ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる

  フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告

その他マカティの月間アクセスランキング

【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
品揃えは基本的な日本食材に加え、生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
【マカティ】マカティに本格的な鰻(うなぎ)料理専門店「うな吉」がオープンしました。お店の場所はMakati Cinema Squareのグランドフロアになります。こちらのお店の特徴は、何と言っても、日本と同じクオリティの鰻料理が食べられることです。マニラにいながら日本で食べる料理と同じ味が楽しめます。
【マカティ】日本のテレビや雑誌で紹介され、Japanese Curry Awardsも受賞している人気のカレー店。 日本では「野菜を食べるカレー」として知られているが、フィリピンではコンセプトを変えてバーベキューをメインにしたメニューになっている。
 
広告
広告

その他マカティ

【マカティ】ブルゴスの裏の路地にある13年営業の老舗。インド人をはじめとした外国人の出張者や旅行者の間で人気があり、多くのグルメ本のランキングに入っている。インド、地中海、アフリカ、中東の料理を提供し、メニューの数は300品以上を誇る。
【マカティ】ブルゴスの裏の路地にある13年営業の老舗。インド人をはじめとした外国人の出張者や旅行者の間で人気があり、多くのグルメ本のランキングに入っている。インド、地中海、アフリカ、中東の料理を提供し、メニューの数は300品以上を誇る。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くにある本格インド料理レストラン。4階建ての建物にレストラン、スポーツバー、個室、スカイラウンジがある。豊富な種類のインドとパキスタン料理を取りそろえており、本格的な料理を食べに多くのインド人客が訪れる。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くにある本格インド料理レストラン。4階建ての建物にレストラン、スポーツバー、個室、スカイラウンジがある。豊富な種類のインドとパキスタン料理を取りそろえており、本格的な料理を食べに多くのインド人客が訪れる。
【マカティ】インド料理の定番と言えば、1975年から3人のインド人姉妹が経営しているこの老舗。フォルベスパークとブルゴス近くにストリートフードの姉妹店も構える。
【マカティ】インド料理の定番と言えば、1975年から3人のインド人姉妹が経営しているこの老舗。フォルベスパークとブルゴス近くにストリートフードの姉妹店も構える。
マカティに2店舗構える韓国料理レストラン。ブルゴス近くの1号店は日本人や韓国人も含め外国人客が多い人気店。2号店はサンアントニオビレッジに構える。オーナーは韓国人。上質な輸入牛を使用した焼肉が人気メニュー。お肉は2日間じっくり漬けているため、柔らかく味もしっかり染み込んでいる。
マカティに2店舗構える韓国料理レストラン。ブルゴス近くの1号店は日本人や韓国人も含め外国人客が多い人気店。2号店はサンアントニオビレッジに構える。オーナーは韓国人。上質な輸入牛を使用した焼肉が人気メニュー。お肉は2日間じっくり漬けているため、柔らかく味もしっかり染み込んでいる。
立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
【マカティ】ブルゴスに構える営業5年ほどの韓国レストラン。韓国人夫婦が経営する。焼肉は鉄板で焼くスタイルで。韓国から取り寄せた鉄板を使い、強火でジュウジュウ焼く。使用するお肉は上質なローカルポークや輸入ビーフで、程よい厚さにカットされている。
【マカティ】ブルゴスに構える営業5年ほどの韓国レストラン。韓国人夫婦が経営する。焼肉は鉄板で焼くスタイルで。韓国から取り寄せた鉄板を使い、強火でジュウジュウ焼く。使用するお肉は上質なローカルポークや輸入ビーフで、程よい厚さにカットされている。
新鮮な有機野菜などの食べ放題サラダバー
新鮮な有機野菜などの食べ放題サラダバー
【マカティ】日本のテレビや雑誌で紹介され、Japanese Curry Awardsも受賞している人気のカレー店。 日本では「野菜を食べるカレー」として知られているが、フィリピンではコンセプトを変えてバーベキューをメインにしたメニューになっている。
【マカティ】日本のテレビや雑誌で紹介され、Japanese Curry Awardsも受賞している人気のカレー店。 日本では「野菜を食べるカレー」として知られているが、フィリピンではコンセプトを変えてバーベキューをメインにしたメニューになっている。
【マカティ】2017年12月にオープン。中国人シェフが作る香港料理をリーズナブルな値段で提供しており、昼間は主にオフィスワーカー、夜は主に観光客が訪れる。
【マカティ】2017年12月にオープン。中国人シェフが作る香港料理をリーズナブルな値段で提供しており、昼間は主にオフィスワーカー、夜は主に観光客が訪れる。
【マカティ】2014年にマカティアベニューのA.Venueモールにオープン。 中国人シェフによる本格的な四川料理を提供する。香料などは全て中国から取り寄せており、これを生かした四川特有の辛い料理を豊富に揃える。
【マカティ】2014年にマカティアベニューのA.Venueモールにオープン。 中国人シェフによる本格的な四川料理を提供する。香料などは全て中国から取り寄せており、これを生かした四川特有の辛い料理を豊富に揃える。
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
【マカティ】マカティ北にあるマカティ市役所から直ぐ近くにある珈琲専門店、フレッシュロースター珈琲問屋。日本スペシャルティーコーヒー協会認定の資格を持つ日本人が常駐し、その人に合ったコーヒーをご紹介してくれます。
【マカティ】マカティ北にあるマカティ市役所から直ぐ近くにある珈琲専門店、フレッシュロースター珈琲問屋。日本スペシャルティーコーヒー協会認定の資格を持つ日本人が常駐し、その人に合ったコーヒーをご紹介してくれます。
【マカティ】レガスピビレッジの人気カフェLocal Editionの姉妹店。「安っぽい」「キオスクで買うもの」というマニラにおける一般的なミルクティーのイメージを打破し、おしゃれなカフェでミルクティーを楽しめる”プレミアムミルクティーカフェ”を目指す。
【マカティ】レガスピビレッジの人気カフェLocal Editionの姉妹店。「安っぽい」「キオスクで買うもの」というマニラにおける一般的なミルクティーのイメージを打破し、おしゃれなカフェでミルクティーを楽しめる”プレミアムミルクティーカフェ”を目指す。
【マカティ】Arkipelagoは一味違ったフードパーク。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされる!
【マカティ】Arkipelagoは一味違ったフードパーク。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされる!
【マカティ】マツダカーショウルームと日本料理の寿司カウンター、カフェバーを併設したスタイリッシュなジャパニーズレストラン。寿司職人が握る本格江戸前寿司、特に大トロ寿司が絶品。さらにカフェバーでは全国から取り寄せた、珍しいお酒が多数。
【マカティ】マツダカーショウルームと日本料理の寿司カウンター、カフェバーを併設したスタイリッシュなジャパニーズレストラン。寿司職人が握る本格江戸前寿司、特に大トロ寿司が絶品。さらにカフェバーでは全国から取り寄せた、珍しいお酒が多数。
日本人の間でも人気が高いパサイロードのレストラン。タパスに限らず、パエリアなど多くの伝統的なスパニッシュを揃えると同時に、シルクロオリジナルのメニューも取り入れ充実したメニューを提供。
日本人の間でも人気が高いパサイロードのレストラン。タパスに限らず、パエリアなど多くの伝統的なスパニッシュを揃えると同時に、シルクロオリジナルのメニューも取り入れ充実したメニューを提供。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】クリスマスケーキ予約受付中!12月20日までにご注文下さい。
【マカティ】クリスマスケーキ予約受付中!12月20日までにご注文下さい。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】センチュリーシティーの高級コンドミニアムの最上階に構えるレストランで、本店はイタリアのミラノで創業し、40年ほどの歴史を持つ老舗。フィリピン支店は、ファッションブランド「Guess」や「Mango」の元フランチャイジーであるトルコ出身のビジネスマンEdi Tekeli氏がオープン。
【マカティ】センチュリーシティーの高級コンドミニアムの最上階に構えるレストランで、本店はイタリアのミラノで創業し、40年ほどの歴史を持つ老舗。フィリピン支店は、ファッションブランド「Guess」や「Mango」の元フランチャイジーであるトルコ出身のビジネスマンEdi Tekeli氏がオープン。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【マカティ】10店舗ほどキオスクを展開するベトナム人経営のバインミー専門店。本店ではオーナーが常駐し、自らバインミーを作っている。パンは毎朝焼き、余ったパンは次の日に持ち越さない。
【マカティ】10店舗ほどキオスクを展開するベトナム人経営のバインミー専門店。本店ではオーナーが常駐し、自らバインミーを作っている。パンは毎朝焼き、余ったパンは次の日に持ち越さない。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【Tutti Belli トウッティー・ベリーは閉店しました】パサイロードに構えるイタリアンレストラン。18年間の経験を持ち、マニラでも名のあるイタリアンレストランと関わってきたシェフが手掛ける。
【Tutti Belli トウッティー・ベリーは閉店しました】パサイロードに構えるイタリアンレストラン。18年間の経験を持ち、マニラでも名のあるイタリアンレストランと関わってきたシェフが手掛ける。
【マカティ】サルセドにあった人気のイタリアン「Masseto」が、パソンタモ・エクステンションに場所を変えてオープン。ニューヨークで経験を積んできたエグゼクティブ・シェフを新たに迎え、新しく生まれ変わったメニューを提供する。
【マカティ】サルセドにあった人気のイタリアン「Masseto」が、パソンタモ・エクステンションに場所を変えてオープン。ニューヨークで経験を積んできたエグゼクティブ・シェフを新たに迎え、新しく生まれ変わったメニューを提供する。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】Atrium BuildingにあるSociety Loungeの中に隠れたバー。こぢんまりとしたスペースにはモダンなアートやワインボトルが並び、モダンで高級な雰囲気。ピンチョスやタパスが大人気で、美味しいだけでなく種類も豊富。ワインリストもひとつひとつのメニューに合うように選定されている。
【マカティ】Atrium BuildingにあるSociety Loungeの中に隠れたバー。こぢんまりとしたスペースにはモダンなアートやワインボトルが並び、モダンで高級な雰囲気。ピンチョスやタパスが大人気で、美味しいだけでなく種類も豊富。ワインリストもひとつひとつのメニューに合うように選定されている。
【マカティ】2016年10月、A.Venueモールの近くにオープンしたタペリア。メニューはシンプルにタパスやピンチョス、パエリア、そしてレチョン。特にピンチョスは1個P70~130と魅力的な価格。タパスも豊富な種類があり、中でもおすすめはエビの自然の甘みとスパイスが美味しいGambasなど。
【マカティ】2016年10月、A.Venueモールの近くにオープンしたタペリア。メニューはシンプルにタパスやピンチョス、パエリア、そしてレチョン。特にピンチョスは1個P70~130と魅力的な価格。タパスも豊富な種類があり、中でもおすすめはエビの自然の甘みとスパイスが美味しいGambasなど。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【マカティ】Discovery Primeaホテルの16階に2016年6月にオープンしたばかりのレストラン。ステーキハウスではないが、ジョスパーグリルで作ったステーキが人気。2月からはステーキを含め、新メニューを4品追加。中華風味のポークリブ(P1,150)、脂身が少ないFlank Steak(P1,500)、蝶ジューシーで旨みたっぷりのPorterhouse Steak(写真①)とStriploin(P980)。
【マカティ】Discovery Primeaホテルの16階に2016年6月にオープンしたばかりのレストラン。ステーキハウスではないが、ジョスパーグリルで作ったステーキが人気。2月からはステーキを含め、新メニューを4品追加。中華風味のポークリブ(P1,150)、脂身が少ないFlank Steak(P1,500)、蝶ジューシーで旨みたっぷりのPorterhouse Steak(写真①)とStriploin(P980)。
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
【マカティ】人気デリカテッセン「サンティス」と同じWerdenbergグループがお届けするステーキハウス。ブラウン一色の落ち着いた空間は友人同士の集まりでも接待でも大いに活躍が望める。店名が示す通りアンガスビーフがメニューの主役で、こちらはアメリカから輸入。
【マカティ】人気デリカテッセン「サンティス」と同じWerdenbergグループがお届けするステーキハウス。ブラウン一色の落ち着いた空間は友人同士の集まりでも接待でも大いに活躍が望める。店名が示す通りアンガスビーフがメニューの主役で、こちらはアメリカから輸入。
【マカティ】しゃぶしゃぶと焼肉を提供する本格中華レストランで、今年の2月にオープンしたばかり。明るく清潔な店内で、会食などにも利用できる。アラカルトメニューも充実しており、24時間デリバリー可。
【マカティ】しゃぶしゃぶと焼肉を提供する本格中華レストランで、今年の2月にオープンしたばかり。明るく清潔な店内で、会食などにも利用できる。アラカルトメニューも充実しており、24時間デリバリー可。
【マカティ】マカティのThe Gramercy Residencesの反対側にひっそりとある中華レストラン。インテリアは非常にシンプルだが、火鍋は美味しい。スープではSzechuan Spicy Soup(麻辣紅油、P250)が人気。中国ビールも飲める。
【マカティ】マカティのThe Gramercy Residencesの反対側にひっそりとある中華レストラン。インテリアは非常にシンプルだが、火鍋は美味しい。スープではSzechuan Spicy Soup(麻辣紅油、P250)が人気。中国ビールも飲める。
【マカティ】パソンタモの北側、San Antonio Villageの外れにある知る人ぞ知る火鍋レストラン。角に立つビルの2階にあるレストランで、中国人が経営。質素な店内だが、火鍋はオーセンティックで美味しいと評判。
【マカティ】パソンタモの北側、San Antonio Villageの外れにある知る人ぞ知る火鍋レストラン。角に立つビルの2階にあるレストランで、中国人が経営。質素な店内だが、火鍋はオーセンティックで美味しいと評判。
【マカティ】マカティのヒル・プヤットのPNR駅付近の火鍋レストラン。中国人経営の本格火鍋で、正方形の形をしたおしどり鍋が特徴。とても美味しいとひそかに人気。メニュー表の表示にタブレットを使用しているのも斬新。24時間営業。
【マカティ】マカティのヒル・プヤットのPNR駅付近の火鍋レストラン。中国人経営の本格火鍋で、正方形の形をしたおしどり鍋が特徴。とても美味しいとひそかに人気。メニュー表の表示にタブレットを使用しているのも斬新。24時間営業。
【マカティ】マカティアベニューのA. Venueモールの2階にある火鍋レストラン兼バー。U字型のテーブルがいくつも並び、他の人と隣同士で座って食べる。鍋は一人一鍋。スープの種類が多く、なんと27種類。王道のサテスープや四川麻辣スープの他に、トマトスープ、ミルクスープ、チーズスープなどかなり変わったものもある。
【マカティ】マカティアベニューのA. Venueモールの2階にある火鍋レストラン兼バー。U字型のテーブルがいくつも並び、他の人と隣同士で座って食べる。鍋は一人一鍋。スープの種類が多く、なんと27種類。王道のサテスープや四川麻辣スープの他に、トマトスープ、ミルクスープ、チーズスープなどかなり変わったものもある。
【パサイ】レストランが建ち並ぶパサイロード(Arnaiz通り)に10年以上店を構える人気の中華料理店。伝統的な香港スタイルの広東料理を楽しめるこちらのレストランでは、店内に完備された水槽から新鮮な魚介類を選んでお好みのスタイルに調理してもらう事ができる。
【パサイ】レストランが建ち並ぶパサイロード(Arnaiz通り)に10年以上店を構える人気の中華料理店。伝統的な香港スタイルの広東料理を楽しめるこちらのレストランでは、店内に完備された水槽から新鮮な魚介類を選んでお好みのスタイルに調理してもらう事ができる。
【マカティ】がっつりハンバーガーを食べたいならここへ。自慢のハンバーガーパティはビーフと味付けのみで勝負。ビーフの味を引き出すために試行錯誤を繰り返して完成させた特製バンズに自家製ソース、そして豊富な野菜で食べ応え十分。
【マカティ】がっつりハンバーガーを食べたいならここへ。自慢のハンバーガーパティはビーフと味付けのみで勝負。ビーフの味を引き出すために試行錯誤を繰り返して完成させた特製バンズに自家製ソース、そして豊富な野菜で食べ応え十分。
【マカティ】ケソン市のUPタウンセンターにも支店を持つ。カジュアルな木目調のインテリアやライブバンド、DJのパフォーマンスなどの要素が若者たちの間で人気のレストランだ。メニューはフィリピン料理をベースにした家庭的な料理。
【マカティ】ケソン市のUPタウンセンターにも支店を持つ。カジュアルな木目調のインテリアやライブバンド、DJのパフォーマンスなどの要素が若者たちの間で人気のレストランだ。メニューはフィリピン料理をベースにした家庭的な料理。
【マカティ】600種類以上のボードゲームで遊び放題。一人一品料理かドリンクをオーダー、もしくはP180の料金を払い、時間無制限でボードゲームを楽しむことができる。ゲームは1種類に限らず、いくつでも借りることが可能。
【マカティ】600種類以上のボードゲームで遊び放題。一人一品料理かドリンクをオーダー、もしくはP180の料金を払い、時間無制限でボードゲームを楽しむことができる。ゲームは1種類に限らず、いくつでも借りることが可能。
【マカティ】シーフードメインのレストラン。水槽の中から生きた海鮮を選ぶのでいつも新鮮。さっぱりした味付けのグリル料理がメインだが、火鍋やちょっとしたフィリピン料理などメニューはバラエティに富んでいる。特におすすめなのは、団体向けのBoodleシリーズ。
【マカティ】シーフードメインのレストラン。水槽の中から生きた海鮮を選ぶのでいつも新鮮。さっぱりした味付けのグリル料理がメインだが、火鍋やちょっとしたフィリピン料理などメニューはバラエティに富んでいる。特におすすめなのは、団体向けのBoodleシリーズ。
【マカティ】タイから来た人気のカフェチェーン。コーヒーなどのドリンクがホット、アイスを含め50種類以上。また、タイのカフェだけに、タイ料理が豊富。チャンピオンシップで5位を獲得したPad Thai(写真②)や4位を獲得したTom Yum(P256)など、王道のタイ料理を提供している。
【マカティ】タイから来た人気のカフェチェーン。コーヒーなどのドリンクがホット、アイスを含め50種類以上。また、タイのカフェだけに、タイ料理が豊富。チャンピオンシップで5位を獲得したPad Thai(写真②)や4位を獲得したTom Yum(P256)など、王道のタイ料理を提供している。
【マカティ】2013年に名古屋にオープンし、現在日本国内で20店舗展開しているしゃぶしゃぶ店。サーキット・マカティ店は初の海外支店で、年内にはセブにもオープンする予定。スープの種類の多さが自慢で、その数は27種類。日本の支店で使用しているスープをそのままマニラに送っている。
【マカティ】2013年に名古屋にオープンし、現在日本国内で20店舗展開しているしゃぶしゃぶ店。サーキット・マカティ店は初の海外支店で、年内にはセブにもオープンする予定。スープの種類の多さが自慢で、その数は27種類。日本の支店で使用しているスープをそのままマニラに送っている。
【マカティ】バンクーバーで数年連続ベストピザに選ばれたピザ店。トッピングがぎっしり詰められたピザが有名で、生地に使われる小麦粉も含め、食材は全てオーガニック。カナダの本店と同じ味を保つため、本店からの厳しいチェックの元で作られている。サイズは12インチのみで、少し甘めのソースを使用。
【マカティ】バンクーバーで数年連続ベストピザに選ばれたピザ店。トッピングがぎっしり詰められたピザが有名で、生地に使われる小麦粉も含め、食材は全てオーガニック。カナダの本店と同じ味を保つため、本店からの厳しいチェックの元で作られている。サイズは12インチのみで、少し甘めのソースを使用。
【マカティ】若者向けのお店が多いサーキット・マカティで、少し上の世代に向けたレストランバー。マニラの人気バンドが毎晩21時から演奏している。曲は60~80年代の洋楽やOPM(オリジナル・フィリピン・ミュージック)。基本無料だが、有名バンドになるとP250~350のドアチャージがつくこともある。
【マカティ】若者向けのお店が多いサーキット・マカティで、少し上の世代に向けたレストランバー。マニラの人気バンドが毎晩21時から演奏している。曲は60~80年代の洋楽やOPM(オリジナル・フィリピン・ミュージック)。基本無料だが、有名バンドになるとP250~350のドアチャージがつくこともある。
【マカティ】9月にオープンしたばかりだが、オーナーのお母さん直伝のレシピを使った家庭的な料理が人気を集め、早くも常連客を増やしている。いちおしのBone Marrow Steak Pie, Mashed Potato Salad(写真②)は、サクサクパイ生地の中にとろとろのビーフシチューが隠れている。
【マカティ】9月にオープンしたばかりだが、オーナーのお母さん直伝のレシピを使った家庭的な料理が人気を集め、早くも常連客を増やしている。いちおしのBone Marrow Steak Pie, Mashed Potato Salad(写真②)は、サクサクパイ生地の中にとろとろのビーフシチューが隠れている。
広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel