ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > Cru Steakhouse クルー・ステーキハウス

Cru Steakhouse クルー・ステーキハウス

【パサイ】リゾートワールドのホテルの一つ、マリオットホテルの看板ステーキハウス。ガラス張りのオープンキッチンではグリルでステーキを焼く様子をショーのように楽しむことができる。ステーキはUSDA認定アンガスビーフの他にオーストラリア産の和牛やフランスのシャロレービーフなどの種類も取り扱っている。

店舗情報

  • 住所 : 1/F Mariott Hotel, No.10 Newport Blvd., Newport City Complex, Pasay
  • TEL : 02-988-9990
  • 営業時間 : 日~木曜 18時~22時30分/金・土曜 18時~23時30分
  • ①おすすめのUS Certified Angus Beef Prime Rib Steak(900g/P5,950)

    ②自慢のオープンキッチンがよく見える店内

     

    リゾートワールドのホテルの一つ、マリオットホテルの看板ステーキハウス。ガラス張りのオープンキッチンではグリルでステーキを焼く様子をショーのように楽しむことができる。ステーキはUSDA認定アンガスビーフの他にオーストラリア産の和牛やフランスのシャロレービーフなどの種類も取り扱っている。ステーキは前述したグリルで500度の火でこんがりと焼き、旨みを封じ込めている。看板メニューは900gのプライムリブ。このボリュームたっぷりのステーキはテーブルサイドでスライスしてくれる。

    2017年01月19日更新

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。等級6~8を誇るフィリピン産和牛「Kitayama Wagyu」を取り扱っており、肉の繊維を壊さないように保存方法に注意を払っている。
    【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキなど最高級のビーフのみを使用した肉料理が人気だ。おすすめは、テンダーロインをベーコンで巻きロブスターをトッピングしたサーフ・アンド・ターフ。
    【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。100%アメリカ産のアンガスビーフを使用した、テンダーロイン、リブアイ、サーロイン、バーガーステーキ、そしてトップブレード(ミスジ)などを提供。
    【アラバン】アラバンのモリートやマカティのヤカールストリートなどに店舗を構えるデリカテッセン。イタリア製のパスタや缶詰、ハムやソーセージ、チーズ、ワイン、それにステーキ用のお肉など、幅広い種類の食材を販売している。
    【マカティ】夜になると活気づくグリーンベルト3の3階に構えるレストラン。19世紀初頭のアメリカの酒場をイメージさせる黒のウッドやレンガのデザインが、目立たず落ち着いた雰囲気を醸し出す。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel