ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる Eat > Aubergine オーベルジーヌ

Aubergine オーベルジーヌ

フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。

Aubergine オーベルジーヌ の店舗情報

  • 住所 : 2/F 32nd and 5th bldg, 5th Ave. cor. 32nd St., Fort Bonifacio.Taguig 
  • TEL : 02-856-9888
  • 営業時間 : 月〜日曜 11時30分〜14時/18時〜22時
  • 休日 : なし

  • フォートボニファシオの一角に燦然と輝く、著名人も多く通う本格フレンチレストラン。モダンな空間が広がる店内には、ガラス張りの広々としたオープンキッチンがあり、料理が出来上がるまでの工程を肌で感じる事ができる。 昨年のManila's Best Kept Restaurant Secrets Awardsでは、Best Continental Cuisine Awardを受賞した。ノルウェーやフランス産のシーフード、オーストラリア産のラムなど、原産地にこだわり仕入れた食材が、熟練のシェフたちの手によって芸術的な料理へと生まれ変わっていく。 French duck foie gras and duck breast delight(写真①)はぜひお試し頂きたい一品。フランス産の濃厚なフォアグラと鴨の胸肉が絶妙の組み合わせ。料理と一緒に楽しみたいワインはなんと140種類以上という大充実の品揃えだ。  おすすめのデザートは5種類のスイーツを一度に楽しめるDessert Sampler(写真③)。目でも舌でも楽しませてくれる繊細な細工が施されたデザートは、どれもため息が出るおいしさ。  約3ヶ月に一度見直されるメニューや日替わりのシェフ・スペシャルなど、その時にしか出会えない料理も多いので、リピーターのニーズにも抜かりなく対応してくれる。ロマンティックな ムード満点なので、特別な日のデートにぴったりだ。

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    店の扉をくぐると、なんだか昔へタイムトリップした気分に。古き良き昭和の喫茶店を思わせるインテリアに、暖かみのある落ち着いた照明、掛け時計の音が時を刻む店内には、決して広くはないものの懐かしさを覚える空間が広がっている。
    重厚感のある木製のバーカウンターやテーブルが並ぶ店内に一歩足を踏み入れると、そこはまるでアイルランド!? イメージカラーのグリーンを基調とした本格アイリッシュパブ、Murphy'sでくつろいでいると、ここがフィリピンである事を忘れてしまいそうだ。 こちらのパブでぜひ味わいたいのは、当然ながらアイリッ シュビール。
    隠れ家バーにもほどがある!?店の前を通り過ぎてもまずここがバーだと気づく人はいないであろう、客を食ったような遊び心たっぷりのバー。
    本を読んだり音楽を聴いたりしながら、ゆったりとした時間を過ごしたい向きにぴったりのカフェ。
    今年5月のオープン以来、夜ごと地元客で満席になる噂の穴場レストラン。ペニンシュラといった一流ホテルのレストランなどで腕を磨いたシェフたちの料理が、特に女性客をとりこにしている。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel