ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

  フィリピン フレンチ レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告

フレンチの月間アクセスランキング

【マカティ】今、ポブラシオンで熱いワインバーと言えばこちら。上海で10年以上同名のワインバーを経営してきたフランス人オーナーが2018年7月にオープンし、1年もしないうちにロックウェルに住むエキスパットやフィリピン人の富裕層が足繁く通う人気店に。
【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
タガイタイの奥に佇み、森林浴をしながらいただけるフランス料理のお店、アントニオス。
 
広告
広告

フレンチ

【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
【タギッグ】以前BGCで人気だったChampetreレストランのフランス人シェフ、Marc Aubry氏が手掛けるレストラン。提供する正統派フレンチにはなるべく現地で採れた食材を使うように工夫している。また、オーガニック食材も多く使用。Market Menu(P1,250)と呼ばれるコースは、仕入れた食材によって毎週メニューを入れ替えている。
【タギッグ】以前BGCで人気だったChampetreレストランのフランス人シェフ、Marc Aubry氏が手掛けるレストラン。提供する正統派フレンチにはなるべく現地で採れた食材を使うように工夫している。また、オーガニック食材も多く使用。Market Menu(P1,250)と呼ばれるコースは、仕入れた食材によって毎週メニューを入れ替えている。
【タギッグ】BGCのEnderun College内に店を構えるフレンチレストラン。当店では、一流のスタッフと共に、キャンパス内で調理・ホスピタリティを専攻する生徒も働いている。三つ星シェフAlan Ducasseの理念に基づく教育を受ける生徒達の質は高い。
【タギッグ】BGCのEnderun College内に店を構えるフレンチレストラン。当店では、一流のスタッフと共に、キャンパス内で調理・ホスピタリティを専攻する生徒も働いている。三つ星シェフAlan Ducasseの理念に基づく教育を受ける生徒達の質は高い。
【タギッグ】以前BGCのW Fifthビル屋上にあったフレンチレストランのコンセプトを一新し、もうウ少しカジュアルなカフェレストランとして、新しいロケーションにオープン。こじんまりとした店内はガーデン風のデザインが施されており、かつてのレストランの名残がある。
【タギッグ】以前BGCのW Fifthビル屋上にあったフレンチレストランのコンセプトを一新し、もうウ少しカジュアルなカフェレストランとして、新しいロケーションにオープン。こじんまりとした店内はガーデン風のデザインが施されており、かつてのレストランの名残がある。
【マカティ】人気店Mamouの経営者Ms. Malouが、友人達と手掛けるヨーロピアンレストラン。本場パリで修行を積んだシェフMs. Katrina監修の本格的なフランス料理が頂ける。スターターには是非、フランス産エスカルゴを。フランス産バターを加えたソースと頂くサーモンのソテーは、クリーミーかつ重すぎない爽やかなバターの風味を感じる。
【マカティ】人気店Mamouの経営者Ms. Malouが、友人達と手掛けるヨーロピアンレストラン。本場パリで修行を積んだシェフMs. Katrina監修の本格的なフランス料理が頂ける。スターターには是非、フランス産エスカルゴを。フランス産バターを加えたソースと頂くサーモンのソテーは、クリーミーかつ重すぎない爽やかなバターの風味を感じる。
【マラテ】マニラにあるホテルのレストラン。名門デ・ラ・サール大学とのパートナーシップによりホテル&マネージメントの授業を提供しており、教授を務めるフランス出身のシェフピエールが料理を振る舞う。卒業を間近に迎えた生徒たちが料理人やウェイターを務める。
【マラテ】マニラにあるホテルのレストラン。名門デ・ラ・サール大学とのパートナーシップによりホテル&マネージメントの授業を提供しており、教授を務めるフランス出身のシェフピエールが料理を振る舞う。卒業を間近に迎えた生徒たちが料理人やウェイターを務める。
【アラバン】アラバンのフェスティバルモールにあるカジュアルなフレンチビストロ。ビーフブルゴーニュなどの定番のフレンチに加え、ワインと合うフレンチタパスがメニューに並ぶ。
【アラバン】アラバンのフェスティバルモールにあるカジュアルなフレンチビストロ。ビーフブルゴーニュなどの定番のフレンチに加え、ワインと合うフレンチタパスがメニューに並ぶ。
【マカティ】2018年10月にオープン。サルセドパークの向かいにあるコンドミニアムの1階に構える。モダンなインテリアがおしゃれ。屋外席やバーもあり、イベントでお店を貸切ることも可能。セレブや政治家がよく利用する。
【マカティ】2018年10月にオープン。サルセドパークの向かいにあるコンドミニアムの1階に構える。モダンなインテリアがおしゃれ。屋外席やバーもあり、イベントでお店を貸切ることも可能。セレブや政治家がよく利用する。
【パサイ】マニラに位置する5つ星ホテル・ソフィテルの中に入り、右に向かって進むとあるのがフレンチレストラン、Le Bar. 2016年にオープンしたレストランは、ラウンジ席、テラス席を含む180席を構えている。オシャレなラウンジにはゆったりとした空間が広がる。
【パサイ】マニラに位置する5つ星ホテル・ソフィテルの中に入り、右に向かって進むとあるのがフレンチレストラン、Le Bar. 2016年にオープンしたレストランは、ラウンジ席、テラス席を含む180席を構えている。オシャレなラウンジにはゆったりとした空間が広がる。
【タギッグ】日本にも支店を持つ本格フレンチレストラン。店内は明るい雰囲気で、店内に飾られた白黒の写真で1世紀以上にもさかのぼるレストランの歴史を見ることができる。
【タギッグ】日本にも支店を持つ本格フレンチレストラン。店内は明るい雰囲気で、店内に飾られた白黒の写真で1世紀以上にもさかのぼるレストランの歴史を見ることができる。
【マカティ】今、ポブラシオンで熱いワインバーと言えばこちら。上海で10年以上同名のワインバーを経営してきたフランス人オーナーが2018年7月にオープンし、1年もしないうちにロックウェルに住むエキスパットやフィリピン人の富裕層が足繁く通う人気店に。
【マカティ】今、ポブラシオンで熱いワインバーと言えばこちら。上海で10年以上同名のワインバーを経営してきたフランス人オーナーが2018年7月にオープンし、1年もしないうちにロックウェルに住むエキスパットやフィリピン人の富裕層が足繁く通う人気店に。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【タガイタイ】ディスカバリー・カントリー・スイーツ内の世界的にも高く評 価されているこちらのレストランは、宿泊客以外も利用するこ とができる。エグゼクティブシェフが手掛ける独創的な料理 は、現地の農家から仕入れた新鮮な食材を使用。
【タガイタイ】ディスカバリー・カントリー・スイーツ内の世界的にも高く評 価されているこちらのレストランは、宿泊客以外も利用するこ とができる。エグゼクティブシェフが手掛ける独創的な料理 は、現地の農家から仕入れた新鮮な食材を使用。
【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。
【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。
【ダバオ】ダバオシティのショッピングモール内にある本格フレンチレストラン。オーナーは、イブス・モネスティエ氏と妻でありシェフのロザリーさん。オープン以来、高い評価を得ている。
【ダバオ】ダバオシティのショッピングモール内にある本格フレンチレストラン。オーナーは、イブス・モネスティエ氏と妻でありシェフのロザリーさん。オープン以来、高い評価を得ている。
【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【パラニャーケ】BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。
【パラニャーケ】BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。
【ポブラチオン】フレンチを学んだフィリピン人 シェフとアイルランド人ビジネスマ ンのご夫婦が様々なアイデアを調合して生み出した独創的なレストランバー。1階では研究室をイメージ したインテリア、試験管に入ったショット、斜めのグラスなどユーモアに溢れた小物と、ラウンジのようにくつろいだ空間で、食事とお酒、ラ イブバンドが楽しめる。
【ポブラチオン】フレンチを学んだフィリピン人 シェフとアイルランド人ビジネスマ ンのご夫婦が様々なアイデアを調合して生み出した独創的なレストランバー。1階では研究室をイメージ したインテリア、試験管に入ったショット、斜めのグラスなどユーモアに溢れた小物と、ラウンジのようにくつろいだ空間で、食事とお酒、ラ イブバンドが楽しめる。
【センチュリーシティ】ガーデン風のインテリアがおしゃ れなカフェ。メニューは「フレンチ・ ジャパニーズ・フュージョン」と称し、日本の食材を使用し、フレンチの調理法で作った創作料理が並ぶ。料理も美味しいが、デザートは特に高く評価される。
【センチュリーシティ】ガーデン風のインテリアがおしゃ れなカフェ。メニューは「フレンチ・ ジャパニーズ・フュージョン」と称し、日本の食材を使用し、フレンチの調理法で作った創作料理が並ぶ。料理も美味しいが、デザートは特に高く評価される。
【タギッグ】 ブーランジュリー・パティスリーのショップ “Passion by Gerard Dubois“(パッション・バイ・ジェラール・デュボワ)が今年初め、マニラにオープンするかも!?そんな噂がありましたが・・・ついに2016年4月6日(水)、マニラのBGCについにオープンいたしました!
【タギッグ】 ブーランジュリー・パティスリーのショップ “Passion by Gerard Dubois“(パッション・バイ・ジェラール・デュボワ)が今年初め、マニラにオープンするかも!?そんな噂がありましたが・・・ついに2016年4月6日(水)、マニラのBGCについにオープンいたしました!
The Manor Hotelに併設されたレストラン。15年間このホテルでシェフを務めてきたBilly king氏こだわりの創作フレンチ料理が食べられる。
The Manor Hotelに併設されたレストラン。15年間このホテルでシェフを務めてきたBilly king氏こだわりの創作フレンチ料理が食べられる。
【10月21日2016年 One Way Street Restaurantは閉店しました】ふたつの一方通行の角にあることにちなんで店名がつけられたこちら、「One Way(一方通行)」の標識カラーと同じ白と黒で統一されたモダンな店内。
【10月21日2016年 One Way Street Restaurantは閉店しました】ふたつの一方通行の角にあることにちなんで店名がつけられたこちら、「One Way(一方通行)」の標識カラーと同じ白と黒で統一されたモダンな店内。
フランスでお菓子作りを学んだオーナーが営む、おしゃれなパティスリー。始めは店舗を持たず、バザーなどに出店をして徐々に知名度をあげ、「Yummy」や「FOOD」、「appetite」と言ったグルメ雑誌にまで取り上げられるようになった。
フランスでお菓子作りを学んだオーナーが営む、おしゃれなパティスリー。始めは店舗を持たず、バザーなどに出店をして徐々に知名度をあげ、「Yummy」や「FOOD」、「appetite」と言ったグルメ雑誌にまで取り上げられるようになった。
【Le Jardin レ・ジャルダンは閉店しました】2014年5月にオープンしたばかりのフランス料理店。ホーチミンで1、2位を争う人気フランス料理店Trois GourmandのシェフGil Brault氏が手掛ける。
【Le Jardin レ・ジャルダンは閉店しました】2014年5月にオープンしたばかりのフランス料理店。ホーチミンで1、2位を争う人気フランス料理店Trois GourmandのシェフGil Brault氏が手掛ける。
【2016年7月12日 追記、The Goose Stationは閉店しました】人気料理番組Chef to GoやDel Monte Kitchenomicsの司会者を務めたセレブリティシェフで、ボニファシオ・グローバル・シティにあるThe Goose Stationのオーナー。
【2016年7月12日 追記、The Goose Stationは閉店しました】人気料理番組Chef to GoやDel Monte Kitchenomicsの司会者を務めたセレブリティシェフで、ボニファシオ・グローバル・シティにあるThe Goose Stationのオーナー。
1889年にパリで開業したパン屋。世界各国にチェーン店を構えており、フィリピンではSMオーラのフラグシップ店として、モールの1/Fにオープン。
1889年にパリで開業したパン屋。世界各国にチェーン店を構えており、フィリピンではSMオーラのフラグシップ店として、モールの1/Fにオープン。
ステーキが特に自慢の西欧料理レストラン。アメリカン神戸ビーフ・リブアイ(写真③左上・P2,300/250g)、豪州産Tボーンステーキ(写真③左下・P850/350g)、豪州産クオーター・ハウス(写真③右・P850/350g)など、バラエティに富んだステーキを楽しめる。
ステーキが特に自慢の西欧料理レストラン。アメリカン神戸ビーフ・リブアイ(写真③左上・P2,300/250g)、豪州産Tボーンステーキ(写真③左下・P850/350g)、豪州産クオーター・ハウス(写真③右・P850/350g)など、バラエティに富んだステーキを楽しめる。
六つ星ホテルとも称されるマキシムズ・ホテルが誇る正統派高級フレンチレストラン、インプレッションズ。
六つ星ホテルとも称されるマキシムズ・ホテルが誇る正統派高級フレンチレストラン、インプレッションズ。
【Champetre シャンペトレは閉店しました】フォートボニファシオに10年以上店を構える、オーセンティックなフレンチレストラン。シャンパーニュ地方出身のシェフは、10歳の頃から両親とともに料理に親しみ、若くからフレンチ一筋という生粋の料理人。
【Champetre シャンペトレは閉店しました】フォートボニファシオに10年以上店を構える、オーセンティックなフレンチレストラン。シャンパーニュ地方出身のシェフは、10歳の頃から両親とともに料理に親しみ、若くからフレンチ一筋という生粋の料理人。
フランス語でサーロインステーキを意味するl'entrecôte。その名の通り店の看板メニューはステーキ。さらに、スイス生まれのオーナーシェフが生み出す、スイス、フランスといった欧州料理に独自のシンプルなアレンジを加えた様々なメニューを楽しめる。
フランス語でサーロインステーキを意味するl'entrecôte。その名の通り店の看板メニューはステーキ。さらに、スイス生まれのオーナーシェフが生み出す、スイス、フランスといった欧州料理に独自のシンプルなアレンジを加えた様々なメニューを楽しめる。
フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。
フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。
ワイン好きならぜひ一度は訪れたいのがCAV。モダンヨーロッパ風の店内はヴィンテージの調度品でまとめられハイエンドな雰囲気。
ワイン好きならぜひ一度は訪れたいのがCAV。モダンヨーロッパ風の店内はヴィンテージの調度品でまとめられハイエンドな雰囲気。
オープンして9年になるという、フレンチ料理とフィリピン料理の魅力を合わせ持つお店。
オープンして9年になるという、フレンチ料理とフィリピン料理の魅力を合わせ持つお店。
瀟洒な邸宅をイメージした店内では優雅な時間が過ごせるとあって、週末ともなると家族連れや観光客でたちまち満席に。
瀟洒な邸宅をイメージした店内では優雅な時間が過ごせるとあって、週末ともなると家族連れや観光客でたちまち満席に。
2008年11月にオープン以来、早くも在マニラの下の肥えたフランス人が通うフレンチレストラン、「CiCou」。
2008年11月にオープン以来、早くも在マニラの下の肥えたフランス人が通うフレンチレストラン、「CiCou」。
タガイタイの奥に佇み、森林浴をしながらいただけるフランス料理のお店、アントニオス。
タガイタイの奥に佇み、森林浴をしながらいただけるフランス料理のお店、アントニオス。
南仏料理を中心にイタリア、ギリシア、北アフリカの料理がメニューに並びます。夜は大人の集まるナイトスポットに。
南仏料理を中心にイタリア、ギリシア、北アフリカの料理がメニューに並びます。夜は大人の集まるナイトスポットに。
【The Tivoli(ザ・ティボリ)は閉店しました】木製家具とガラスを使ったスタイリッシュに洗練されたインテリア、ムード満点の照明に、まず視覚で満足。
【The Tivoli(ザ・ティボリ)は閉店しました】木製家具とガラスを使ったスタイリッシュに洗練されたインテリア、ムード満点の照明に、まず視覚で満足。
広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel