ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Just Thai ジャスト・タイ

Just Thai ジャスト・タイ

【アラバン】タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : アラバン店:Madrigal cor. Zapote-Alabang Rd., Molito Lifestyle Building, Alabang, Muntinlup
    タギッグ店:Forbes Town Center, Burgos Circle, BGC, Taguig
  • TEL : 02-403-8718/02-808-4058
  • 営業時間 : アラバン店:11時~14時、15時~22時
    タギッグ店:11時~15時、17時30分~22時30分
  • FB : Just-Thai-Molito-Alabang/333645680079762?rf=313252889113472
  • ゆったりした空気が流れるMolito支店

     

    サテ風味のチキンが絶品 Gai Sate(P300)

     

    エビとガーリックが最高のコンビ Kung Kratiem(P500)

    Chicken Noodle Soup(P220)は美味しくてコスパも◎

     

    Khao Niao Ma Muang(P260)ほんのり甘い餅と新鮮なマンゴーにココナッツミルクをかけて

     

    定番のグリーンパパイヤサラダ Som Tam(P220)

     

    上から時計回りにVegetables and Tofu in yellow curry(P280)、Chicken in Green Curry(P390)、Beef in Red Curry(P450)

     

    2階にも席がある

     

    GAENG KHIAO WAN GAI Chicken in Green Curry(P390)

     

    GAENG PHET Beef in Red Curry(P450)

     

    GAENG PHET Beef in Red Curry(P450)

     

    Lemon Grass

     

    タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。多くの食材はタイから輸入し、ハーブはパラニャーケにある菜園で育てたものを使用。現在BGCとアラバンのMolitoに支店を構え、特にBGC店はランチになると多くのオフィスワーカーで賑わう。ベストセラーはエビのガーリック炒めのKung Kratiem)やグリーンパパイヤサラダのSom Tum(P220)。また、ライスヌードルとマイルドなスープが美味しいChicken Noodle Soupやサテ風味の串焼きGai Sateもおすすめ。デザートが好きならKhao Niao M Muang(P260)は外せない。

    2018年07月16日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【アラバン】タイ料理に惚れ込んだオーナーとその家族がオープンしたレストラン。バンコクの有名なレストランのシェフから受け継いだオーセンティックかつ伝統的なレシピが自慢。
    【マカティ】10店舗ほどキオスクを展開するベトナム人経営のバインミー専門店。本店ではオーナーが常駐し、自らバインミーを作っている。パンは毎朝焼き、余ったパンは次の日に持ち越さない。
    【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
    【マカティ】1994年から営業しているペニンシュラホテルの老舗。東南アジア各国の料理を取りそろえる。カレーメニューはインドのButtered ChickenやタイのGaeng Kiew Warn Goong, Gaiをはじめ、全部で8種類。
    【フォートボニファシオ】ロサンゼルスを中心に展開するタイ風バーベキューのチェーン店。BGCの和食料理店「おがわ」と同グループが手掛ける。スペアリブやサテ風味の串焼きなど看板メニューであるグリル料理に加え、マニラ支店ではアメリカの本店にはないパッタイやトムヤンクンなどの王道のタイ料理も提供する。
    【マカティ】2013年から営業しているマニラでは数少ないパキスタン料理店。パキスタン人一家が経営。カラチ、ラホール、イスラマバードなどの都市のご当地グルメを提供しており、どれもイスラムの教えに沿ったハラール料理となっている。
    【プエルトガレラ】ビーチの上に建つレスト・ベランダ。海を間近に見下ろしながら新鮮なお食事が楽しめる。スイス人のシェフはベテランで、ヨーロッパ、中東、アジア(特に日本)で仕事をした経験がある。
    【マカティ】デュシタニホテルの看板タイ料理レストラン。バンコクやマレーシアの高級ホテルで13年経験を積んだタイ人シェフが作る料理はどれもハズレなし。おすすめのGaeng Massaman Nueaはビーフの肩のお肉とピーナッツやカシューナッツで作ったまろやかなソースが美味しい。
    【バコロド】2012年に、オーナーの家族・友人向けのガーデンレストランとしてオープンした正統派ベトナム料理のレストラン。その後、フードブロガーやシェフの間で話題になり、後に一般向けにも営業を始めた。
    自然のお庭をイメージした作りの店内で、出来たてのタイ料理を楽しむことが出来る。また、多くのハーブやスパイスを使っているのも特徴。メトロマニラにいくつか支店があるので、ぜひ足を運んでみて。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel