ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Azul Filipino-Spanish Cuisine(アズール フィリピノ スパニッシュ キュイジーヌ)

Azul Filipino-Spanish Cuisine(アズール フィリピノ スパニッシュ キュイジーヌ)

ムシムシし始めたこの時期のフィリピン。みんなでワイワイ スペイン料理を食べて、暑さを吹っ飛ばそう!

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Mall of Asia, 2L Entertainment Center North Side (near IMAX), Pasay City
  • TEL : 02-556-0472/02-556-0728
  • 営業時間 : 10:00~22:00(日~木) 10:00~23:00(金・土)
  • 休日 : 月曜日
    Email:[email protected]
  •  
    マニラ湾の近くにあるここは「Azul(青空・空の)」といった意味を持ちます。海から近いということもあり海鮮料理が自慢。カキ、イガイ、カニ、カクテルエビといった新鮮な食材を使ったスペイン料理を堪能できます。

    「Paella Mixta(パエリア・ミクスタ)」(P850)は 代表的なスペイン料理。お肉とシーフードをふんだんに使ったオススメの一品。「Sizzling Alimango(シズリング・アリマゴ)」(P575)はフィリピン人にも人気のカニ料理。ホットプレートがジュージューいっている熱いうちに召し上がれ。

    ●用途:みんなでワイワイ食べたいとき
    ●店内の雰囲気:明るく清潔な店内
    ●予算:P1,000前後
    ●オススメメニュー: Paella Mixta(パエリア・ミクスタ)」(P850)



    Sizzling Alimango(シズリング・アリマゴ)P575


    2009年05月06日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    フィリピンでも指折りのステーキを出す店、との噂で名高いこちらのスパニッシュレストラン。
    【ボラカイ】約10年前にボラカイにオープンしたフィリピン風のスペイン料理を提供する人気レストラン。食材はヨーロッパから輸入したものを使用、また各料理は豪華な盛り付けで、見た目もご馳走だ。おススメはこのお店ではマストともいえるパエリア、タパスなど。
    【アラバン】同モールに構えるThe Black Pigの姉妹店。シェフはスペイン人Carlos Garcia氏が手掛けており、The Black Pigと同じコンセプトの料理をコストを抑えて提供。
    【タギッグ】イタリアンとスパニッシュ、どちらの料理も提供する。お店はとてもカジュアル、そしてお手頃価格なのが嬉しい。人気メニューはパスタ、ピザ、パエリア。ピザはお店で仕込んだ生地を使用。
    【タギッグ】El Corazonのめざすのは、伝統的なフィリピン料理とスペイン料理の融合、そして現代的な味の追求。スペイン料理はもちろんのこと、フィリピン国内で気軽に食されている料理が、少しオシャレして提供される。
    【ブルゴス】1986年創業の老舗。元々小さ なカフェだったお店が人気を得て、マニラで最もオーセンティックなスパ ニッシュ料理店の一つとなった。古 き時代のスペインを思わせる店内と 本格スパニッシュメニューは、スペイ ン人客にも好評。
    【タギッグ】サルセドやパソンタモエクステンションに構える人気スペイン料理店「Terry’s」の姉妹店。2017年12月にオープンした。お店は2階建てとなっており、1階にはソーセージ、ハム、チーズ、瓶詰のソースなどの商品を販売しているコーナーもある。ここから好きなハムやソーセージを選んで盛り合わせにしてもらい、お店で楽しむこともできる。
    【ブルゴス】ブルゴス周辺のスパニッシュレストランと言えばこちら。日本人の間でも定評があり、多くの日本人リピーターが訪れるそう。中で もランチタイムのビュッフェが人 気が高く、P695とリーズナブル。アラバンやケソン市にも支店を持 つが、ここ本店の味が一番おいしいと評判だ。
    【イントラムロス】オールドマニラの雰囲気を色濃く残す、イントラムロスのスペイン風フィリピン料理店。イントラムロスで最高のレストランの一つに数えられている。
    【マカティ・サルセド店、タギッグ店】店名の由来はXO=Extraordinary(並外れた)と1946(フィリピンが米国から独立した年)を掛け合わせたもの。こちらではフィリピンの伝統を重んじ、民族衣装のバロンに身を包んだスタッフが懇切丁寧にもてなしてくれる。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel