ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > Aubergine オーベルジーヌ

Aubergine オーベルジーヌ

フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 2/F 32nd and 5th bldg, 5th Ave. cor. 32nd St., Fort Bonifacio.Taguig 
  • TEL : 02-856-9888
  • 営業時間 : 月〜日曜 11時30分〜14時/18時〜22時
  • 休日 : なし

  • フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。 昨年のManila's Best Kept Restaurant Secrets Awardsでは、Best Continental Cuisine Awardを受賞した。ノルウェーやフランス産のシーフード、オーストラリア産のラムなど、原産地にこだわり仕入れた食材が、熟練のシェフたちの手によって芸術的な料理へと生まれ変わっていく。 French duck foie gras and duck breast delight(写真①)はぜひお試し頂きたい一品。フランス産の濃厚なフォアグラと鴨の胸肉が絶妙の組み合わせ。料理と一緒に楽しみたいワインはなんと140種類以上という大充実の品揃えだ。  おすすめのデザートは5種類のスイーツを一度に楽しめるDessert Sampler(写真③)。目でも舌でも楽しませてくれる繊細な細工が施されたデザートは、どれもため息が出るおいしさ。  約3ヶ月に一度見直されるメニューや日替わりのシェフ・スペシャルなど、その時にしか出会えない料理も多いので、リピーターのニーズにも抜かりなく対応してくれる。ロマンティックな ムード満点なので、特別な日のデートにぴったりだ。

    2013年11月25日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
    【タガイタイ】ディスカバリー・カントリー・スイーツ内の世界的にも高く評 価されているこちらのレストランは、宿泊客以外も利用するこ とができる。エグゼクティブシェフが手掛ける独創的な料理 は、現地の農家から仕入れた新鮮な食材を使用。
    【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。
    【ダバオ】ダバオシティのショッピングモール内にある本格フレンチレストラン。オーナーは、イブス・モネスティエ氏と妻でありシェフのロザリーさん。オープン以来、高い評価を得ている。
    【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
    【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
    【パラニャーケ】BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。
    【アップタウン】こちらのマレーシア生まれのアメリカンフード店は、まるごとリブが大人気。人の指先からひじ程の長さもある巨大なリブは3時間かけてじっくりローストし、マレーシアの本店で調合した特製タレを絡めて完成。脂肪分の少ない赤身のお肉は、フォークだけで削ぎ取れるほど柔らかい。
    【ポブラチオン】フレンチを学んだフィリピン人 シェフとアイルランド人ビジネスマ ンのご夫婦が様々なアイデアを調合して生み出した独創的なレストランバー。1階では研究室をイメージ したインテリア、試験管に入ったショット、斜めのグラスなどユーモアに溢れた小物と、ラウンジのようにくつろいだ空間で、食事とお酒、ラ イブバンドが楽しめる。
    【センチュリーシティ】ガーデン風のインテリアがおしゃ れなカフェ。メニューは「フレンチ・ ジャパニーズ・フュージョン」と称し、日本の食材を使用し、フレンチの調理法で作った創作料理が並ぶ。料理も美味しいが、デザートは特に高く評価される。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel