全120席と程よい広さ。
【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。
【アラバン】タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
 
広告
広告

その他アジア

【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。
【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。
【マカティ、サルセド】アジア各国の創作料理を提供するおしゃれなバー・レストラン。Antel Corporate Centerの2階に構え、全120席と程よい広さ。
【マカティ、サルセド】アジア各国の創作料理を提供するおしゃれなバー・レストラン。Antel Corporate Centerの2階に構え、全120席と程よい広さ。
【タギッグ】バンコクをはじめ、東京、ロンドン、香港、ドバイなどに店舗を構える有名なタイ料理店。タイ商務省から「タイ・セレクト」に認定されたわずか3店舗のうちのひとつ。マッサマンカレーにはラムの骨付きすね肉を使用。ソースはほのかに甘くクリーミーで、辛すぎない。
【タギッグ】バンコクをはじめ、東京、ロンドン、香港、ドバイなどに店舗を構える有名なタイ料理店。タイ商務省から「タイ・セレクト」に認定されたわずか3店舗のうちのひとつ。マッサマンカレーにはラムの骨付きすね肉を使用。ソースはほのかに甘くクリーミーで、辛すぎない。
【ポブラシオン】和食とスカンジナビア料理のフュージョンを追及したユニークなメニューを提供する。日本酒も30種類ほど取り揃え、毎月違うものを仕入れているのでお客さんを飽きさせない。おすすめのSalmonはほうれん草とウニ風味の日本米とサーモンのメインディッシュ。
【ポブラシオン】和食とスカンジナビア料理のフュージョンを追及したユニークなメニューを提供する。日本酒も30種類ほど取り揃え、毎月違うものを仕入れているのでお客さんを飽きさせない。おすすめのSalmonはほうれん草とウニ風味の日本米とサーモンのメインディッシュ。
【ポブラシオン】シャワルマやファラフェルなどのレバノン料理をお手頃価格で提供する。8席ほどの小さなお店で、席は全てカウンタースタイル。長居せずさっと食べていくか、テイクアウトで利用するお客さんが多い。おすすめのファラフェルはひよこ豆をつぶして丸めて、カラッと揚げたもの。
【ポブラシオン】シャワルマやファラフェルなどのレバノン料理をお手頃価格で提供する。8席ほどの小さなお店で、席は全てカウンタースタイル。長居せずさっと食べていくか、テイクアウトで利用するお客さんが多い。おすすめのファラフェルはひよこ豆をつぶして丸めて、カラッと揚げたもの。
【ポブラシオン】好みに合わせてカスタマイズできる焼きそばや炒飯が人気。野菜などの具材、味付けとなるソース、ナッツやガーリックなどの薬味、目玉焼きやキムチなどのサイド、串焼きなどのおかずを好きな分だけ選ぶことができる。麺とライスを混ぜ合わせるのも自由だ。
【ポブラシオン】好みに合わせてカスタマイズできる焼きそばや炒飯が人気。野菜などの具材、味付けとなるソース、ナッツやガーリックなどの薬味、目玉焼きやキムチなどのサイド、串焼きなどのおかずを好きな分だけ選ぶことができる。麺とライスを混ぜ合わせるのも自由だ。
【アラバン】タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。
【アラバン】タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。
【マカティ】10店舗ほどキオスクを展開するベトナム人経営のバインミー専門店。本店ではオーナーが常駐し、自らバインミーを作っている。パンは毎朝焼き、余ったパンは次の日に持ち越さない。
【マカティ】10店舗ほどキオスクを展開するベトナム人経営のバインミー専門店。本店ではオーナーが常駐し、自らバインミーを作っている。パンは毎朝焼き、余ったパンは次の日に持ち越さない。
【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
【マカティ】1994年から営業しているペニンシュラホテルの老舗。東南アジア各国の料理を取りそろえる。カレーメニューはインドのButtered ChickenやタイのGaeng Kiew Warn Goong, Gaiをはじめ、全部で8種類。
【マカティ】1994年から営業しているペニンシュラホテルの老舗。東南アジア各国の料理を取りそろえる。カレーメニューはインドのButtered ChickenやタイのGaeng Kiew Warn Goong, Gaiをはじめ、全部で8種類。
【フォートボニファシオ】ロサンゼルスを中心に展開するタイ風バーベキューのチェーン店。BGCの和食料理店「おがわ」と同グループが手掛ける。スペアリブやサテ風味の串焼きなど看板メニューであるグリル料理に加え、マニラ支店ではアメリカの本店にはないパッタイやトムヤンクンなどの王道のタイ料理も提供する。
【フォートボニファシオ】ロサンゼルスを中心に展開するタイ風バーベキューのチェーン店。BGCの和食料理店「おがわ」と同グループが手掛ける。スペアリブやサテ風味の串焼きなど看板メニューであるグリル料理に加え、マニラ支店ではアメリカの本店にはないパッタイやトムヤンクンなどの王道のタイ料理も提供する。
【マカティ】2013年から営業しているマニラでは数少ないパキスタン料理店。パキスタン人一家が経営。カラチ、ラホール、イスラマバードなどの都市のご当地グルメを提供しており、どれもイスラムの教えに沿ったハラール料理となっている。
【マカティ】2013年から営業しているマニラでは数少ないパキスタン料理店。パキスタン人一家が経営。カラチ、ラホール、イスラマバードなどの都市のご当地グルメを提供しており、どれもイスラムの教えに沿ったハラール料理となっている。
【プエルトガレラ】ビーチの上に建つレスト・ベランダ。海を間近に見下ろしながら新鮮なお食事が楽しめる。スイス人のシェフはベテランで、ヨーロッパ、中東、アジア(特に日本)で仕事をした経験がある。
【プエルトガレラ】ビーチの上に建つレスト・ベランダ。海を間近に見下ろしながら新鮮なお食事が楽しめる。スイス人のシェフはベテランで、ヨーロッパ、中東、アジア(特に日本)で仕事をした経験がある。
【マカティ】デュシタニホテルの看板タイ料理レストラン。バンコクやマレーシアの高級ホテルで13年経験を積んだタイ人シェフが作る料理はどれもハズレなし。おすすめのGaeng Massaman Nueaはビーフの肩のお肉とピーナッツやカシューナッツで作ったまろやかなソースが美味しい。
【マカティ】デュシタニホテルの看板タイ料理レストラン。バンコクやマレーシアの高級ホテルで13年経験を積んだタイ人シェフが作る料理はどれもハズレなし。おすすめのGaeng Massaman Nueaはビーフの肩のお肉とピーナッツやカシューナッツで作ったまろやかなソースが美味しい。
【バコロド】2012年に、オーナーの家族・友人向けのガーデンレストランとしてオープンした正統派ベトナム料理のレストラン。その後、フードブロガーやシェフの間で話題になり、後に一般向けにも営業を始めた。
【バコロド】2012年に、オーナーの家族・友人向けのガーデンレストランとしてオープンした正統派ベトナム料理のレストラン。その後、フードブロガーやシェフの間で話題になり、後に一般向けにも営業を始めた。
自然のお庭をイメージした作りの店内で、出来たてのタイ料理を楽しむことが出来る。また、多くのハーブやスパイスを使っているのも特徴。メトロマニラにいくつか支店があるので、ぜひ足を運んでみて。
自然のお庭をイメージした作りの店内で、出来たてのタイ料理を楽しむことが出来る。また、多くのハーブやスパイスを使っているのも特徴。メトロマニラにいくつか支店があるので、ぜひ足を運んでみて。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】マカティのレガスピビレッジなどに構えるベトナム料理店。フォーや生春巻き、コンデンスミルク入りコーヒーなどのベトナム料理がメニューに並ぶ。新鮮な野菜やフルーツを使った冷たいシェークもおすすめ.また、カピトリオ店とUPタウンセンター店限定でバインミーも提供。
【マカティ】マカティのレガスピビレッジなどに構えるベトナム料理店。フォーや生春巻き、コンデンスミルク入りコーヒーなどのベトナム料理がメニューに並ぶ。新鮮な野菜やフルーツを使った冷たいシェークもおすすめ.また、カピトリオ店とUPタウンセンター店限定でバインミーも提供。
【タガイタイ】店名は、ベトナム語の「boi la」(葉っぱで料理)が由来。カラフルな壁やランプで飾り付けられた店内は、オリエンタルな雰囲気が漂っている。様々な芸術品や家具は、世界中から集めたそうだ。
【タガイタイ】店名は、ベトナム語の「boi la」(葉っぱで料理)が由来。カラフルな壁やランプで飾り付けられた店内は、オリエンタルな雰囲気が漂っている。様々な芸術品や家具は、世界中から集めたそうだ。
【タガイタイ】主要道路から離れた、住宅街にある隠れた名店と言われているレストラン。タイ料理好きなオーナーの料理に対する情熱からレストランは大盛況。
【タガイタイ】主要道路から離れた、住宅街にある隠れた名店と言われているレストラン。タイ料理好きなオーナーの料理に対する情熱からレストランは大盛況。
【マカティ】シンガポール発のハイナンチキン専門店。シンガポールでは、Asia One People’s Choice 2010のホーカー部門に選ばれた。
【マカティ】シンガポール発のハイナンチキン専門店。シンガポールでは、Asia One People’s Choice 2010のホーカー部門に選ばれた。
【サヌアン】ココナッツジャムとバターを挟んだシンガポール定番の朝食、「カヤトースト」を看板メニューに掲げたシンガポール発祥のカジュアルなレストラン。マニラではグリーンベルト5やSMオーラを始め、6店舗ほど展開している。
【サヌアン】ココナッツジャムとバターを挟んだシンガポール定番の朝食、「カヤトースト」を看板メニューに掲げたシンガポール発祥のカジュアルなレストラン。マニラではグリーンベルト5やSMオーラを始め、6店舗ほど展開している。
【サルセド】タイのストリートフードが主なメニュー。BFホームズにはじまり、マカティのサルセドにも支店をオープン。コスパが抜群とあって周囲のオフィスワーカーには大人気で、こぢんまりとした店舗はランチはいつも混んでいる。
【サルセド】タイのストリートフードが主なメニュー。BFホームズにはじまり、マカティのサルセドにも支店をオープン。コスパが抜群とあって周囲のオフィスワーカーには大人気で、こぢんまりとした店舗はランチはいつも混んでいる。
【グリーンベルト】グリーンベルト5のガーデン側にあるタイレストラン。パッタイやトムヤンクン、グリーンカレー、チキンサテ、ナマズのサラダと言った王道のタイ料理を提供する。
【グリーンベルト】グリーンベルト5のガーデン側にあるタイレストラン。パッタイやトムヤンクン、グリーンカレー、チキンサテ、ナマズのサラダと言った王道のタイ料理を提供する。
【パシッグ】タイ式焼肉「ムーカタ」が看板料理。中心に鉄板、その周囲にスープを入れるための溝がある特殊な形の鍋を使うムーカタは、鉄板と鍋が同時に楽しめるユニークな料理。
【パシッグ】タイ式焼肉「ムーカタ」が看板料理。中心に鉄板、その周囲にスープを入れるための溝がある特殊な形の鍋を使うムーカタは、鉄板と鍋が同時に楽しめるユニークな料理。
【レガスピ】インドネシアを本拠とし、インドネシアやシンガポールに60店舗ほど展開するレストランのフランチャイズ。マニラ初となるこの支店は、2017年4月にインドネシア大使館の向かい側という絶好のロケーションにオープン。
【レガスピ】インドネシアを本拠とし、インドネシアやシンガポールに60店舗ほど展開するレストランのフランチャイズ。マニラ初となるこの支店は、2017年4月にインドネシア大使館の向かい側という絶好のロケーションにオープン。
【グロリエッタ】グロリエッタやマラテのロビンソンなどに構えるベトナム料理チェーン。ビーフ、ミートボール、チキンなどのフォーやその他スープや麺料理、ライスとおかずセットなどを提供。ベジタリアン対応メニューも生春巻き、サラダ、麺、スープと種類豊富。
【グロリエッタ】グロリエッタやマラテのロビンソンなどに構えるベトナム料理チェーン。ビーフ、ミートボール、チキンなどのフォーやその他スープや麺料理、ライスとおかずセットなどを提供。ベジタリアン対応メニューも生春巻き、サラダ、麺、スープと種類豊富。
【マカティ】サルセドのパセオセンターなどにあるバインミーのキオスク。発祥の地であるホーチミン市でもよく知られたお店。4種類ほどのバインミーがあり、伝統的なハムやチキン、焼き豚入りのバインミーに加え、オリジナルのミートボール入りのバインミーがある。
【マカティ】サルセドのパセオセンターなどにあるバインミーのキオスク。発祥の地であるホーチミン市でもよく知られたお店。4種類ほどのバインミーがあり、伝統的なハムやチキン、焼き豚入りのバインミーに加え、オリジナルのミートボール入りのバインミーがある。
【マンダルヨン】シンガポールに本拠を置くMakansutraは、ガイドブックやイベント、TVやウェブなどのメディアを通して食文化を広める活動を行う企業。その活動の一環として2016年にオープンしたのが、SMメガモールのMakansutra Hawkers。
【マンダルヨン】シンガポールに本拠を置くMakansutraは、ガイドブックやイベント、TVやウェブなどのメディアを通して食文化を広める活動を行う企業。その活動の一環として2016年にオープンしたのが、SMメガモールのMakansutra Hawkers。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
【バタアン】ビーチでゆったり過ごしたり、スポーツやウォーターアクティビティを楽しんだりした一日の終わりは、素敵なお食事を。モンテマール・ビーチ・クラブ内にあるこちらのレストランでは、アジア料理、コンチネンタル料理、西洋料理と幅広く提供している。
【バタアン】ビーチでゆったり過ごしたり、スポーツやウォーターアクティビティを楽しんだりした一日の終わりは、素敵なお食事を。モンテマール・ビーチ・クラブ内にあるこちらのレストランでは、アジア料理、コンチネンタル料理、西洋料理と幅広く提供している。
【バタアン】ザ・オリエンタル・ホテル・バターン内にある、ホテルの看板レストラン。店内は南国情緒あるトロピカルな内装で、オシャレな空間が広がっている。ここの料理を手掛けるのは、長年各国でそれぞれの専門分野を極める一流のシェフたち。
【バタアン】ザ・オリエンタル・ホテル・バターン内にある、ホテルの看板レストラン。店内は南国情緒あるトロピカルな内装で、オシャレな空間が広がっている。ここの料理を手掛けるのは、長年各国でそれぞれの専門分野を極める一流のシェフたち。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【ダバオ】豪華で美味しい多国籍料理が食べられるとダバオで有名なレストラン。メニューは、鶏の照り焼き、チキンカツレツ、ダック料理、和牛ステーキ、刺身、さらに、湯葉と地元の新鮮な野菜を使ったすき焼きは絶品。
【ダバオ】豪華で美味しい多国籍料理が食べられるとダバオで有名なレストラン。メニューは、鶏の照り焼き、チキンカツレツ、ダック料理、和牛ステーキ、刺身、さらに、湯葉と地元の新鮮な野菜を使ったすき焼きは絶品。
【Noche ノチェは閉店しました】海外や日本でも話題になった「暗闇レストラン」。真っ暗な部屋の中に案内され、視覚を完全にシャットダウンした状態で食事をするという新しいコンセプト。9人いるウェイターのうち、8人が法的盲となっており、彼らと同じ暗闇を共有することになる。
【Noche ノチェは閉店しました】海外や日本でも話題になった「暗闇レストラン」。真っ暗な部屋の中に案内され、視覚を完全にシャットダウンした状態で食事をするという新しいコンセプト。9人いるウェイターのうち、8人が法的盲となっており、彼らと同じ暗闇を共有することになる。
【クラーク】Al Fairuz Restaurantは、自然食品として知られ、地球上で最も新鮮で美味しいとされる本格的なレバノン料理を提供しています。素晴らしい前菜から豪華なメイン料理、その全てが逸品です。
【クラーク】Al Fairuz Restaurantは、自然食品として知られ、地球上で最も新鮮で美味しいとされる本格的なレバノン料理を提供しています。素晴らしい前菜から豪華なメイン料理、その全てが逸品です。
【Huat Pot ファット・ポットは閉店しました】サン・ファン市にあるMetro Pointe Centerの2階に構える台湾スタイルの火鍋レストラン。P688の食べ放題があり、ドリンクやデザートも含まれている。自分で具材を取りに行くビュッフェタイプになっており、これは台湾のレストランでよくみられるスタイル。
【Huat Pot ファット・ポットは閉店しました】サン・ファン市にあるMetro Pointe Centerの2階に構える台湾スタイルの火鍋レストラン。P688の食べ放題があり、ドリンクやデザートも含まれている。自分で具材を取りに行くビュッフェタイプになっており、これは台湾のレストランでよくみられるスタイル。
【ボラカイ(フィリピン)】アジア料理にも定評があり、インドネシア料理からシンガポール料理まであらゆる料理を網羅。もちろんフィリピン料理も絶品。通常のテーブル席のほかに、ゆったりとくつろげるソファー席もあり。
【ボラカイ(フィリピン)】アジア料理にも定評があり、インドネシア料理からシンガポール料理まであらゆる料理を網羅。もちろんフィリピン料理も絶品。通常のテーブル席のほかに、ゆったりとくつろげるソファー席もあり。
【ボラカイ(フィリピン)】穴場スポットのブラボグビーチに位置し、多国籍を中心とした創作料理が中心だ。ヨーロッパからのツアー客に、特に支持を得ている。人気のメニューはソーセージとマッシュポテト。
【ボラカイ(フィリピン)】穴場スポットのブラボグビーチに位置し、多国籍を中心とした創作料理が中心だ。ヨーロッパからのツアー客に、特に支持を得ている。人気のメニューはソーセージとマッシュポテト。
【アラバン】アラバンのコマースセンターにひっそりとあるレストラン。有名なフィリピン料理レストランで長年勤めていたシェフが、伝統料理に独自のアレンジを加えたメニューが人気。そのレパートリーはフィリピン料理に限らず、東南アジアの料理にインスピレーションを受けた料理も多い。
【アラバン】アラバンのコマースセンターにひっそりとあるレストラン。有名なフィリピン料理レストランで長年勤めていたシェフが、伝統料理に独自のアレンジを加えたメニューが人気。そのレパートリーはフィリピン料理に限らず、東南アジアの料理にインスピレーションを受けた料理も多い。
【コロン】The Funny Lion Hotelに併設されたレストラン。アジアと西洋のフュージョン料理を中心に豊富なメニューで幅広い客層に人気。内装は書斎を思わせるような落ち着いた快適な雰囲気。オススメはバーベキューソースがかかったミートローフのMEAT AND MASH(P390)。
【コロン】The Funny Lion Hotelに併設されたレストラン。アジアと西洋のフュージョン料理を中心に豊富なメニューで幅広い客層に人気。内装は書斎を思わせるような落ち着いた快適な雰囲気。オススメはバーベキューソースがかかったミートローフのMEAT AND MASH(P390)。
【ブルゴス】2005年、タイ人シェフによってオープンしたタイ料理店。当時のメニューは麺料理が数種類のみで、イートインスペースがなく、路上に席を設けたとても小規模なお店だっ た。2009年にイートインのある店舗を建てたが、路上の席を利用す る人は今だに多い。
【ブルゴス】2005年、タイ人シェフによってオープンしたタイ料理店。当時のメニューは麺料理が数種類のみで、イートインスペースがなく、路上に席を設けたとても小規模なお店だっ た。2009年にイートインのある店舗を建てたが、路上の席を利用す る人は今だに多い。
【センチュリーシティ】Century City Mallの4階にある高級フードコート。フードコートというと 安いファーストフードのイメージがあるが、こちらのお店はどれもレストランで食べられるものと同じクオリティー。 ハンバーガー、日本風チーズケーキ、 クッキー、フライドチキン、クラフトビールなど、様々なお店がある。
【センチュリーシティ】Century City Mallの4階にある高級フードコート。フードコートというと 安いファーストフードのイメージがあるが、こちらのお店はどれもレストランで食べられるものと同じクオリティー。 ハンバーガー、日本風チーズケーキ、 クッキー、フライドチキン、クラフトビールなど、様々なお店がある。
【センチュリーシティ】アルゼンチン人の奥さんとイスラエル人の主人が営むレストラ ン。イスラエルで飲食店を経営した経験を活かし、フィリピンで 2016年3月に開業。地中海料理をメインとした多国籍料理で、 フィリピンで珍しいイスラエル料理なども味わえる。朝食メニュー もあればお酒もあり、昼でも夜でも利用できるのが嬉しい。
【センチュリーシティ】アルゼンチン人の奥さんとイスラエル人の主人が営むレストラ ン。イスラエルで飲食店を経営した経験を活かし、フィリピンで 2016年3月に開業。地中海料理をメインとした多国籍料理で、 フィリピンで珍しいイスラエル料理なども味わえる。朝食メニュー もあればお酒もあり、昼でも夜でも利用できるのが嬉しい。
【エルニド】 15年の歴史を持つ、エルニドを代表するレストラン。料理に使う食材は可能な限り地元産のものを使い、地産地消を心がけている。またストローを遣わないことでゴミを減らす「ノーストローポリシー」を導入して環境にも配慮。
【エルニド】 15年の歴史を持つ、エルニドを代表するレストラン。料理に使う食材は可能な限り地元産のものを使い、地産地消を心がけている。またストローを遣わないことでゴミを減らす「ノーストローポリシー」を導入して環境にも配慮。
【エルニド】 フランス人オーナーが営むバー。ビーチに寝そべってカクテルを飲みつつ、サンセットを眺める至福の時間を味わえる。アジア料理が中心で、ベストセラーはThai Salad(P180)。
【エルニド】 フランス人オーナーが営むバー。ビーチに寝そべってカクテルを飲みつつ、サンセットを眺める至福の時間を味わえる。アジア料理が中心で、ベストセラーはThai Salad(P180)。
【エルニド】 本格的なイタリア・タイ料理を味わえるレストラン。客室乗務員として世界中を回ったオーナーが各国で感じたインスピレーションを内装、メニューに取り入れてる。
【エルニド】 本格的なイタリア・タイ料理を味わえるレストラン。客室乗務員として世界中を回ったオーナーが各国で感じたインスピレーションを内装、メニューに取り入れてる。
【エルニド】 エルニドの美しさに惚れ込んだイスラエル人オーナーが営む、おしゃれなバー。ユニークな中東料理が味わえると人気。
【エルニド】 エルニドの美しさに惚れ込んだイスラエル人オーナーが営む、おしゃれなバー。ユニークな中東料理が味わえると人気。
【エルニド】 アジア料理は幅広く提供するレストラン。オーナーは日本のホテルで働いた経験があり、日本食が充実している。寿司、刺身、しゃぶしゃぶなどいずれも本格的だ。
【エルニド】 アジア料理は幅広く提供するレストラン。オーナーは日本のホテルで働いた経験があり、日本食が充実している。寿司、刺身、しゃぶしゃぶなどいずれも本格的だ。
【プエルトプリンセサ】 仲睦まじい夫婦が営む、アットホームなカフェ。店内の席数は30席ほどとこじんまりしているが、メニューの種類はアジア、西洋、中南米と幅広い。
【プエルトプリンセサ】 仲睦まじい夫婦が営む、アットホームなカフェ。店内の席数は30席ほどとこじんまりしているが、メニューの種類はアジア、西洋、中南米と幅広い。
【プエルトプリンセサ】 ベトナム人のおばあさんが営むレストラン。伝統のベトナム家庭料理をリーズナブルに味わえる。建物は竹で出来ているため、風通しが良く心地よい。
【プエルトプリンセサ】 ベトナム人のおばあさんが営むレストラン。伝統のベトナム家庭料理をリーズナブルに味わえる。建物は竹で出来ているため、風通しが良く心地よい。
【プエルトプリンセサ】 アジア、ヨーロッパのフュージョン料理レストラン。「農場から食卓へ」の理念を掲げて地元の農場と提携し、産地直送の新鮮食材のみを使用している。地域コミュニティに根ざした経営を実践する数少ないお店の一つだ。
【プエルトプリンセサ】 アジア、ヨーロッパのフュージョン料理レストラン。「農場から食卓へ」の理念を掲げて地元の農場と提携し、産地直送の新鮮食材のみを使用している。地域コミュニティに根ざした経営を実践する数少ないお店の一つだ。
【マカティ】 オーストラリア人シェフが手掛ける、カジュアルかつス タイリッシュなオーストラリアレストラン。
【マカティ】 オーストラリア人シェフが手掛ける、カジュアルかつス タイリッシュなオーストラリアレストラン。
【NBA Café NBAカフェは閉店しました】世界初のNBAをテーマにしたカフェ。家族や仲間で楽しめるスポーツバーがコンセプト。
【NBA Café NBAカフェは閉店しました】世界初のNBAをテーマにしたカフェ。家族や仲間で楽しめるスポーツバーがコンセプト。
【マカティ】 会議をしながら食事ができるレストランとして、アヤラ・アベニュー周辺のビジネスマンが愛用。
【マカティ】 会議をしながら食事ができるレストランとして、アヤラ・アベニュー周辺のビジネスマンが愛用。
ハーバー・ポイントモールの二階にあるタイ料理をメインとしたアジアンレストラン。人気メニューは酸味がきいたピリ辛タイ焼きそば、Pad Thai(P195)。
ハーバー・ポイントモールの二階にあるタイ料理をメインとしたアジアンレストラン。人気メニューは酸味がきいたピリ辛タイ焼きそば、Pad Thai(P195)。
The Lighthouse 内にあるレストラン。店内はもちろん、隣接している屋外プールのプールサイドで食事をとることも可能。フィリピンを中心としたアジア料理から、西洋、地中海料理まで幅広い種類の料理を提供している。
The Lighthouse 内にあるレストラン。店内はもちろん、隣接している屋外プールのプールサイドで食事をとることも可能。フィリピンを中心としたアジア料理から、西洋、地中海料理まで幅広い種類の料理を提供している。
広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel