ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  レストラン情報

  フィリピン マカティ レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告

マカティ

【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
【マカティ】マカティメディカルから徒歩2分、日本人に嬉しい商品がばっちり揃う、台湾グロッサリーがあります!  豊富に揃ったコスメコーナーには、TSUBAKI、MACHERIEと言ったヘアケア用品をはじめ、Biore、豆乳イソフラボンなど、日本人にはお馴染みの商品がずらり。
【マカティ】マカティメディカルから徒歩2分、日本人に嬉しい商品がばっちり揃う、台湾グロッサリーがあります!  豊富に揃ったコスメコーナーには、TSUBAKI、MACHERIEと言ったヘアケア用品をはじめ、Biore、豆乳イソフラボンなど、日本人にはお馴染みの商品がずらり。
本格生パスタが食べられるレストランといえばこちら!
本格生パスタが食べられるレストランといえばこちら!
【マカティ・サルセド店、タギッグ店】店名の由来はXO=Extraordinary(並外れた)と1946(フィリピンが米国から独立した年)を掛け合わせたもの。こちらではフィリピンの伝統を重んじ、民族衣装のバロンに身を包んだスタッフが懇切丁寧にもてなしてくれる。
【マカティ・サルセド店、タギッグ店】店名の由来はXO=Extraordinary(並外れた)と1946(フィリピンが米国から独立した年)を掛け合わせたもの。こちらではフィリピンの伝統を重んじ、民族衣装のバロンに身を包んだスタッフが懇切丁寧にもてなしてくれる。
【マカティ】マカティ北にあるマカティ市役所から直ぐ近くにある珈琲専門店、フレッシュロースター珈琲問屋。日本スペシャルティーコーヒー協会認定の資格を持つ日本人が常駐し、その人に合ったコーヒーをご紹介してくれます。
【マカティ】マカティ北にあるマカティ市役所から直ぐ近くにある珈琲専門店、フレッシュロースター珈琲問屋。日本スペシャルティーコーヒー協会認定の資格を持つ日本人が常駐し、その人に合ったコーヒーをご紹介してくれます。
広告
広告
【マカティ】レガスピビレッジの人気カフェLocal Editionの姉妹店。「安っぽい」「キオスクで買うもの」というマニラにおける一般的なミルクティーのイメージを打破し、おしゃれなカフェでミルクティーを楽しめる”プレミアムミルクティーカフェ”を目指す。
【マカティ】レガスピビレッジの人気カフェLocal Editionの姉妹店。「安っぽい」「キオスクで買うもの」というマニラにおける一般的なミルクティーのイメージを打破し、おしゃれなカフェでミルクティーを楽しめる”プレミアムミルクティーカフェ”を目指す。
【マカティ】2004年12月、グリーンベルト3にオープンして以来、毎晩満員になるほどたくさんのお客さんで賑わう大人気店。メニューには280種類ほどの料理が並び、インド料理以外にもインドネシア料理やその他アジア料理も提供。
【マカティ】2004年12月、グリーンベルト3にオープンして以来、毎晩満員になるほどたくさんのお客さんで賑わう大人気店。メニューには280種類ほどの料理が並び、インド料理以外にもインドネシア料理やその他アジア料理も提供。
【マカティ】日本初、世界中に1000を超える店舗を持つ「グローバル・カレーチェーン」。マニラ初店舗は2016年1月にオープンし、現在は5ヶ所に支店を構える。コクがたっぷりのオリジナルカレーソース、そして目移りするほど多彩なトッピング。
【マカティ】日本初、世界中に1000を超える店舗を持つ「グローバル・カレーチェーン」。マニラ初店舗は2016年1月にオープンし、現在は5ヶ所に支店を構える。コクがたっぷりのオリジナルカレーソース、そして目移りするほど多彩なトッピング。
マカティのSunvar plazaにお店を構える、老舗の焼肉屋さん三田屋がリニューアルオープンしました。創業から17年目になり、以前のお店には元アキノ大統領もお忍びで通うほどの焼肉店。
マカティのSunvar plazaにお店を構える、老舗の焼肉屋さん三田屋がリニューアルオープンしました。創業から17年目になり、以前のお店には元アキノ大統領もお忍びで通うほどの焼肉店。
【マカティ】Arkipelagoは一味違ったフードパーク。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされる!
【マカティ】Arkipelagoは一味違ったフードパーク。世界中の様々な料理を食べることができるだけでなく、2階にはスニーカーショップやアートギャラリーなどがあり、その意外性に思わず驚かされる!
【マカティ】マツダカーショウルームと日本料理の寿司カウンター、カフェバーを併設したスタイリッシュなジャパニーズレストラン。寿司職人が握る本格江戸前寿司、特に大トロ寿司が絶品。さらにカフェバーでは全国から取り寄せた、珍しいお酒が多数。
【マカティ】マツダカーショウルームと日本料理の寿司カウンター、カフェバーを併設したスタイリッシュなジャパニーズレストラン。寿司職人が握る本格江戸前寿司、特に大トロ寿司が絶品。さらにカフェバーでは全国から取り寄せた、珍しいお酒が多数。
日本人の間でも人気が高いパサイロードのレストラン。タパスに限らず、パエリアなど多くの伝統的なスパニッシュを揃えると同時に、シルクロオリジナルのメニューも取り入れ充実したメニューを提供。
日本人の間でも人気が高いパサイロードのレストラン。タパスに限らず、パエリアなど多くの伝統的なスパニッシュを揃えると同時に、シルクロオリジナルのメニューも取り入れ充実したメニューを提供。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【マカティ】ロックウェルとBGC、グリーンベルトに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【マカティ】ロックウェルとBGC、グリーンベルトに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
【マカティ】センチュリーシティーの高級コンドミニアムの最上階に構えるレストランで、本店はイタリアのミラノで創業し、40年ほどの歴史を持つ老舗。フィリピン支店は、ファッションブランド「Guess」や「Mango」の元フランチャイジーであるトルコ出身のビジネスマンEdi Tekeli氏がオープン。
【マカティ】センチュリーシティーの高級コンドミニアムの最上階に構えるレストランで、本店はイタリアのミラノで創業し、40年ほどの歴史を持つ老舗。フィリピン支店は、ファッションブランド「Guess」や「Mango」の元フランチャイジーであるトルコ出身のビジネスマンEdi Tekeli氏がオープン。
毎週土曜日の午前から開催されるサルセドマーケット。多国籍の料理や食品のお店が並びます。 このページではその一部のお店を紹介します。
毎週土曜日の午前から開催されるサルセドマーケット。多国籍の料理や食品のお店が並びます。 このページではその一部のお店を紹介します。
毎週日曜日の午前中に開催されるレガスピマーケット。オーガニック野菜や食品を販売するブースが集まったゾーンは必見。また、フェアトレード商品、美術品、骨董品、ぬいぐるみなど、数多くの雑貨屋が並びます。このページではその一部のお店を紹介します。
毎週日曜日の午前中に開催されるレガスピマーケット。オーガニック野菜や食品を販売するブースが集まったゾーンは必見。また、フェアトレード商品、美術品、骨董品、ぬいぐるみなど、数多くの雑貨屋が並びます。このページではその一部のお店を紹介します。
ほぼ全商品80ペソ均。便利な立地に加え、リーズナブルな値段で知られる食材店。夜10時半まで空いているので便利
ほぼ全商品80ペソ均。便利な立地に加え、リーズナブルな値段で知られる食材店。夜10時半まで空いているので便利
【マカティ】日本食材店とレストランを併設。リーズナブルな価格で和食料理が堪能でき、毎晩多くのお客さんで賑わっている。
【マカティ】日本食材店とレストランを併設。リーズナブルな価格で和食料理が堪能でき、毎晩多くのお客さんで賑わっている。
【マカティ】80年~90年代の懐かしいアニメをテーマにしたユニークなカフェ。壁にはフィリピンで活動中の絵師によるアニメのイラストが、棚にはアニメのフィギュアが飾られ、アニメ好きには嬉しい演出がどころどころに仕込まれている。
【マカティ】80年~90年代の懐かしいアニメをテーマにしたユニークなカフェ。壁にはフィリピンで活動中の絵師によるアニメのイラストが、棚にはアニメのフィギュアが飾られ、アニメ好きには嬉しい演出がどころどころに仕込まれている。
【マカティ】1974年創業、大きなモールには必ず入ってる知名度の高いファミレスチェーン。店名の通り、パンケーキが看板メニューのひとつで、少し薄めでふわふわのパンケーキが自慢。子どもが退屈しないようにクレヨンや塗り絵などの簡単なアクティビティーシートを出してくれる。
【マカティ】1974年創業、大きなモールには必ず入ってる知名度の高いファミレスチェーン。店名の通り、パンケーキが看板メニューのひとつで、少し薄めでふわふわのパンケーキが自慢。子どもが退屈しないようにクレヨンや塗り絵などの簡単なアクティビティーシートを出してくれる。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【グロリエッタ】グロリエッタにフィリピンでは2店舗目をオープンした添好運(Tim Ho Wan)。特に人気なのが「酥皮焗叉燒包(Baked Bun with BBQ Pork)」。メロンパンのような生地の中に入っているのは トロっとしたチャーシュー餡。
【グロリエッタ】グロリエッタにフィリピンでは2店舗目をオープンした添好運(Tim Ho Wan)。特に人気なのが「酥皮焗叉燒包(Baked Bun with BBQ Pork)」。メロンパンのような生地の中に入っているのは トロっとしたチャーシュー餡。
【マカティ】マカティのレガスピビレッジなどに構えるベトナム料理店。フォーや生春巻き、コンデンスミルク入りコーヒーなどのベトナム料理がメニューに並ぶ。新鮮な野菜やフルーツを使った冷たいシェークもおすすめ.また、カピトリオ店とUPタウンセンター店限定でバインミーも提供。
【マカティ】マカティのレガスピビレッジなどに構えるベトナム料理店。フォーや生春巻き、コンデンスミルク入りコーヒーなどのベトナム料理がメニューに並ぶ。新鮮な野菜やフルーツを使った冷たいシェークもおすすめ.また、カピトリオ店とUPタウンセンター店限定でバインミーも提供。
【サルセド】タイのストリートフードが主なメニュー。BFホームズにはじまり、マカティのサルセドにも支店をオープン。コスパが抜群とあって周囲のオフィスワーカーには大人気で、こぢんまりとした店舗はランチはいつも混んでいる。
【サルセド】タイのストリートフードが主なメニュー。BFホームズにはじまり、マカティのサルセドにも支店をオープン。コスパが抜群とあって周囲のオフィスワーカーには大人気で、こぢんまりとした店舗はランチはいつも混んでいる。
【グリーンベルト】グリーンベルト5のガーデン側にあるタイレストラン。パッタイやトムヤンクン、グリーンカレー、チキンサテ、ナマズのサラダと言った王道のタイ料理を提供する。
【グリーンベルト】グリーンベルト5のガーデン側にあるタイレストラン。パッタイやトムヤンクン、グリーンカレー、チキンサテ、ナマズのサラダと言った王道のタイ料理を提供する。
【グロリエッタ】グロリエッタやマラテのロビンソンなどに構えるベトナム料理チェーン。ビーフ、ミートボール、チキンなどのフォーやその他スープや麺料理、ライスとおかずセットなどを提供。ベジタリアン対応メニューも生春巻き、サラダ、麺、スープと種類豊富。
【グロリエッタ】グロリエッタやマラテのロビンソンなどに構えるベトナム料理チェーン。ビーフ、ミートボール、チキンなどのフォーやその他スープや麺料理、ライスとおかずセットなどを提供。ベジタリアン対応メニューも生春巻き、サラダ、麺、スープと種類豊富。
【マカティ】サルセドのパセオセンターなどにあるバインミーのキオスク。発祥の地であるホーチミン市でもよく知られたお店。4種類ほどのバインミーがあり、伝統的なハムやチキン、焼き豚入りのバインミーに加え、オリジナルのミートボール入りのバインミーがある。
【マカティ】サルセドのパセオセンターなどにあるバインミーのキオスク。発祥の地であるホーチミン市でもよく知られたお店。4種類ほどのバインミーがあり、伝統的なハムやチキン、焼き豚入りのバインミーに加え、オリジナルのミートボール入りのバインミーがある。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【マカティ】マカティ・アベニューのI’M Hotelの隣にあるシンガポール発祥のレストラン。以前は「Ming Kee Live Seafood」の名で知られていた。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
【マカティ】ロックウェルのコンドミニアムの1階に構える。50人収容のこじんまりとした店舗は、奥にピザ釜を備えたオープンキッチンがある。ニューヨークピッツェリア風の店舗はとてもカジュアル。ベストセラーは11インチのスタンダードピザ、シーフードの旨みたっぷりのFrutti de Mare。
【マカティ】ロックウェルのコンドミニアムの1階に構える。50人収容のこじんまりとした店舗は、奥にピザ釜を備えたオープンキッチンがある。ニューヨークピッツェリア風の店舗はとてもカジュアル。ベストセラーは11インチのスタンダードピザ、シーフードの旨みたっぷりのFrutti de Mare。
【マカティ】セブにあるピッツェリアのフランチャイズ。昨年までは一般的なイタリアンを提供していたが、新しいイタリア人シェフを迎えメニューを一新。主に南イタリア料理を中心に他地方の料理を少しプラスし、各地方のユニークな味を楽しめるメニューを提供する。
【マカティ】セブにあるピッツェリアのフランチャイズ。昨年までは一般的なイタリアンを提供していたが、新しいイタリア人シェフを迎えメニューを一新。主に南イタリア料理を中心に他地方の料理を少しプラスし、各地方のユニークな味を楽しめるメニューを提供する。
【マカティ】サルセドにあった人気のイタリアン「Masseto」が、パソンタモ・エクステンションに場所を変えてオープン。ニューヨークで経験を積んできたエグゼクティブ・シェフを新たに迎え、新しく生まれ変わったメニューを提供する。
【マカティ】サルセドにあった人気のイタリアン「Masseto」が、パソンタモ・エクステンションに場所を変えてオープン。ニューヨークで経験を積んできたエグゼクティブ・シェフを新たに迎え、新しく生まれ変わったメニューを提供する。
ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】穴場レストランが多いことで知られる高級住宅街BFホームズのアギレ通りに2014年にオープンし、おしゃれなインテリアやクリエイティブな創作料理、そしてそれらを当時21歳だった若いオーナーが立ち上げたことで、地元の若者を中心に話題を呼んだ。
【マカティ】穴場レストランが多いことで知られる高級住宅街BFホームズのアギレ通りに2014年にオープンし、おしゃれなインテリアやクリエイティブな創作料理、そしてそれらを当時21歳だった若いオーナーが立ち上げたことで、地元の若者を中心に話題を呼んだ。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】グリーンベルトのステーキハウス「Dillingers」内の隠れバー。お店の隅の方にある、一見するとただの非常口が実はその入り口となっている。メニューはDillingersと同じ。ヘッドバーテンダーは、バーテンダーチャンピオンシップで優勝した経歴を持つ。
【マカティ】グリーンベルトのステーキハウス「Dillingers」内の隠れバー。お店の隅の方にある、一見するとただの非常口が実はその入り口となっている。メニューはDillingersと同じ。ヘッドバーテンダーは、バーテンダーチャンピオンシップで優勝した経歴を持つ。
【マカティ】クバーノこと、キューバンサンドイッチの専門店。専用の器具で上から平べったくなるようにプレスしたサンドイッチが特徴で、ローストポーク、ハム、チーズからなる伝統的なものから、アドボを入れたフィリピン風や野菜のみのサンドイッチまで、中身はバラエティ豊富。
【マカティ】クバーノこと、キューバンサンドイッチの専門店。専用の器具で上から平べったくなるようにプレスしたサンドイッチが特徴で、ローストポーク、ハム、チーズからなる伝統的なものから、アドボを入れたフィリピン風や野菜のみのサンドイッチまで、中身はバラエティ豊富。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【マカティ】レガスピビレッジに2016年10月にオープンしたハイエンドなレストラン。5人の若い仲間が集まって立ち上げたレストランで、オープンしてすぐに口コミで広まっていった。シェフとパートナーのパティシェはニューヨークのレストランで働いた経験があり、そのクリエイティブさを活かして作り出したオリジナルメニューはどれもユニークで美味しい。
【マカティ】レガスピビレッジに2016年10月にオープンしたハイエンドなレストラン。5人の若い仲間が集まって立ち上げたレストランで、オープンしてすぐに口コミで広まっていった。シェフとパートナーのパティシェはニューヨークのレストランで働いた経験があり、そのクリエイティブさを活かして作り出したオリジナルメニューはどれもユニークで美味しい。
【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩6分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩6分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】マカティにあるグリーンベルトから徒歩5分、アギレ通り沿いにお店を構える日本食料理屋、一休庵。料理を振る舞うのは元六尺庵の日本人料理長であるため、味はお墨付き。食材から調味料、米、油に至るまで、ほとんどを日本から仕入れてるという徹底ぶりで、和食本来が持つ繊細な味の再現にこだわっている。
【マカティ】マカティにあるグリーンベルトから徒歩5分、アギレ通り沿いにお店を構える日本食料理屋、一休庵。料理を振る舞うのは元六尺庵の日本人料理長であるため、味はお墨付き。食材から調味料、米、油に至るまで、ほとんどを日本から仕入れてるという徹底ぶりで、和食本来が持つ繊細な味の再現にこだわっている。

広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel