ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Tito Chef ティト・シェフ

Tito Chef ティト・シェフ

【パラニャーケ】BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 2 Adelfa St., cor. President’s Ave., Tahanan Vill., Sucat, Parañaque
  • TEL : 02-842-5577 / 02-238-0968
  • 営業時間 : 10時~23時
  • FB : TitoChefRestaurant
  • ①ボードレーズソースととろけるような牛タンが絶品 Lengua Bordelaise(P495)

    ②盛り付けが美しい Aussie Lamb Paella(P530)

    ③あちこちに配置されたアンティークな小物がアクセント

    ④個室のひとつ。どこかヨーロピアンレトロな雰囲気がおしゃれ

    ⑤焦げ風味が美味しい照り焼き Broiled Teriyaki Chicken(P395)

    ⑥自然光が心地よい窓際の席

    ⑦3つの個室のうち、一番大きい部屋は20~30人収容。モダンなインテリアが特徴

    ⑧マンゴードレッシングとフルーツが美味しいサラダ Fruit Melange Salad(P295)

    ⑨あっさりした味付けがサーモンの旨みを引き立たせる Cedar Grilled Salmon Fillet(P495)

    Duck Confit Salad(P795)

     

    BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。個室のデザインもおしゃれで、パーティや会食に是非利用したい。肝心の料理は、伝統的なフレンチの調理法に基づき、少々フィリピン人の好みに調整されつつも十分に美味しく整えられた味付け。レストランに併設されたパティスリーでは、オーダーメイドのデコレーションケーキや自家製の板チョコなど、かわいいスイーツが勢ぞろい。地元の日本人もよく訪れるそうで、ステーキやグリル料理をよく注文するとのこと。

    2016年09月30日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
    【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
    【タギッグ】以前BGCで人気だったChampetreレストランのフランス人シェフ、Marc Aubry氏が手掛けるレストラン。提供する正統派フレンチにはなるべく現地で採れた食材を使うように工夫している。また、オーガニック食材も多く使用。Market Menu(P1,250)と呼ばれるコースは、仕入れた食材によって毎週メニューを入れ替えている。
    【タギッグ】BGCのEnderun College内に店を構えるフレンチレストラン。当店では、一流のスタッフと共に、キャンパス内で調理・ホスピタリティを専攻する生徒も働いている。三つ星シェフAlan Ducasseの理念に基づく教育を受ける生徒達の質は高い。
    【タギッグ】以前BGCのW Fifthビル屋上にあったフレンチレストランのコンセプトを一新し、もうウ少しカジュアルなカフェレストランとして、新しいロケーションにオープン。こじんまりとした店内はガーデン風のデザインが施されており、かつてのレストランの名残がある。
    【マカティ】人気店Mamouの経営者Ms. Malouが、友人達と手掛けるヨーロピアンレストラン。本場パリで修行を積んだシェフMs. Katrina監修の本格的なフランス料理が頂ける。スターターには是非、フランス産エスカルゴを。フランス産バターを加えたソースと頂くサーモンのソテーは、クリーミーかつ重すぎない爽やかなバターの風味を感じる。
    【マラテ】マニラにあるホテルのレストラン。名門デ・ラ・サール大学とのパートナーシップによりホテル&マネージメントの授業を提供しており、教授を務めるフランス出身のシェフピエールが料理を振る舞う。卒業を間近に迎えた生徒たちが料理人やウェイターを務める。
    【アラバン】アラバンのフェスティバルモールにあるカジュアルなフレンチビストロ。ビーフブルゴーニュなどの定番のフレンチに加え、ワインと合うフレンチタパスがメニューに並ぶ。
    【マカティ】2018年10月にオープン。サルセドパークの向かいにあるコンドミニアムの1階に構える。モダンなインテリアがおしゃれ。屋外席やバーもあり、イベントでお店を貸切ることも可能。セレブや政治家がよく利用する。
    【パサイ】マニラに位置する5つ星ホテル・ソフィテルの中に入り、右に向かって進むとあるのがフレンチレストラン、Le Bar. 2016年にオープンしたレストランは、ラウンジ席、テラス席を含む180席を構えている。オシャレなラウンジにはゆったりとした空間が広がる。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel