ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Umu (ウム)

Umu (ウム)

Dusit Thani Manilaにある日本食レストラン、Umu。緑溢れる庭園で、一流料理を堪能しましょう。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Ground Floor, Dusit Thani Manila, Ayala Center, 1223 Makati City
  • TEL : 02-238-8888
  • 営業時間 : 11:30~14:30(ランチ)、18:00~22:00(ディナー)
  •  
    高層ビルが立ち並ぶ大都会「マカティ市」。緑なんて無いと思っていませんか?
    Dusit Thani Hotelにある新感覚の日本料理レストラン「Umu」は緑あふれる庭園があり、都会にいることを忘れてしまうくらいリラックスしながら食事を愉しむことができます。

    Umuの料理長は15歳で料理の道へ進んだと言う東京出身のカナウチ ケンイチ氏。長年修行を積んだカナウチ氏がもてなすフュージョンスタイルの日本料理は、味はもちろん、和食の繊細な盛り付けなど見て美しいお料理でお客様を魅了します。

    何と言ってもお奨めは新鮮なお刺身七種盛り。サーモン、マグロ、ラプラプ、いか、ボタン海老、鯖、かんぱち(季節や仕入れによって異なります)が彩りよく盛られている贅沢な一品。また、湯葉うに鍋、ラプラプ鮨、サーモン鮨など和と洋の旨みを見事にアレンジしたスペシャルメニューも豊富。食事の最後をしめくくるデザートメニューも充実。

    緑豊かな庭園を眺めながら、一流料理を是非ご堪能あれ!


    ●用途:特別な日のお食事やおもてなしの席として
    ●店内の雰囲気:高級感溢れる伝統的かつ斬新な雰囲気
    ●予算:1,500ペソ前後
    ●オススメメニュー:ラプラプ寿司、刺身七種盛

    伝統的かつ斬新なデザインの店内。


    見た目にも華やかな、刺身七種盛。


    贅沢な一品、湯葉うに鍋。

    2018年12月02日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 3 件

    志乃 | 
     

    プライマーを見て、早速行ってきました。
    なんちゃって日本料理が多い中、日本で食べるのと変わりなく頂けた料理には感動しました。
    ごま豆腐、もずく、茶そば… 日本を思い起こすものばかりでした。
    土曜日のお昼はブッフェのみでしたが、たくさん食べることができない女性や子供には、自分の好きな物を少しずつ取れるブッフェが楽しめると思います。

    プライマー編集部 | 
     

    >志乃さん
    コメントありがとうございます!
    さすが5つ星ホテルに入っているだけあって、Umuはさすがのお味ですよね。普通の日本食料理屋ではなかなか頂けない繊細な本格日本料理が頂けるのが魅力です。
    ホテルブッフェはお値段多少張りますが、それ以上の満足度を与えてくれるので、私も大好きです^^

    匿名 | 
     

    料理は美味しくても、白ご飯が不味いジャパレスの多い中、ここはお値段だけのことはあります。料理はもちろん、白ご飯も美味しくさすがです!
    テーブル席だと、写真にある某日系ホテルの名残の日本庭園が見えますが、残念ながら、夜はライトアップが乏しく真っ暗で見えません(泣)

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】今ホットなエリアでもあるマカティのポブラシオンにソフトオープンした、新しいタイプのフードパークを超えたエンターテインメントスペースが、ここModern Dining Hub PLATINA(モダン・ダイニング・ハブ・プラチナ)。 日本食は16店舗あり。フィリピンのここマニラで海外出店のテストマーケティングの場としてお店をオープンすることが出来る。
    食の激戦区大阪2店舗を構える「鉄板焼満月」より大河内氏が常駐する海外第1号店。当店は鉄板焼カウンターと個室で構成。
    【マカティ】2018年12月にマカティのチノ・ロセスにオープン。厳選高級品の和牛から、ホタテ、エビ、カニなどの新鮮な海鮮を取りそろえており、一押しは美味しい物だけを選び抜いたタラバガニ。全ての海鮮は北海道から急速冷凍をさせ、直輸入している。毎日10時~15時の間はランチセットも提供。焼肉や高級海鮮にかぎらず、丼やスープなどもあり種類豊富。
    立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
    【Mini Shabu Shabu ミニ・しゃぶしゃぶは閉店しました】BGCのハイストリートにあるしゃぶしゃぶレストラン。一人前のセットが充実しており、ざっと15種類ほどある。一番安価は野菜セット(サイズによってP225~500)、高価なセットではロブスターのセット(P2,025)がある。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【マカティ】居酒屋「剣心」から、激安タレ焼肉店が2019年1月にオープン。ビーフカルビガーリックバター (P259)やツボ漬けカルビ(P369)など、種類豊富で価格もリーズナブル。自分でタレを選べる「ソースバー」では、お肉に合わせてお好みのタレをあれこれ試すことができる。
    【パラニャーケ】Solaire Resort and Casinoにある和食レストラン。トルコのSwiss Hotel Istanbulやインドのシャングリラ・ホテル、オーストラリアのクラウンリゾート、モルディブのリゾートなどで経験を積んできたシェフ、甲坂氏が料理を担当。
    東京を中心に展開を続ける立ち食いそばの名店。つゆやそば粉は日本から輸入したものを使っているので、日本とまったく変わらない美味しさ。
    ロックウェルのパワープラントモール店をはじめ、シャングリラモールやSMモール内などに27店舗を出店している日本料理店。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel