ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Cordillera Coffee (コルディリエラ コーヒー)

Cordillera Coffee (コルディリエラ コーヒー)

フィリピンアートを楽しみながら味わい深いコーヒーに舌鼓。オーガニックにこだわる自然派カフェです。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Riverbanks Center 84 A. Bonifacio Road, Barangka Marikina
  • TEL : (02) 482-2515
  • 営業時間 : 7:00~1:30am
  • 休日 : なし
  • こだわりオーガニックカフェ

    世界遺産バナウエの棚田で有名なルソン島北部の山岳地帯であるCordillera(コルディリエラ)地区。その山岳エリアで採れるコーヒー豆を農民から直接買い取るフェアトレードで農民をサポートし、美味しいオーガニックのコーヒーを提供しているCordillera Coffee(コルディリエラ コーヒー)。



    オーナーのグレース・ヤンさんは、Cordillera(コルディリエラ)地区出身。アメリカ人の旦那さんと一緒に、マリキナ市にCordillera Coffeeをオープン。さらにCoffee A.I.D. (Assistance for Indigenous Development)を設立しコーヒーを栽培する農民たちを支えています。
    月に1度、農民にオーガニックコーヒーの栽培方法のトレーニングを行ったり、コーヒーは収穫時期が1年に1回のため収入時期が偏る農民のために、先に購入金額を支払い、農民たちの自立を促すサポートも行っています。



    コーヒーに限らず、Cordillera Coffeeで使用する食材のほとんどがオーガニック。マニラの著名なレストランのシェフが考案したフィリピンの伝統的食材を上手に西洋料理とミックスしたメニューはとっても斬新。しかも値段はどれも150ペソ以下とリーズナブル。人気のメニューは、フィリピンの古代米とイタリアの味の融合。ミネラル、ビタミンなどがバランス良く豊富に含まれている赤米を使ったリゾットです。また、フィリピンの伝統的なもち米のお菓子スマンや濃厚なチョコレートケーキなどデザートも豊富。


    そして注目したいのが、カフェをサポートするアーティストとのコラボレーション。お店の中には、所狭しとフィリピンアーティストの作品(写真・絵画)が飾られ、定期的にミュージシャン達によるイベントも開催されています。フィリピンを代表するエスニックロックアーティストのCynthia Alexander (シンティア・アレクサンダー)も参加者の一人とか。


    コーヒー豆栽培農民を支える人、そしてそれをさらに支える人たちによって愛され続けるカフェ、Cordillera Coffee。フィリピンの温かさを奥深いコーヒーで感じませんか?




    ●用途:お友達や家族でゆっくりしたいとき
    ●店内の雰囲気:明るく開放的
    ●予算:P100前後
    ●オススメメニュー:
     *Cordillera risotto(オーガニック赤米のリゾット)- P90
     *Spicy Pasta(アンチョビを使ったぺペロンチーノ)- P90
     *Café Kalinga
      (オレンジとシナモンの風味の効いたホットコーヒー)- P85
     *Café Tortoni
      (ココナッツとアーモンド入り南国味のコーヒーシェーク)- P110
     *Mt. Pulag Expresso Crunch
      (クラッシュコーヒービーンズ入りコーヒーシェイク)- P105



    オレンジとシナモンの風味の効いたホットコーヒー(P85)。


    アンチョビを使ったぺペロンチーノ(P90)。


    ココナッツとアーモンドが入った南国味のコーヒーシェーク(P110)


    オーガニックのコーヒー豆や茶葉はもちろん購入可。本格こだわりカフェの味を、自宅で再現できちゃいます。また毎週水曜日にはバギオ産のオーガニック野菜の販売もアリ!カフェでまったりしつつ新鮮もお野菜もゲットできて一石二鳥♪

    2008年08月11日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【チャイナタウン】1956年にCarvajal通りの路地裏に開店した老舗。店名の「Sincerity」とは「誠実な」という意味。
    Holiday Series 北海道チーズラテ HOKKAIDO CHEESE LATTE
    【マカティ・レガスピ】旅行先でカフェを訪れることが大好きな夫婦が経営するカフェ。2019年10月にオープンし、早くも女性に人気のカフェに。店名のBADはオーナー二人の名前(Brian and Dianne)の頭文字から。
    【マカティ・レガスピ】明るいウッドとカラフルな色使いがおしゃれなカフェ。本業はコーヒー豆やRocket  Espresso、La Marzoccoと言ったメーカーのコーヒー機器を飲食店に提供するサプライヤーで、商品の紹介も兼ねてコーヒーの知識を広げるためのワークショップを行うために店舗を設けたことから始まった。
    【マカティ・レガスピ】おしゃれなインテリアと、豊富な種類のパンやスイーツで知られる人気店。カウンターにはパン、それにタルトやパイなどのスイーツがずらっと並び、きれいな焼き色と香ばしい香りに食欲がそそられる。
    【マカティ・レガスピ】安定したクオリティーを提供するオーストラリア発祥のカフェチェーン。上質な豆を使ったコーヒーはとても美味しく、アツアツではなく飲みやすい熱さで運ばれてくるのが嬉しい。朝食やランチにぴったりの軽食やデザートを提供する。
    【マカティ・レガスピ】レガスピビレッジのLegazpiストリートとPalancaストリートの角に構える、知る人ぞ知る隠れ家カフェ。イギリスのメディアによるAsia’s 50 Best Bars(アジアのベストバー50)に4年連続で選ばれた。
    【マカティ・レガスピ】レガスピビレッジの地元でよく知られたカフェ。輸入品のコーヒーを売りにしているカフェが多い中で、当店はフィリピン産の豆を使用し、現地のコーヒー農園を支持している。
    【マカティ・レガスピ】比較的低価格なコーヒーを提供する小さなカフェ。こぢんまりとした店内だが、片方の壁が全部窓になっており開放的。
    【マカティ・レガスピ】1973年、ニューヨークのチーズショップから始まり、その後セレブ御用達のデリカテッセンとして人気を得たお店。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel