HOME > 食べる Eat > 京兎 Kyo-to

京兎 Kyo-to

スポンサードリンク:

①新鮮なホタテとミョウガと一緒に

②河本氏の見事な手さばきを楽しむ

③使用する器は河本氏自前のコレクションでどれも高級品

④オープンキッチンを囲むカウンター席

⑤個室のひとつ。店内に飾られている日本画などは全て本物

 

マニラではおそらく初の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷりで、入り口から細長い通路を抜けてお店の奥へ入るとそこはもう日本。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。こちらのシェフは、日本の高級料亭「吉兆」で10年間修業し、2011年から3年半マニラの大使公邸でプライベートシェフを務めてきた河本涼平氏。カウンター席を予約すれば、オープンキッチンで腕を振るう河本氏の見事な手さばきが拝見できる。味はもちろん、使用する器や盛り付けにもこだわり、一品一品魂を込めて仕上げた料理は芸術そのもの。ただ空腹を満たすだけでなく、料理の美しい盛り付けや店内の雰囲気など全てを楽しめるようにこだわり抜かれた一流のサービスを楽しむならこちらで。

コメントを投稿

コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
コメントを入力:

投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

マニラ

パサイ

タギッグ

パシッグ

ケソン

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

サヌアン

パンパンガ

レガスピ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel