ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > Halo Halo de Iloko ハロハロ・デ・イロコ

Halo Halo de Iloko ハロハロ・デ・イロコ

【ラウニオン】La Unionに訪れる人は誰しもこちらに訪れる。ハロハロだけではなく、手の込んだフィリピンの郷土料理もあり観光客だけでなく地元の人々にもお気に入りのお店。例えばemparedados(P125)。手作りのソーセージと、バターのようなチーズを地元のパンにはさんだイロコスの軽食はここでしか体験できないメニュー。

店舗情報

  • 住所 : #12 Zandueta St., San Fernando, La Union
  • TEL : 072-700-2030
  • 営業時間 : 9時~22時
  • Twitter:HH_deilokoBALAY
  • Buko Halo Halo(P185)

     

    店内は80席

     

    カラフルで楽しい外装

     

    La Unionの人気食事処といえばここ

     

    La Unionに訪れる人は誰しもこちらに訪れる。ハロハロだけではなく、手の込んだフィリピンの郷土料理もあり観光客だけでなく地元の人々にもお気に入りのお店。例えばemparedados(P125)。手作りのソーセージと、バターのようなチーズを地元のパンにはさんだイロコスの軽食はここでしか体験できないメニュー。「農場からテーブルへ」のコンセプトのもと、可能な限り新鮮かつ健康的な食材を提供することにこだわっている。もちろんハロハロは大人気!ここでの「揚げハロハロ」は、春巻きの皮にアイスクリーム・ウベ(紫山芋)・チェリーを乗せて巻いてあり一味違う。きっとお気に入りのデザートになること間違いなし!1階のお土産屋さんにも立ち寄って。

    2017年11月16日更新

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
    【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
    【ラウニオン】サン フェルナンドの街中にある昔懐かしい味が味わえるレストラン。オーナーのおばあちゃんから代々伝わるレシピで、地元イロカノ料理が楽しめる。材料はすべて地元の物を使用。自慢の一品は、L.U. BBQ Platter(P600)。チキンはとっても柔らかく、ラウニオン産のハチミツを使った甘辛いハニー・チキンもたまらない。
    【ラウニオン】イロカノ料理とは、ここLa UnionがあるIlocos(イロコス)地方の郷土料理のこと。Cuisinaでは現代風にアレンジしたイロカノ料理をコンセプトとしている。店の看板メニューはCrispyDinuguan(P280)。こちらは豚肉を揚げたものにフィリピン料理の豚のスープDinuguan(ディヌグアン)がかかったもの。
    【ラウニオン】La Unionに訪れる人は誰しもこちらに訪れる。ハロハロだけではなく、手の込んだフィリピンの郷土料理もあり観光客だけでなく地元の人々にもお気に入りのお店。例えばemparedados(P125)。手作りのソーセージと、バターのようなチーズを地元のパンにはさんだイロコスの軽食はここでしか体験できないメニュー。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel