ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > AKITAYA JAPANESE RESTAURANT 日本料理 秋田屋

AKITAYA JAPANESE RESTAURANT 日本料理 秋田屋

秋田県人なら知らない人はいない郷土料理の数々を、ここマニラで楽しませてくれるのが秋田屋。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : マカティ店:U-148 G/F MILE LONG Bldg.,Amorsolo St., Legaspi Vill.,Makati
    BFホームズ支店:343 El Grande Avenue, Parañaque
    MCS支店:Mezanine 1, Makati Central Square Fernando St,. Cor., Don Chino Roces Ave, Pio Del Pilar Makati
  • TEL : マカティ店:02-813-7475
    BFホームズ支店:02-819-6014
    MCS支店:02-503-3994/0917-106-0328
  • 営業時間 : マカティ店:11時~14時/18時~23時(日曜17時30分~22時30分)
    BFホームズ支店:11時30分~14時30分、17時30分~23時
    MCS支店:月~土曜 11時30分~14時、17時30分~23時/日曜 11時~14時、17時30分~22時30分
  • 休日 : なし
  • FB : akitaya18
  • ①おすすめのきりたんぽ鍋
    ②香ばしくてもちもち、きりたんぽ焼き

     

    きりたんぽ、ハタハタ、とんぶり、じゅんさい、秋田県人なら知らない人はいない郷土料理の数々を、ここマニラで楽しませてくれるのが秋田屋。
    店いちおしのきりたんぽ鍋(P1,200/2~3人前)は、もちもちのきりたんぽと鶏肉、新鮮な野菜がたっぷり入ってボリューム満点。残ったスープにはうどんを入れたり、おじやにしてもいいですね。
    きりたんぽの串焼き(P150/1本)はピリ辛の柚子胡椒、さっぱりしたしょう油、濃厚な味噌の3種。
    ぷちぷちの食感がたまらないとんぶりは、オクラや納豆で和えたりと、各素材そのもののうまみが生かされたバラエティ豊かな味わいを楽しむことができます。

    秋田屋MCS支店

     

    きりたんぽ鍋(P1,200)はマストトライ!

     

    秋田名物きりたんぽ

     

    Makati Central Squareの中二階に新オープン

     

    本店と変わらない落ち着いた店内

     

    4つの個室はそれぞれ4人、6人、6人、13人収容。つなげると34人収容可能

     

    2018年10月10日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】今ホットなエリアでもあるマカティのポブラシオンにソフトオープンした、新しいタイプのフードパークを超えたエンターテインメントスペースが、ここModern Dining Hub PLATINA(モダン・ダイニング・ハブ・プラチナ)。 日本食は16店舗あり。フィリピンのここマニラで海外出店のテストマーケティングの場としてお店をオープンすることが出来る。
    食の激戦区大阪2店舗を構える「鉄板焼満月」より大河内氏が常駐する海外第1号店。当店は鉄板焼カウンターと個室で構成。
    【マカティ】2018年12月にマカティのチノ・ロセスにオープン。厳選高級品の和牛から、ホタテ、エビ、カニなどの新鮮な海鮮を取りそろえており、一押しは美味しい物だけを選び抜いたタラバガニ。全ての海鮮は北海道から急速冷凍をさせ、直輸入している。毎日10時~15時の間はランチセットも提供。焼肉や高級海鮮にかぎらず、丼やスープなどもあり種類豊富。
    立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
    【Mini Shabu Shabu ミニ・しゃぶしゃぶは閉店しました】BGCのハイストリートにあるしゃぶしゃぶレストラン。一人前のセットが充実しており、ざっと15種類ほどある。一番安価は野菜セット(サイズによってP225~500)、高価なセットではロブスターのセット(P2,025)がある。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【マカティ】居酒屋「剣心」から、激安タレ焼肉店が2019年1月にオープン。ビーフカルビガーリックバター (P259)やツボ漬けカルビ(P369)など、種類豊富で価格もリーズナブル。自分でタレを選べる「ソースバー」では、お肉に合わせてお好みのタレをあれこれ試すことができる。
    【パラニャーケ】Solaire Resort and Casinoにある和食レストラン。トルコのSwiss Hotel Istanbulやインドのシャングリラ・ホテル、オーストラリアのクラウンリゾート、モルディブのリゾートなどで経験を積んできたシェフ、甲坂氏が料理を担当。
    東京を中心に展開を続ける立ち食いそばの名店。つゆやそば粉は日本から輸入したものを使っているので、日本とまったく変わらない美味しさ。
    ロックウェルのパワープラントモール店をはじめ、シャングリラモールやSMモール内などに27店舗を出店している日本料理店。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel