ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 【閉店】Prince of Jaipur(プリンス オブ ジャイプール)

【閉店】Prince of Jaipur(プリンス オブ ジャイプール)

【Prince of Jaipur(プリンス オブ ジャイプール)は閉店しました】ベリーダンスショーや水パイプも楽しめ、何度訪れても飽きる事は無い上品で繊細なインドの本格宮廷料理が楽しめます。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : ザ・フォート店:Unit E- Fort Bonifacio Global City Taguig Bagumbayan, LibisQuezon City, MM
  • TEL : ザ・フォート店: (02) 884-1692 to 884-1694
  • 営業時間 : 11:00 - 14:30(lunch) / 18:00 - 00:00(dinner) 
    取り扱いカード:メジャーカードは取り扱いOK
  • 【追記:Prince of Jaipur(プリンス オブ ジャイプール)は閉店しました】

     

    エキゾチックな雰囲気が漂う、北インドを満喫できる本格宮廷インド料理

     

    ここは本当にマニラなの?そう一瞬目を疑う異国情緒漂う店内。インドの首都デリーから260km、ピンクシティーと異名を持つジャイプールを彷彿するピンクの壁とインドらしい装飾は、すべて、オーナーのマックス・タルレジャさんによるもの。

    マニラに住む外国人たちに定評なプリンス オブ ジャイプールは、人気のバーやレストランの集まるフォートボニファシオのザ・フォート(The Fort)の中でも、最も知名度が高いレストランの1つです。
    インド各地から集めた香り豊かなスパイスを細心にブレンドしたカレーは絶品。炭火タンドール(窯)で焼き上げられるナンはプレーンやガーリックなど、香ばしく、中はふんわり。インド宮廷料理を代表する一品、タンドーリーチキンは、"プリプリ感"と"ジューシー感"に驚かれること請け合いです.

    ベリーダンスショーや水パイプも楽しめ、何度訪れても飽きる事は無い上品で繊細なインドの本格宮廷料理が楽しめます。

    ●用途
    お友達とのスペシャルな日や、ビジネスディナーに。
    ●店内の雰囲気
    エキゾチックなインドにトリップしたような雰囲気。
    ●予算
    800ペソ?/人
    ●オススメメニュー
    *Raan Masala - ラムのマサラカレー
    *Amritsari Fish - インド風魚の天ぷら
    *Roti Chanal - インドのパンケーキ
    *Skewer Special - タンドールグリルのセット



    水パイプも楽しめる。


    スパイスがほどよく効いたタンドリーチキン。


    野菜料理も豊富。ヒヨコ豆のカレー。

    辛いカレーにおすすめは、スウィートラッシー! フィリピンならではの、甘く濃厚なマンゴーラッシーが刺激的なカレーにぴったり。 フォートボニファシオ以外にも、ケソン市イーストウッドにもお店があるよ。

    2007年12月10日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 3 件

    印度駐在 | 
     

    美味しいけど、価格設定は味以上と思います。

    mizu | 
     

    シャワルマがおいしいですよ!!

    Aki | 
     

    Potato Tikkiがオススメです。
    コロッケみたいに外はカリッと中はホクホクです。
    是非おためしあれ!

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】広東、シンガポール、インドネシアなど、アジア各国のさまざまな国や地域にインスピレーションを受けた創作料理が人気のレストラン。Torched Salmon Doburi(写真〓)は黒米を使ったサーモンの焙り丼。
    【マカティ・レガスピ】インドネシアを本拠とし、インドネシアやシンガポールに60店舗ほど展開するレストランのフランチャイズ。
    【マカティ・レガスピ】フィリピンでは数少ないオーストラリア料理レストラン。ハンバーガー、ステーキ、パスタ、サラダ、ミートパイなど、幅広い種類の料理が楽しめる。
    【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
    【アラバン】ダンなチャイニーズビストロで、シンガポール、広東、フィリピン料理のバラエティに富んだ料理が人気。中でもThomson Road Roasted Pork Platterが人気。甘辛い特製タレに漬け込み、こんがり焼いた厚切りポークはお好みでそのままいただいても、クアパオに挟んでもよい。
    【Toast Box トースト・ボックスは閉店しました】ココナッツジャムとバターを挟んだシンガポール定番の朝食、「カヤトースト」を看板メニューに掲げたシンガポール発祥のカジュアルなレストラン。マニラではグリーンベルト5やSMオーラを始め、6店舗ほど展開している。
    【マカティ】アジアやヨーロッパの味を取り込んだモダンな料理がグルメの間で大人気。シェフは、SALA RESTAURANTも手掛けるColin Mackay氏。店舗自体はかつてNielson Towerと呼ばれる管制塔を改造したもの。
    【タギッグ】ベトナムから取り寄せた食材を使い、オーセンティックな味にこだわる。揚げ春巻きにはフィリピンでは珍しいメッシュ状の皮が使われており、サクッとした仕上がりが美味しい。
    【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。
    【マカティ、サルセド】アジア各国の創作料理を提供するおしゃれなバー・レストラン。Antel Corporate Centerの2階に構え、全120席と程よい広さ。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel