ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる

  フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告
広告
広告

リゾート

【バコロド】もともと小さな定食屋として営業をスタートさせたこのレストランではバッチョイが看板メニュー。多くの地元民に愛されている味だ。その他にも、オーナー自身の釣り堀で獲れる海鮮を使った料理の数々を提供している。
【バコロド】もともと小さな定食屋として営業をスタートさせたこのレストランではバッチョイが看板メニュー。多くの地元民に愛されている味だ。その他にも、オーナー自身の釣り堀で獲れる海鮮を使った料理の数々を提供している。
【バコロド】L’Fisher ホテルの隣にあるカフェ。こちらのカフェの人気メニューは、クロナッツ(クロワッサン×ドーナッツ)とチュロス。フランスからのシェフとパン職人をオーナーに、C’s by L’Fisherはたくさんの美味しい出来立てベーカリーやスイーツを提供している。
【バコロド】L’Fisher ホテルの隣にあるカフェ。こちらのカフェの人気メニューは、クロナッツ(クロワッサン×ドーナッツ)とチュロス。フランスからのシェフとパン職人をオーナーに、C’s by L’Fisherはたくさんの美味しい出来立てベーカリーやスイーツを提供している。
【バコロド】大手コーヒーショップがバコロドにオープンする前から地元市民に愛されているカフェ。ここCafe Bob's と言えば、ジェラート!オーナーのBobby Magalona氏によると、人気の秘密は、新鮮さ。毎日自家製アイスクリームを作っている。
【バコロド】大手コーヒーショップがバコロドにオープンする前から地元市民に愛されているカフェ。ここCafe Bob's と言えば、ジェラート!オーナーのBobby Magalona氏によると、人気の秘密は、新鮮さ。毎日自家製アイスクリームを作っている。
【バコロド】2012年に、オーナーの家族・友人向けのガーデンレストランとしてオープンした正統派ベトナム料理のレストラン。その後、フードブロガーやシェフの間で話題になり、後に一般向けにも営業を始めた。
【バコロド】2012年に、オーナーの家族・友人向けのガーデンレストランとしてオープンした正統派ベトナム料理のレストラン。その後、フードブロガーやシェフの間で話題になり、後に一般向けにも営業を始めた。
【バコロド】18th Street Pala-palaはバコロドにできた最初のPala-palaレストラン。レストランの創業から2年後に、フードブロガーやシェフの間で話題となることで人気に火が付き、その後、現在の形態へとビジネスを拡大してきた。ここでは、ローカルなバコロド料理と新鮮な魚介メニューを頂くことができる。
【バコロド】18th Street Pala-palaはバコロドにできた最初のPala-palaレストラン。レストランの創業から2年後に、フードブロガーやシェフの間で話題となることで人気に火が付き、その後、現在の形態へとビジネスを拡大してきた。ここでは、ローカルなバコロド料理と新鮮な魚介メニューを頂くことができる。
【バコロド】新鮮なシーフードが毎日運ばれて来るアディン・パラパラ。ここの魅力は、自分でシーフードを選び、選んだシーフードを調理してもらえること。グリル、フライ、シチューやスープなどの調理方法から選ぶことができる。おすすめはたくさんあるが、Sizzling Blue Marlin(100g P98)を選んでジューシーな魚のマリネにしてもらってみて。
【バコロド】新鮮なシーフードが毎日運ばれて来るアディン・パラパラ。ここの魅力は、自分でシーフードを選び、選んだシーフードを調理してもらえること。グリル、フライ、シチューやスープなどの調理方法から選ぶことができる。おすすめはたくさんあるが、Sizzling Blue Marlin(100g P98)を選んでジューシーな魚のマリネにしてもらってみて。
【バコロド】数十年もの間、この地元発祥のレストランはバコロドで一番おいしいチキンイナサルがあるレストランのひとつとして、オリジナルの味を提供してきた。チキンハウスが小さな食堂として地元に登場したのは1976年。歴史あるレストランだ。
【バコロド】数十年もの間、この地元発祥のレストランはバコロドで一番おいしいチキンイナサルがあるレストランのひとつとして、オリジナルの味を提供してきた。チキンハウスが小さな食堂として地元に登場したのは1976年。歴史あるレストランだ。
【バコロド】ここナナズ・ローズは、マノカン・カントリーというレストラン街にあるチキン・イナサルが有名なレストラン。"Nana"はオーナーのお母さんの名前から来ているのとのこと。現在のオーナーは3代目で、とっても優しいあったかい女性。
【バコロド】ここナナズ・ローズは、マノカン・カントリーというレストラン街にあるチキン・イナサルが有名なレストラン。"Nana"はオーナーのお母さんの名前から来ているのとのこと。現在のオーナーは3代目で、とっても優しいあったかい女性。
【バコロド】1920年創業のエル・アイディール・ベーカリーは市内では最も歴史が古いベーカリーで美味しいペストリーが食べられると評判。
【バコロド】1920年創業のエル・アイディール・ベーカリーは市内では最も歴史が古いベーカリーで美味しいペストリーが食べられると評判。
【バコロド】バコロドのPasalubong(お土産)なら、「ボンボンズ」と「メルシーズ」でチェックしてみて。バコロド内にいくつもの店舗があるので、町を歩けば簡単に見つけることが出来る。どちらもおいしいスナックやバコロドの銘菓を扱っているお菓子屋さん。
【バコロド】バコロドのPasalubong(お土産)なら、「ボンボンズ」と「メルシーズ」でチェックしてみて。バコロド内にいくつもの店舗があるので、町を歩けば簡単に見つけることが出来る。どちらもおいしいスナックやバコロドの銘菓を扱っているお菓子屋さん。
【ギマラス】新幹線沿いに建ち。10年以上、美味しいシーフード料理を提供している。建物は屋外コテージで、田舎風なたたずみ。南国の島の雰囲気の中、食事が楽しめる
【ギマラス】新幹線沿いに建ち。10年以上、美味しいシーフード料理を提供している。建物は屋外コテージで、田舎風なたたずみ。南国の島の雰囲気の中、食事が楽しめる
【ギマラス】イロイロ市にあるCamina Balay nga Batoの姉妹店。このレストランのとっておきは、何といっても風光明媚なギマラスの自然を楽しめる「農場ツアー体験」と、地元ギマラスのごちそう。すべてオーナー自らが育てた食材を使ったオーガニック料理。
【ギマラス】イロイロ市にあるCamina Balay nga Batoの姉妹店。このレストランのとっておきは、何といっても風光明媚なギマラスの自然を楽しめる「農場ツアー体験」と、地元ギマラスのごちそう。すべてオーナー自らが育てた食材を使ったオーガニック料理。
【ギマラス】レストラン"Pitstop"は、マンゴーを使った料理を提供しているお店。中でも、マンゴーピザは看板メニュー。一口食べると、Guimarasのマンゴーにとろけるチーズとカシューナッツ、少し厚めのクラストのマッチングに感動。
【ギマラス】レストラン"Pitstop"は、マンゴーを使った料理を提供しているお店。中でも、マンゴーピザは看板メニュー。一口食べると、Guimarasのマンゴーにとろけるチーズとカシューナッツ、少し厚めのクラストのマッチングに感動。
【ギマラス】新鮮なシーフードと巧みな料理を提供する新しい食のスポット。オープンしたばかりだが、その噂は既に広まっている。魚介から鶏まで、地元の食材だけを使って最高のギマラス郷土料理を提供している。
【ギマラス】新鮮なシーフードと巧みな料理を提供する新しい食のスポット。オープンしたばかりだが、その噂は既に広まっている。魚介から鶏まで、地元の食材だけを使って最高のギマラス郷土料理を提供している。
【イロイロ】レストランの中に入ると、スペイン統治時代のフィリピンの家を思わせる作り。マドガイを使った大きな引き窓や広々とした入口。長い木製のテーブルに、大きな木製の椅子。歴史を感じながら食事を楽しめる。
【イロイロ】レストランの中に入ると、スペイン統治時代のフィリピンの家を思わせる作り。マドガイを使った大きな引き窓や広々とした入口。長い木製のテーブルに、大きな木製の椅子。歴史を感じながら食事を楽しめる。
【イロイロ】2015年に「Table Matters」としてオープンして以来、ユニークでおしゃれなドリンクや南国フルーツをたっぷり使ったデザートを提供している。現在は、デザートのみならず、イロイロ地方料理も楽しめる。
【イロイロ】2015年に「Table Matters」としてオープンして以来、ユニークでおしゃれなドリンクや南国フルーツをたっぷり使ったデザートを提供している。現在は、デザートのみならず、イロイロ地方料理も楽しめる。
【イロイロ】イロイロ市のメガワールド・ビジネスパークにあるカフェ、DOVA BRUNCH。昨年オープンしたばかりで昔懐かしい味のアメリカン料理が頂ける。
【イロイロ】イロイロ市のメガワールド・ビジネスパークにあるカフェ、DOVA BRUNCH。昨年オープンしたばかりで昔懐かしい味のアメリカン料理が頂ける。
【イロイロ】テキサス風アメリカ料理を提供するレストランMojave。2008年にイロイロではじめてオープンしたステーキハウスで、フィリピンで人気のワッフル「Waffle Time」と同オーナーが経営している。
【イロイロ】テキサス風アメリカ料理を提供するレストランMojave。2008年にイロイロではじめてオープンしたステーキハウスで、フィリピンで人気のワッフル「Waffle Time」と同オーナーが経営している。
【イロイロ】2013年2月に創業し、新規出店にも関わらず、イロイロ島ではもちろん、フィリピン全土において、名を挙げたレストラン。Punotの見所はバラエティ豊富なシーフード料理だけではない。素晴らしい食事と記憶に残るたいけんを提供することで継続的にゲストの注目を集めている。
【イロイロ】2013年2月に創業し、新規出店にも関わらず、イロイロ島ではもちろん、フィリピン全土において、名を挙げたレストラン。Punotの見所はバラエティ豊富なシーフード料理だけではない。素晴らしい食事と記憶に残るたいけんを提供することで継続的にゲストの注目を集めている。
【セブ】セブのDay-as-Cordovaに位置するカフェ。約90cmのプラスチック製の白いバラが1万本に囲まれており、この風景を見るために毎日地元の人や観光客がやってくる。
【セブ】セブのDay-as-Cordovaに位置するカフェ。約90cmのプラスチック製の白いバラが1万本に囲まれており、この風景を見るために毎日地元の人や観光客がやってくる。
【セブ】モアルボアルで一番のコーヒーが飲めると呼び名の高いカフェ。コーヒーはイタリアから直輸入したアラビカ豆を使用している。カフェとしてだけでなくフードメニューも評判で、特にシーフードを使った料理は人気。大人数でシェアして楽しめる。
【セブ】モアルボアルで一番のコーヒーが飲めると呼び名の高いカフェ。コーヒーはイタリアから直輸入したアラビカ豆を使用している。カフェとしてだけでなくフードメニューも評判で、特にシーフードを使った料理は人気。大人数でシェアして楽しめる。
【セブ】美味しいシーフードレストランが並ぶモアルボアルの中でも、絶品シーフード料理が堪能できると評判。新鮮な魚介をタイやインドネシア風、フィリピン風、インド風、中華とアレンジし提供している。いつも地元の人々や観光客、ダイバーたちで賑わう。
【セブ】美味しいシーフードレストランが並ぶモアルボアルの中でも、絶品シーフード料理が堪能できると評判。新鮮な魚介をタイやインドネシア風、フィリピン風、インド風、中華とアレンジし提供している。いつも地元の人々や観光客、ダイバーたちで賑わう。
【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。
【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】最高品質な料理をリーズナブルに提供することをコンセプトにする、美しい海を眺めながら食事ができるパブ・レストラン。メニューは、新鮮なその日の食材によって異なり、多国籍な料理を提供している。
【セブ】最高品質な料理をリーズナブルに提供することをコンセプトにする、美しい海を眺めながら食事ができるパブ・レストラン。メニューは、新鮮なその日の食材によって異なり、多国籍な料理を提供している。
【セブ】マラパスクア島で特に人気のイタリアン。本場のイタリア家庭料理を提供するアンジェリーナでは、オーナーの故郷であり世界的な美食の都、エミリア・ロマーニャのシンプルなオリジナルレシピを提供している。
【セブ】マラパスクア島で特に人気のイタリアン。本場のイタリア家庭料理を提供するアンジェリーナでは、オーナーの故郷であり世界的な美食の都、エミリア・ロマーニャのシンプルなオリジナルレシピを提供している。
【セブ】モアルボアルのパナグサマ・ビーチにある、茅葺屋根が目印のリゾートに併設されたレストラン。朝7時からオープンし、朝食メニューはブルーチーズを使ったデニッシュやパンケーキが評判。また、香り高いコーヒーはネグロス島から仕入れた豆を使用している。
【セブ】モアルボアルのパナグサマ・ビーチにある、茅葺屋根が目印のリゾートに併設されたレストラン。朝7時からオープンし、朝食メニューはブルーチーズを使ったデニッシュやパンケーキが評判。また、香り高いコーヒーはネグロス島から仕入れた豆を使用している。
【セブ】北海道の札幌では有名な、行列が絶えないラーメン店がセブに上陸。ハウスラーメンの味噌ラーメンは、濃厚ながら後味はすっきりとしていると評判。メンマなどのトッピングも豊富に用意されている。
【セブ】北海道の札幌では有名な、行列が絶えないラーメン店がセブに上陸。ハウスラーメンの味噌ラーメンは、濃厚ながら後味はすっきりとしていると評判。メンマなどのトッピングも豊富に用意されている。
【セブ】看板メニューの鶏白湯海老ラーメン(P340)が大人気。本格的なだしが効いたスープが自慢だ。日本風の内装で、まるで日本にいるかのような気分でラーメンが味わえる。また、トマトラーメンや納豆ラーメンといった変わり種ラーメンも提供している。
【セブ】看板メニューの鶏白湯海老ラーメン(P340)が大人気。本格的なだしが効いたスープが自慢だ。日本風の内装で、まるで日本にいるかのような気分でラーメンが味わえる。また、トマトラーメンや納豆ラーメンといった変わり種ラーメンも提供している。
【セブ】豊富なサイドメニューは、餃子に唐揚げ、海老マヨ、春巻きなど。醤油ラーメン&餃子のセットが人気で、替え玉(P100)も可能だ。【推薦者コメント】色々な種類のラーメンを取り揃えていますが、特につけ麺が美味しいと思うラーメン屋です。
【セブ】豊富なサイドメニューは、餃子に唐揚げ、海老マヨ、春巻きなど。醤油ラーメン&餃子のセットが人気で、替え玉(P100)も可能だ。【推薦者コメント】色々な種類のラーメンを取り揃えていますが、特につけ麺が美味しいと思うラーメン屋です。
【セブ】優勝軒のラーメンは、12時間かけてじっくりとダシを摂った自慢の豚骨スープが特徴。このスープをベースに、塩、醤油、担々麺、味噌と4つの味から注文できる。
【セブ】優勝軒のラーメンは、12時間かけてじっくりとダシを摂った自慢の豚骨スープが特徴。このスープをベースに、塩、醤油、担々麺、味噌と4つの味から注文できる。
【セブ】白、黒、赤と3種類の本格的な細麺豚骨博多ラーメンを提供するラーメン店!白は通常の豚骨ラーメン、黒は豚骨スープに、ローストしたニンニクとごま油で味付けした一番人気のラーメン。赤は辛みのある豚ひき肉と、チリオイルを加えたピリ辛豚骨ラーメン。
【セブ】白、黒、赤と3種類の本格的な細麺豚骨博多ラーメンを提供するラーメン店!白は通常の豚骨ラーメン、黒は豚骨スープに、ローストしたニンニクとごま油で味付けした一番人気のラーメン。赤は辛みのある豚ひき肉と、チリオイルを加えたピリ辛豚骨ラーメン。
【セブ】セブにある隠れ家的存在のこちらでは、打ちたて茹でたての蕎麦が堪能できる。鎌倉出身のオーナーが、こだわりの蕎麦を提供している。店内は、日本の伝統的な蕎麦店と、モダンさを融合した内装。まるで日本にいるかのように、落ち着いて食事ができる。
【セブ】セブにある隠れ家的存在のこちらでは、打ちたて茹でたての蕎麦が堪能できる。鎌倉出身のオーナーが、こだわりの蕎麦を提供している。店内は、日本の伝統的な蕎麦店と、モダンさを融合した内装。まるで日本にいるかのように、落ち着いて食事ができる。
【セブ】九州、沖縄料理をメインとしたセブの和食料理店。毎週、日本から届く新鮮な牛モツを使用したモツ鍋が人気だ。スープに牛モツの味がよくしみ込んだ鍋は、新鮮な野菜もたっぷりなので栄養満点。もちろん、〆は残ったスープにラーメンやご飯を入れて最後まで楽しむことができる。
【セブ】九州、沖縄料理をメインとしたセブの和食料理店。毎週、日本から届く新鮮な牛モツを使用したモツ鍋が人気だ。スープに牛モツの味がよくしみ込んだ鍋は、新鮮な野菜もたっぷりなので栄養満点。もちろん、〆は残ったスープにラーメンやご飯を入れて最後まで楽しむことができる。
【セブ】オーナーは、ミシュラン1つ星を獲得しているイギリス人シェフのジェイソン・アサートン氏。(彼はイギリスのセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏のもと、総料理長を務めた経験もある。)次々に新メニューが考案されるため、セブ在住者のリピーター客が多い。
【セブ】オーナーは、ミシュラン1つ星を獲得しているイギリス人シェフのジェイソン・アサートン氏。(彼はイギリスのセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏のもと、総料理長を務めた経験もある。)次々に新メニューが考案されるため、セブ在住者のリピーター客が多い。
【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキなど最高級のビーフのみを使用した肉料理が人気だ。おすすめは、テンダーロインをベーコンで巻きロブスターをトッピングしたサーフ・アンド・ターフ。
【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキなど最高級のビーフのみを使用した肉料理が人気だ。おすすめは、テンダーロインをベーコンで巻きロブスターをトッピングしたサーフ・アンド・ターフ。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。100%アメリカ産のアンガスビーフを使用した、テンダーロイン、リブアイ、サーロイン、バーガーステーキ、そしてトップブレード(ミスジ)などを提供。
【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。100%アメリカ産のアンガスビーフを使用した、テンダーロイン、リブアイ、サーロイン、バーガーステーキ、そしてトップブレード(ミスジ)などを提供。
【セブ】マクタン島にあるコンドミニアムの13回にある穴場レストラン。開放的な野外席からは、美しい夕日、そしてマクタン島やセブシティの夜景を眺めながら食事することができる。エレガントな内装は、まるで高級ホテル内のレストラン。
【セブ】マクタン島にあるコンドミニアムの13回にある穴場レストラン。開放的な野外席からは、美しい夕日、そしてマクタン島やセブシティの夜景を眺めながら食事することができる。エレガントな内装は、まるで高級ホテル内のレストラン。
【ボホール】リナウ・ビーチ・リゾート内のリーズナブルなレストラン。その日に入荷した新鮮なカニ、ムール貝、牡蠣やエビ類などの魚介が盛りだくさんのシーフードの盛り合わせが人気。スパイシーなビーフメキシカンも好評だ。
【ボホール】リナウ・ビーチ・リゾート内のリーズナブルなレストラン。その日に入荷した新鮮なカニ、ムール貝、牡蠣やエビ類などの魚介が盛りだくさんのシーフードの盛り合わせが人気。スパイシーなビーフメキシカンも好評だ。
【ボホール】人気のダイビングセンターがあるオアシス・リゾート内のレストラン。フィリピン料理を始め、様々なメニューが用意されているこのレストランの魅力は、何と言ってもビーチでの食事。海を眺めながら、リラックスして食事が楽しめる。
【ボホール】人気のダイビングセンターがあるオアシス・リゾート内のレストラン。フィリピン料理を始め、様々なメニューが用意されているこのレストランの魅力は、何と言ってもビーチでの食事。海を眺めながら、リラックスして食事が楽しめる。
【ボホール】新鮮で美味しい料理を提供するジュセッペのオーナーは、かつて5つ星ホテルのシェフをしていたイタリア人。ボホール島の魅力にひかれ、この地にレストランを開業したのが6年前だ。クオリティの高い料理を安定して提供し続け、中でも特にピザが好評。
【ボホール】新鮮で美味しい料理を提供するジュセッペのオーナーは、かつて5つ星ホテルのシェフをしていたイタリア人。ボホール島の魅力にひかれ、この地にレストランを開業したのが6年前だ。クオリティの高い料理を安定して提供し続け、中でも特にピザが好評。
【ボホール】食事、アクティビティ、宿泊、すべて揃ったボホール島のおすすめスポット。養蜂場があり特に好評なレストランでは、自家農園で有機栽培された食材を使用。屋外に設置された広々としたダイニングエリアは、そこから見下ろすように海を眺めることができる。
【ボホール】食事、アクティビティ、宿泊、すべて揃ったボホール島のおすすめスポット。養蜂場があり特に好評なレストランでは、自家農園で有機栽培された食材を使用。屋外に設置された広々としたダイニングエリアは、そこから見下ろすように海を眺めることができる。
【ボホール】ターシャ・ボタニカ・リゾート内にあり、素敵なオーシャンビューを眺めながら食事ができる予約必須のこちら。メイン道路から少し離れた場所にあり、静かにプライベートな空間で過ごしたい方にオススメだ。アジアン料理をメインに、本格的な多国籍料理を提供している。
【ボホール】ターシャ・ボタニカ・リゾート内にあり、素敵なオーシャンビューを眺めながら食事ができる予約必須のこちら。メイン道路から少し離れた場所にあり、静かにプライベートな空間で過ごしたい方にオススメだ。アジアン料理をメインに、本格的な多国籍料理を提供している。
フィリピンからあなたに最高の贈り物。LAKANは第53回モンド・セレクション金賞(蒸留酒・リキュール部門)を受賞したフィリピン原産のお酒です
フィリピンからあなたに最高の贈り物。LAKANは第53回モンド・セレクション金賞(蒸留酒・リキュール部門)を受賞したフィリピン原産のお酒です
【ボラカイ(フィリピン)】店内に足を踏み入れると明るい色調の壁と、センス良く並んだカラフルな椅子が一際目を引く。料理はフィリピン家庭料理を現代的にアレンジしたコンテンポラリーが中心。
【ボラカイ(フィリピン)】店内に足を踏み入れると明るい色調の壁と、センス良く並んだカラフルな椅子が一際目を引く。料理はフィリピン家庭料理を現代的にアレンジしたコンテンポラリーが中心。
【ボラカイ(フィリピン)】アジア料理にも定評があり、インドネシア料理からシンガポール料理まであらゆる料理を網羅。もちろんフィリピン料理も絶品。通常のテーブル席のほかに、ゆったりとくつろげるソファー席もあり。
【ボラカイ(フィリピン)】アジア料理にも定評があり、インドネシア料理からシンガポール料理まであらゆる料理を網羅。もちろんフィリピン料理も絶品。通常のテーブル席のほかに、ゆったりとくつろげるソファー席もあり。
【ボラカイ(フィリピン)】まるで森林のトンネルのような通路を通り抜けると訪れることができる、真の隠れ家レストラン。アットホームな雰囲気で、計量方式で提供しているチキンや魚の伝統的なフィリピン料理が味わえる。
【ボラカイ(フィリピン)】まるで森林のトンネルのような通路を通り抜けると訪れることができる、真の隠れ家レストラン。アットホームな雰囲気で、計量方式で提供しているチキンや魚の伝統的なフィリピン料理が味わえる。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイで1998年にオープンした最初のステーキハウス。オープン以来、地元の人々から支持を得ている。一番人気は、やはりテンダーロインステーキ。いつも新鮮なオーストラリア牛を使用し、注文を受けてから焼き始めて提供している。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイで1998年にオープンした最初のステーキハウス。オープン以来、地元の人々から支持を得ている。一番人気は、やはりテンダーロインステーキ。いつも新鮮なオーストラリア牛を使用し、注文を受けてから焼き始めて提供している。
【ボラカイ(フィリピン)】1996年のオープン以来、常連さんも多く訪れる人気のカフェ。オーナーがカフェをオープンするにあたり、世界中を探し求めて気に入った場所がボラカイだったそう。フードメニューはすべて自家製、素朴で家庭的な味が特徴だ。サンドイッチやオムレツといった軽食メニューが中心で、朝食メニューは1日中注文OK!
【ボラカイ(フィリピン)】1996年のオープン以来、常連さんも多く訪れる人気のカフェ。オーナーがカフェをオープンするにあたり、世界中を探し求めて気に入った場所がボラカイだったそう。フードメニューはすべて自家製、素朴で家庭的な味が特徴だ。サンドイッチやオムレツといった軽食メニューが中心で、朝食メニューは1日中注文OK!
【ボラカイ(フィリピン)】オシャレで美味しい朝食が楽しめると評判のカフェ。メニューはアメリカンなコンチネンタル風とフィリピン風の朝食が中心。そして朝の始まりで忘れてはならないのが淹れ立てのコーヒー。
【ボラカイ(フィリピン)】オシャレで美味しい朝食が楽しめると評判のカフェ。メニューはアメリカンなコンチネンタル風とフィリピン風の朝食が中心。そして朝の始まりで忘れてはならないのが淹れ立てのコーヒー。
【ボラカイ(フィリピン)】2015年にオープンしたばかりのこちらは、グリル料理激戦区の中でもひと際注目のレストラン。その理由は、“辛い”と言う意味の絶品ピリピリグリル。定番のチキングリル以外に、サンドイッチ、サラダなどにもピリピリソースを使用。
【ボラカイ(フィリピン)】2015年にオープンしたばかりのこちらは、グリル料理激戦区の中でもひと際注目のレストラン。その理由は、“辛い”と言う意味の絶品ピリピリグリル。定番のチキングリル以外に、サンドイッチ、サラダなどにもピリピリソースを使用。
【ボラカイ(フィリピン)】修行を積んだ日本人シェフが、ボラカイで日本と変わらず新鮮なネタの寿司を提供しているこちらのお店。一番人気は握り寿司。巻き寿司と軍艦寿司が主流のフィリピンの寿司屋とは違い、本格的な握り寿司がいただけるのが築地寿司バーの特徴だ。
【ボラカイ(フィリピン)】修行を積んだ日本人シェフが、ボラカイで日本と変わらず新鮮なネタの寿司を提供しているこちらのお店。一番人気は握り寿司。巻き寿司と軍艦寿司が主流のフィリピンの寿司屋とは違い、本格的な握り寿司がいただけるのが築地寿司バーの特徴だ。
【ボラカイ(フィリピン)】一際目を引く鮮やかな外観が目印のKasbahは、本格モロッコ料理を提供している。人気メニューのMIXED PLATTERは、チキン、ビーフ、クルマエビ、魚&ソーセージのモロッコの代表的なプロシュート4種類がのったお得な一品。
【ボラカイ(フィリピン)】一際目を引く鮮やかな外観が目印のKasbahは、本格モロッコ料理を提供している。人気メニューのMIXED PLATTERは、チキン、ビーフ、クルマエビ、魚&ソーセージのモロッコの代表的なプロシュート4種類がのったお得な一品。
【ボラカイ(フィリピン)】店の名前「Gasthof」とは、ドイツ語で「ゲストハウス」という意味。その名の通り店に入ると、友人宅にいるような気分でくつろげる雰囲気のドイツ料理レストランだ。2000年のオープン以来、ポークナックルや子牛のカツレツなどの定番ドイツ料理を提供している。
【ボラカイ(フィリピン)】店の名前「Gasthof」とは、ドイツ語で「ゲストハウス」という意味。その名の通り店に入ると、友人宅にいるような気分でくつろげる雰囲気のドイツ料理レストランだ。2000年のオープン以来、ポークナックルや子牛のカツレツなどの定番ドイツ料理を提供している。
【ボラカイ(フィリピン)】穴場スポットのブラボグビーチに位置し、多国籍を中心とした創作料理が中心だ。ヨーロッパからのツアー客に、特に支持を得ている。人気のメニューはソーセージとマッシュポテト。
【ボラカイ(フィリピン)】穴場スポットのブラボグビーチに位置し、多国籍を中心とした創作料理が中心だ。ヨーロッパからのツアー客に、特に支持を得ている。人気のメニューはソーセージとマッシュポテト。
【ボラカイ(フィリピン)】リージェンシー・リゾートに併設された人気のレストラン。高級感溢れるワンランク上の食事を提供している。店内だけでなく日が沈む頃から白い砂浜にテーブルが並べられ、ロマンティックな夕食をビーチで楽しむことができる。料理はイタリアンが中心の多国籍フュージョン料理。
【ボラカイ(フィリピン)】リージェンシー・リゾートに併設された人気のレストラン。高級感溢れるワンランク上の食事を提供している。店内だけでなく日が沈む頃から白い砂浜にテーブルが並べられ、ロマンティックな夕食をビーチで楽しむことができる。料理はイタリアンが中心の多国籍フュージョン料理。
【ボラカイ(フィリピン)】様々なレストランが立ち並ぶDモール内、その中でもひと際存在感を放っているのがギリシャ料理の専門店シーマだ。シーマはマニラを始めフィリピン各地で支店を有するギリシャ料理の老舗。
【ボラカイ(フィリピン)】様々なレストランが立ち並ぶDモール内、その中でもひと際存在感を放っているのがギリシャ料理の専門店シーマだ。シーマはマニラを始めフィリピン各地で支店を有するギリシャ料理の老舗。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイのステーション2にあるディストリクトボラカイリゾートに位置するこのレストランは、マカティで有名なイタリア料理店カルーソの姉妹店。ここで腕を振るっているシェフは全員本店オーナーGardini氏のお墨付き。
【ボラカイ(フィリピン)】ボラカイのステーション2にあるディストリクトボラカイリゾートに位置するこのレストランは、マカティで有名なイタリア料理店カルーソの姉妹店。ここで腕を振るっているシェフは全員本店オーナーGardini氏のお墨付き。
【コロン】市場直営の海鮮レストランのプライドと自信で家庭的な料理を提供。フィリピンのフライパンkawaliでサーブされる料理は店の名物。多くの料理がkawaliにのって運ばれる。
【コロン】市場直営の海鮮レストランのプライドと自信で家庭的な料理を提供。フィリピンのフライパンkawaliでサーブされる料理は店の名物。多くの料理がkawaliにのって運ばれる。
広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel