ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 【閉店】吉田製麺店 Yoshida Seimen YOKOHAMA RAMEN

【閉店】吉田製麺店 Yoshida Seimen YOKOHAMA RAMEN

 2006年、横浜にオープン。試作に試作を重ねた自家製麺を武器に地元での人気を着実に伸ばし、2014年横須賀にのれん分け、そしてフィリピンへ海外初進出した。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : RG4 Makati Creekside, Amorsolo cor. Herrera St., Legaspi Vill., Makati
  • TEL : 02-808-8443(オフィス)/02-887-2352(お店)
  • 営業時間 :  月~土曜 11時30分~14時/17時30分~23時、日曜11時30分~14時/17時30分~22時
  • FB : YoshidaSeimenYokohamaRamen


  • ① 和風らーめん(P350、Half Size P175)
    ② 餃子(P160)
    ③ 鮭の塩焼き(P260)
    ④ 濃厚つけそば(P350、Half Size P175)
    ⑤ 和を演出した店内
    ⑥ Matcha Tiramisu Green Tea(1ピースP180)

     2006年、横浜にオープン。試作に試作を重ねた自家製麺を武器に地元での人気を着実に伸ばし、2014年横須賀にのれん分け、そしてフィリピンへ海外初進出した。

     店内は木目を基調とした柔らかい色の照明を使い、和の空間を演出。当店の売りは豚骨・鶏ガラ・丸鶏をふんだんに使い、店内で日本人指導のもとで丁寧に作り上げたスープ。こちらは科学調味料を一切使わずに素材の味を引き出している。麺も店内で製麺している。厳選した小麦粉を使い、日々湿度と気温をチェックして水分調整をしている。麺は細麺や太麺の他、フィリピンではまだ珍しいチリパウダーを練りこんだ丸麺(坦々つけそばのみに使用)の3種類、それぞれ小麦粉の配合・加水率を変え、特徴の違った麺を揃えている。サイドメニューも定番の餃子やチャーハンに加え、鮭の丸焼き、とんかつ、麻婆豆腐などと充実している。

      自慢のケーキは、餡子と 生クリームが添えられた抹茶味のティラミス、Matcha Tiramisu Green Tea。 生地は、従来のビスコッティの代わりに「ブロアス」と呼ばれるフィリピン産の ビスケットを使用し、エスプレッソではなく抹茶に浸して和風に。生地の上に のせるクリームは2/3が豆腐でできているため、ふんわりと軽い口当たりで、し かも低カロリー!仕上げにふるい かけられたほろ苦い抹茶パウダー と、甘いクリームのコンビネー ションがたまらない。 ラーメンの後でもまだまだ食べられる軽めのデザートだ。数量限定の煮干しを使った冷やしらーめん、トマトを使った洋風冷やしらーめんも見逃せない。

    2015年10月06日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】レガスピのThe Belle & Dragonというバーの奥には、一見普通のクローゼットがある。これを開けて洋服をかき分けるとカーテンがあり、更にかき分けると隠れバーのMandalay Whisky and Cigarsへ通じる入り口が開く。
    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】同じコンドミニアムにお店を構えるインド人エキスパットが経営するインド料理店Mantra Bistroの姉妹店。
    【マカティ・レガスピ】ウィング、リブ、ポークステーキといったアメリカンを楽しめるカジュアルなレストラン。ウィングは500g(P255)もしくは1kg(P435)を注文でき、バーベキュー、ガーリックパルメザン、バッファロ、激辛バッファロ、そして甘辛の5種類のフレーバーから選べる。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ・レガスピ】旅行先でカフェを訪れることが大好きな夫婦が経営するカフェ。2019年10月にオープンし、早くも女性に人気のカフェに。店名のBADはオーナー二人の名前(Brian and Dianne)の頭文字から。
    【マカティ・レガスピ】枝豆や冷ややっこといったおつまみのほか、煮物や焼き物など、日本の居酒屋や割烹料理でおなじみのメニューが勢揃いです。肉じゃが(280ペソ)、タコの唐揚げ(350ペソ)などと単品の注文はもちろん、お手頃なお一人様特別メニューも。
    【マカティ・レガスピ】完全予約制の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷり。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
    【マカティ・レガスピ】広東、シンガポール、インドネシアなど、アジア各国のさまざまな国や地域にインスピレーションを受けた創作料理が人気のレストラン。Torched Salmon Doburi(写真〓)は黒米を使ったサーモンの焙り丼。
    【マカティ・レガスピ】明るいウッドとカラフルな色使いがおしゃれなカフェ。本業はコーヒー豆やRocket  Espresso、La Marzoccoと言ったメーカーのコーヒー機器を飲食店に提供するサプライヤーで、商品の紹介も兼ねてコーヒーの知識を広げるためのワークショップを行うために店舗を設けたことから始まった。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel