ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > YAYOI やよい軒

YAYOI やよい軒

【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。

広告
広告

店舗情報



BGC店:

パサイ店:
  • 住所 : 3rd Floor, Building B.SM Megamall J.Vargas Ave.,. Brgy. Wack-Wack. Mandaluyong City Philippines
    BGC店:2F One Bonifacio High Street, 28th St. Corner 5th Ave., Bonifacio Global City, Taguig
    Pasay店:SM Mall of Asia MALL LEVEL 2 MAIN MALL SOUTH, SM Central Business Park Bay City, Pasay
  • TEL : SM Megamall店:02-634-4865
    BGC店:02-242-2792/0917-636-6958
    Pasay店:02-821-6082
  • 営業時間 : SM Megamall店:10時~22時(モールの時間に順ずる)
    BGC店:11時~23時
    Pasay店:10時~22時
  • WEB : http://yayoi.com.ph/
  • FB : yayoiphilippines
  • 席数:90席
  • ①木の温もりが和を感じさせてくれる外観

    ②定番メニューのすき焼き定食

    ③南蛮定食

    ④店内写真。各テーブル席にタッチパネルが付いている

     

    南蛮定食(395ペソ)とすき焼き定食(595ペソ)

     

    天ぷら定食(395ペソ)

     

    ひつまぶし(795ペソ)

     

    ミックスとじ定食(475ペソ)

     

    BGCの3号店

     

    全60席の店内

     

    各席にタッチパネルを搭載

     

    会食に使えるVIPルームも

     

    定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。オーダーはセルフオーダーとなっており、各テーブルにタッチパネルが備えられている。

     

    2019年1月に3号店となるBGC店がオープン。他2店舗でも人気の定食メニューはもちろん、タブレットを使った効率的な注文システムや会食に使えるVIPルームなども。他の2店舗は完全にエレガントな内装で飾られているが、BGC店は、いわゆるミレニアム世代をターゲットとして、もう少し陽気な雰囲気でスタイリッシュなデザインで内装されているが、伝統的な日本の雰囲気も色濃く見られる。

     

    お奨めベストセラーのすき焼き定食(595ペソ)は牛肉と野菜がすき焼きたれで煮込まれ、南蛮定食(395ペソ)は鳥唐揚げにやよい軒ドレッシングがトッピング。

     

    もっと特別な定食を試したい方には、ひつまぶし(795ペソ)がお奨め。こちらの名古屋風の料理は、ご飯に乗せられたウナギの蒲焼を出汁と頂く。また、トンカツ、エビフライ、すき焼き風牛肉を特製たれと卵でとじたミックスとじ定食(475ペソ)もお奨め。

     

    BGCのやよい軒は、全席60席あり、本格的な日本料理が楽しめるレストラン。もちろん、ラーメン、寿司、餃子といったフィリピンで人気の高い定番日本料理も楽しめる。

     

     

    2019年01月16日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 2 件

    橋本 正継 | 
     

    日本のお店のように,ご飯はおかわり 出来ますか?

    kataoka | 
     

    コメントありがとうございます。

    こちらは日本のようにご飯お代わり自由のシステムではございません。
    有料でご飯を追加注文するかたちになります。

    よろしくお願い致します。

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】今ホットなエリアでもあるマカティのポブラシオンにソフトオープンした、新しいタイプのフードパークを超えたエンターテインメントスペースが、ここModern Dining Hub PLATINA(モダン・ダイニング・ハブ・プラチナ)。 日本食は16店舗あり。フィリピンのここマニラで海外出店のテストマーケティングの場としてお店をオープンすることが出来る。
    食の激戦区大阪2店舗を構える「鉄板焼満月」より大河内氏が常駐する海外第1号店。当店は鉄板焼カウンターと個室で構成。
    【マカティ】2018年12月にマカティのチノ・ロセスにオープン。厳選高級品の和牛から、ホタテ、エビ、カニなどの新鮮な海鮮を取りそろえており、一押しは美味しい物だけを選び抜いたタラバガニ。全ての海鮮は北海道から急速冷凍をさせ、直輸入している。毎日10時~15時の間はランチセットも提供。焼肉や高級海鮮にかぎらず、丼やスープなどもあり種類豊富。
    立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。 その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
    【Mini Shabu Shabu ミニ・しゃぶしゃぶは閉店しました】BGCのハイストリートにあるしゃぶしゃぶレストラン。一人前のセットが充実しており、ざっと15種類ほどある。一番安価は野菜セット(サイズによってP225~500)、高価なセットではロブスターのセット(P2,025)がある。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【マカティ】居酒屋「剣心」から、激安タレ焼肉店が2019年1月にオープン。ビーフカルビガーリックバター (P259)やツボ漬けカルビ(P369)など、種類豊富で価格もリーズナブル。自分でタレを選べる「ソースバー」では、お肉に合わせてお好みのタレをあれこれ試すことができる。
    【パラニャーケ】Solaire Resort and Casinoにある和食レストラン。トルコのSwiss Hotel Istanbulやインドのシャングリラ・ホテル、オーストラリアのクラウンリゾート、モルディブのリゾートなどで経験を積んできたシェフ、甲坂氏が料理を担当。
    東京を中心に展開を続ける立ち食いそばの名店。つゆやそば粉は日本から輸入したものを使っているので、日本とまったく変わらない美味しさ。
    ロックウェルのパワープラントモール店をはじめ、シャングリラモールやSMモール内などに27店舗を出店している日本料理店。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel