ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる Eat > Claude’s Le Café de Ville クロードズ・ル・カフェ・ド・ヴィル

Claude’s Le Café de Ville クロードズ・ル・カフェ・ド・ヴィル

【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。

Claude’s Le Café de Ville クロードズ・ル・カフェ・ド・ヴィル の店舗情報

  • 住所 : The Oboza Heritage House, 143 Rizal St., Davao City
  • TEL : (082) 222-4287 / (082) 227-9405
  • 営業時間 : 11時〜23時
  • WEB : www.claudescafedavao.com/
  • ①FILLET OF BEEF TENDERLOIN WITH PEPPER SAUCE (200g/P715)

    ②SALAD NICOISE(P330)

    ③インテリアも魅力

     

    地元で人気のステーキとワインを堪能

     

    ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。フランス人であるル・ネインドレ家は、伝統的なフランス料理と地中海料理をここダバオで提供している。風味豊かなスープ、完璧に調理された牛フィレ肉のステーキ、ビネグレットソースの新鮮なサラダが特に人気だ。

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    【ダバオ】1999年、高台にあるリゾート内にオープンしたこの店は、常にこの地域で人気のフィリピン料理レストラン。高台からの見晴らしがよく、夕食時の雰囲気は抜群でデートスポットとして有名だ。
    【ダバオ】人里離れた場所に位置するアットホームな雰囲気の、約50席のオープンエアーレストラン。たっぷりのイカスミを使用したパエリアは、オーナー自慢の逸品で地元では有名。数人でシェアできるボユームで、カラマンシーを絞って酸味を足すとまた違った風味が味わえる。
    【ダバオ】ダバオ市に数あるシーフードレストランの中でも最高のマグロ料理が食べられることで人気のこちら。「マグロと魚介料理の聖地」としてローカルを始め観光客からもファンが多く、マグロのカマ焼きやマグロの中落ちのツナ・ベリーなど10種類ものマグロ料理を提供している。
    【ダバオ】昨年マニラにも支店がオープンしたカジュアル・ダイニング・シーフード・レストランの本場。そのユニークな食事の方法は、”手づかみ“が基本だ。テーブルの上にサーブされたカニやエビ、ライスも手で食べるフィリピンのカマイ・カイナンのスタイル。
    【ダバオ】市内で最高のシーフードレストランと評価が高く、雰囲気も抜群なレストラン。カウンターの新鮮な魚介の中から素材、調理法を選びオーダーすることが可能。焼き、蒸し、スープにも対応してくれる。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel