ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > Claude’s Le Café de Ville クロードズ・ル・カフェ・ド・ヴィル

Claude’s Le Café de Ville クロードズ・ル・カフェ・ド・ヴィル

【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。

店舗情報

  • 住所 : The Oboza Heritage House, 143 Rizal St., Davao City
  • TEL : (082) 222-4287 / (082) 227-9405
  • 営業時間 : 11時〜23時
  • WEB : www.claudescafedavao.com/
  • ①FILLET OF BEEF TENDERLOIN WITH PEPPER SAUCE (200g/P715)

    ②SALAD NICOISE(P330)

    ③インテリアも魅力

     

    地元で人気のステーキとワインを堪能

     

    ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。フランス人であるル・ネインドレ家は、伝統的なフランス料理と地中海料理をここダバオで提供している。風味豊かなスープ、完璧に調理された牛フィレ肉のステーキ、ビネグレットソースの新鮮なサラダが特に人気だ。

    2017年04月02日更新

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他(フレンチ,ミンダナオ,ダバオ)レストラン情報

    【タガイタイ】ディスカバリー・カントリー・スイーツ内の世界的にも高く評 価されているこちらのレストランは、宿泊客以外も利用するこ とができる。エグゼクティブシェフが手掛ける独創的な料理 は、現地の農家から仕入れた新鮮な食材を使用。
    【ダバオ】ダバオ市で1996年より最高級のフランス郷土料理を提供し続け、フレンチレストランのパイオニアとして知られている。店内はアンティークのインテリアで飾り付けられ、中世のヨーロッパを彷彿するオシャレなインテリア。
    【ダバオ】ダバオシティのショッピングモール内にある本格フレンチレストラン。オーナーは、イブス・モネスティエ氏と妻でありシェフのロザリーさん。オープン以来、高い評価を得ている。
    【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
    【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel