ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > CEBU LECHON セブ・レチョン

CEBU LECHON セブ・レチョン

【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。

広告
広告

店舗情報

  • Zubuchon ズブチョン
    WEB:http://zubuchon.com/

    Cebu's Original Lechon Belly レチョン・ベリー
    WEB:http://cebuslechonbelly.com/

    RICO'S LECHON リコーズ・レチョン
    WEB:http://ricoslechon.com/
  • フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。セブに数あるレチョン専門店の中でも特にオススメの3点をご紹介。セブを訪れたら必ずレチョンは食して頂きたい。

     

    Zubuchon ズブチョン

     

    lechon

     

    赤い豚の看板が目印のこちらは、アメリカの人気シェフが"NO.1の豚"と評価したレストラン。セブシティとマクタン島に11店舗展開している。厳選した素材を使用し伝統的な手法で調理されるレチョンは、特殊な調理法によるクリスピーな皮が特徴だ。他にもシシグやディヌグアン、チチャロンなどのレチョン関連メニューも提供している。

     

    Cebu's Original Lechon Belly レチョン・ベリー

     

    APPROVED - Cebu's Original Lechon Belly with watermark

     

    通常のレチョンは子豚を丸ごとローストするが、ばら肉だけを丸めてローストしている豚バラ肉専門店。骨なしバラ肉のレチョンとして人気に火がついた。その香ばしいレチョンは、オリジナルとスパイシーの2種類から選べ、キロ単位で注文可能。また、セブだけでなく、マニラやダバオなど、フィリピンの主要都市にチェーン展開している。

     

    RICO'S LECHON リコーズ・レチョン

     

    Rico's Lechon

     

    元フィリピン代大統領のエストラーダ氏が紹介したことから有名になったレチョン店。セブシティとマクタン島に店舗展開している。レモングラス、ニンニク、タマネギ、チリを詰めて何時間も焼いたレチョンは、外はカリカリ中は柔らかくジューシー。また、こちらのスパイシーレチョンは、激辛と評判

    2017年02月02日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【グリーンベルト】2002年にオープンして以来、モダン風にアレンジした伝統のフィリピン料理で多くのグルメを唸らせてきた人気店。日本人の間で最も知名度の高いフィリピン料理レストランと言っても過言ではないだろう。フィリピン料理初心者はもちろん、上級者も大満足のレベルの高い料理が楽しめる。
    【イントラムロス】White Knight Hotel内にある、Coco Bango Café and Restaurant。マニラの一流レストランとして知られている。料理のほとんどは長年受け継がれたレシピを使い、本場フィリピン料理を提供している。
    ダイナミックなパノラマビューが楽しめるモダンなフィリピン料理レストラン。月曜から金曜までの平日には様々な料理が並ぶ、ランチビュッフェを楽しめる。夜にはピアノとサックスの演奏があり、ロマンチックなダイニングに早変わり。
    【バコロド】もともと小さな定食屋として営業をスタートさせたこのレストランではバッチョイが看板メニュー。多くの地元民に愛されている味だ。その他にも、オーナー自身の釣り堀で獲れる海鮮を使った料理の数々を提供している。
    【バコロド】18th Street Pala-palaはバコロドにできた最初のPala-palaレストラン。レストランの創業から2年後に、フードブロガーやシェフの間で話題となることで人気に火が付き、その後、現在の形態へとビジネスを拡大してきた。ここでは、ローカルなバコロド料理と新鮮な魚介メニューを頂くことができる。
    【パサイ】カルティマールに構える日本人経営の日本食レストラン。生鮮市場に隣接する新しいビルに移転し、エアコンの効いた広い店舗になり、品数も増えた。おすすめは看板メニューのおでん(P180)。
    【ギマラス】レストラン"Pitstop"は、マンゴーを使った料理を提供しているお店。中でも、マンゴーピザは看板メニュー。一口食べると、Guimarasのマンゴーにとろけるチーズとカシューナッツ、少し厚めのクラストのマッチングに感動。
    【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
    【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel