ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 【閉店】武一 Takeichi 東京No.1鶏白湯らーめん店

【閉店】武一 Takeichi 東京No.1鶏白湯らーめん店

【武一 Takeichiは閉店しました】らーめん職人と焼き鳥職人がコラボレートして誕生した、濃厚鶏白湯らーめんは絶品。最大の特徴は、新鮮な鶏を強火で長時間、ドロドロになるまで炊きだした濃厚な鶏白湯スープ。鶏の旨みとコラーゲンがたっぷりとつまった贅沢なスープ。そして、麺は濃厚鶏白湯スープがしっかりと絡む、中細麺を使用。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 888 Gateway Plaza B 2126 A Mabini St., Malate
  • TEL : 02-742-2214
  • 営業時間 : 12時~24時 (ラストオーダーは23時)
  • 【追記:武一 Takeichiは閉店しました】

     

    ①濃厚醤油鶏白湯らーめん Mサイズ P280 

    ②名物鶏天丼 P90

    ③和風テイストの店内で、座席は全38席。掘りごたつテーブルもある。

    ④お店は日本食材店のニューハッチン・マビニ店の近く。「RAMEN」の看板が目印。

     

    らーめん職人と焼き鳥職人がコラボレートして誕生した、濃厚鶏白湯らーめんは絶品。最大の特徴は、新鮮な鶏を強火で長時間、ドロドロになるまで炊きだした濃厚な鶏白湯スープ。鶏の旨みとコラーゲンがたっぷりとつまった贅沢なスープ。そして、麺は濃厚鶏白湯スープがしっかりと絡む、中細麺を使用。お店一番の人気メニューは、濃厚醤油鶏白湯らーめん(Mサイズ/P280)。他にも、濃厚鶏白湯らーめん(Mサイズ/P280)、和風鶏白湯らーめん(Mサイズ/P250)、濃厚辛鶏白湯らーめん、濃厚鶏つけ麺(P300)、鶏まぜそば(P250)などがあり、メニューが豊富に揃う。らーめん以外に、ごはんものなどの一品料理もある。

     

    ※:価格はオープン時のもの。今後、多少の変更あり。

    2016年11月30日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 6 件

    匿名 | 
     

    BGCからわざわざ行きましたが、午前3時で終了でした。なんだかな〜。

    タケイチマネージャーのtsukui | 
     

    BGCから来て頂いたお客様
    只今確認した所スタッフが勝手に閉めておりました。
    大変申し訳ございませんでした。
    二度とこの様な事が無い様にスタッフの教育をして行きます。

    本当に申し訳ございませんでした。

    SumI | 
     

    2月いっぱいで閉店と知り今日楽しみに行きましたが12時過ぎてるのにcloseでした‼︎
    本当に2月いっぱい営業されてますか?
    もう閉店されたのですか?

    プライマー編集部 | 
     

    ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
    現在、タケイチマネージャーのtsukuiさんに再度、閉店日の確認を取っております。
    今しばらくお待ちくださいませ。

    タケイチマネージャー | 
     

    タケイチマネージャーの築井と申します。

    本日26日が営業の最終日になります。

    通常なら12時にオープンしないといけないところ

    食材が届くのが遅れ12時30分のオープンになってしまいました。

    お客様様にご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。

    この度は突然の引っ越し告知となりましたことをお詫び申し上げます。

    引っ越し先の場所・時期に関しましては現在検討中です。

    進展があり次第、Hp等でご報告させて頂きます。

    つうし

    武久 | 
     

    ここのラーメン、丼物好きだった。。。

    新たな場所で是非開店して下さい!!

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【ケソン】ふわふわした食感が特徴の台湾カステラの名店。日本のカステラを熟練職人のTai-Cheng Lu氏が学び、オリジナルのカステラを台湾の淡水で編み出したのが始まり。2019年6月にはケソン市のイーストウッドでマニラ1号店をオープン。
    家族で、友人同士で日本の味を楽しもう!マラテの人気居酒屋と言えばここ。
    【ケソン】ケソン市に構える日本食材店「ニューはっちん」の食材店と飲食店が一体化した新コンセプト。これまでのニューはっちん同様日本の食材の販売と同時に、サラダやカレーなどの食事、コーヒーやお酒などのドリンク、そしてマカティでおなじみのPatisserie Bebe Rougeで売っているケーキなどのスイーツを店内で楽しむことができます。
    【Toast Box トースト・ボックスは閉店しました】ココナッツジャムとバターを挟んだシンガポール定番の朝食、「カヤトースト」を看板メニューに掲げたシンガポール発祥のカジュアルなレストラン。マニラではグリーンベルト5やSMオーラを始め、6店舗ほど展開している。
    【ケソン】「世界で2番目においしい」がキャッチフレーズ。金沢市発祥のメロンパンアイス店。現在はケソンシティのイーストウッドにマニラ1号店を構える。スライスされた焼きたてメロンパンには、特製アイスが挟まっている。アイスには一口サイズのメロンパンで作ったラスクが添えられており、2度焼きしているためサクサクとしたクッキーのような食感。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    1998年開店、マニラのチャイナタウン通には広く知られた有名店。こぢんまりとした店構えながら、いつも地元のなじみ客や観光客らでにぎわっている。
    グリーンヒルズ敷地内でひときわ目立つ日本食レストラン。東京・渋谷で日本料理の修業を積んだシェフが本格和食を供してくれる。
    ロハスブルーバード通り、アロハホテルにある中華レストラン、四川楼。暑さを吹き飛ばす麻婆豆腐はいかが?
    【マンダルヨン】ここ数年海外展開を行なっている、日本の焼き鳥居酒屋の「鶏次郎」がラーメン店としてフィリピン初進出。日本での経験と、海外で培ってきたノウハウを生かし、フィリピンでも同じ味を提供。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel