ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる Eat > The Pleasure Principle Resto-Bar ザ・プレジャー・プリンシプル・レスト-バー

The Pleasure Principle Resto-Bar ザ・プレジャー・プリンシプル・レスト-バー

【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。

The Pleasure Principle Resto-Bar ザ・プレジャー・プリンシプル・レスト-バー の店舗情報

  • 住所 : Panagsama Beach, Moalboal, Cebu
  • TEL : 0947-747-1838
  • 営業時間 : 9:00 – 15:00, 17:00 以降;年中無休
  • FB : The-Pleasure-Principle-240944032757268/about/
  • ①カプリチョーザです (P290)

    ②モダンな内装の店内

    ③多くのダイバーたちが集う

     

    パナグサマビーチでヨーロピアン料理を堪能

     

    スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。トマト、モッツァレラチーズ、農家直送のハム、サラミ、マッシュルーム、そしてピーマンがクラストピザの生地と絶妙に組み合わさった、最高のピザを提供している。客席は20〜30人とこじんまりとした店内は、とても清潔で落ち着いて食事ができる。

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    【セブ】最高品質な料理をリーズナブルに提供することをコンセプトにする、美しい海を眺めながら食事ができるパブ・レストラン。メニューは、新鮮なその日の食材によって異なり、多国籍な料理を提供している。
    【セブ】マラパスクア島で特に人気のイタリアン。本場のイタリア家庭料理を提供するアンジェリーナでは、オーナーの故郷であり世界的な美食の都、エミリア・ロマーニャのシンプルなオリジナルレシピを提供している。
    【セブ】モアルボアルのパナグサマ・ビーチにある、茅葺屋根が目印のリゾートに併設されたレストラン。朝7時からオープンし、朝食メニューはブルーチーズを使ったデニッシュやパンケーキが評判。また、香り高いコーヒーはネグロス島から仕入れた豆を使用している。
    【パサイ】場所はカルティマールのフードコート。スープは濃いめの味付けで、醤油、味噌、オリジナル、豚骨など4種類。豚骨チャーシューやシーフードと野菜がトッピングされたOriginal Suki Ramenがおすすめ。
    【マカティ】アヤラ通りのMakati Sky Plaza2階のフードコートにある。マイルドなスープにひき肉と玉ねぎのみじん切りなどがトッピングしてあり、さっぱりしてるので軽めのランチにぴったり。オリジナル(P80)、醤油(P100)と2種類あり、P20追加でおにぎりと唐揚げがついたセットもある。お好み焼やたこ焼きも美味しい。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel