ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる Eat

フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。

新着レストラン情報

【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの中に潜むおしゃれなバー。The Girl + The Bull(8ページ)のオーナーたちによる新コンセプトとだけあって、オープン当時ブロガーの間などで注目を受けていた。日本の食材や味付けを活かした小皿料理が主なメニューで、クリエイティブな料理はどれもおもしろい。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】シンガポールの屋台街「ホーカー」をイメージしたレストランで、ストリートフードなどのB級グルメ好きにおすすめ。シェフはシンガポールのハイアット・ホテルなどで務めた経験を持つ。シェフによると、フィリピン人の舌に合うように甘さと辛さを調整しているものの、それ以外はほぼ現地と同じ味とのこと。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
【マカティ】マカティにあるグリーンベルトから徒歩5分、アギレ通り沿いにお店を構える日本食料理屋、一休庵。料理を振る舞うのは元六尺庵の日本人料理長であるため、味はお墨付き。食材から調味料、米、油に至るまで、ほとんどを日本から仕入れてるという徹底ぶりで、和食本来が持つ繊細な味の再現にこだわっている。
【マカティ】マカティにあるグリーンベルトから徒歩5分、アギレ通り沿いにお店を構える日本食料理屋、一休庵。料理を振る舞うのは元六尺庵の日本人料理長であるため、味はお墨付き。食材から調味料、米、油に至るまで、ほとんどを日本から仕入れてるという徹底ぶりで、和食本来が持つ繊細な味の再現にこだわっている。
【タギッグ】80年代に活躍したスペインのフラメンコ・ギタリストに由来し、同時にスペイン語で「小さなトマト」という意味でもあるトマティート。こちらは中国に本拠を置くスペイン人経営のレストランで、昨年BGCにオープン。
【タギッグ】80年代に活躍したスペインのフラメンコ・ギタリストに由来し、同時にスペイン語で「小さなトマト」という意味でもあるトマティート。こちらは中国に本拠を置くスペイン人経営のレストランで、昨年BGCにオープン。
【マカティ】Atrium BuildingにあるSociety Loungeの中に隠れたバー。こぢんまりとしたスペースにはモダンなアートやワインボトルが並び、モダンで高級な雰囲気。ピンチョスやタパスが大人気で、美味しいだけでなく種類も豊富。ワインリストもひとつひとつのメニューに合うように選定されている。
【マカティ】Atrium BuildingにあるSociety Loungeの中に隠れたバー。こぢんまりとしたスペースにはモダンなアートやワインボトルが並び、モダンで高級な雰囲気。ピンチョスやタパスが大人気で、美味しいだけでなく種類も豊富。ワインリストもひとつひとつのメニューに合うように選定されている。
【マカティ】2016年10月、A.Venueモールの近くにオープンしたタペリア。メニューはシンプルにタパスやピンチョス、パエリア、そしてレチョン。特にピンチョスは1個P70~130と魅力的な価格。タパスも豊富な種類があり、中でもおすすめはエビの自然の甘みとスパイスが美味しいGambasなど。
【マカティ】2016年10月、A.Venueモールの近くにオープンしたタペリア。メニューはシンプルにタパスやピンチョス、パエリア、そしてレチョン。特にピンチョスは1個P70~130と魅力的な価格。タパスも豊富な種類があり、中でもおすすめはエビの自然の甘みとスパイスが美味しいGambasなど。
【タギッグ】SMオーラのフードコートに構えるパエリア専門ファーストフード。2017年2月にオープンしたばかり。6種類のパエリアから選ぶことができ、一人で食べきれるSoloと、2~3人でシェアできるShareの二つのサイズで作ってもらうことができる。
【タギッグ】SMオーラのフードコートに構えるパエリア専門ファーストフード。2017年2月にオープンしたばかり。6種類のパエリアから選ぶことができ、一人で食べきれるSoloと、2~3人でシェアできるShareの二つのサイズで作ってもらうことができる。
【マカティ】2013年にロックウェルのJoya Towerにオープン。カタルーニャ州のバルセロナにあるランブラス通りが由来。カジュアルでちょっとおしゃれな店内が魅力的。シェフはスペイン人のPere Moreno氏。メニューは主にカタルーニャ州の料理を中心に、スパニッシュ、地中海料理を提供。
【マカティ】2013年にロックウェルのJoya Towerにオープン。カタルーニャ州のバルセロナにあるランブラス通りが由来。カジュアルでちょっとおしゃれな店内が魅力的。シェフはスペイン人のPere Moreno氏。メニューは主にカタルーニャ州の料理を中心に、スパニッシュ、地中海料理を提供。
【タギッグ】マニラでスパニッシュレストランを展開する3人スペイン人率いるLa Lola Groupのレストランの一つで、Tomatito、Rambla、Rico Rico Paelleriaの3店舗と、チュロス専門店のLa Lolaの姉妹店。
【タギッグ】マニラでスパニッシュレストランを展開する3人スペイン人率いるLa Lola Groupのレストランの一つで、Tomatito、Rambla、Rico Rico Paelleriaの3店舗と、チュロス専門店のLa Lolaの姉妹店。
【オルティガス】オルティガスのビジネス街にひっそりと隠れた小さなスパニッシュレストラン。伝統的なスパニッシュにこだわらず、スペイン料理から派生したフィリピンや南米料理なども提供。カジュアルな店内はオフィスランチや仕事の後に寄るのにぴったり。
【オルティガス】オルティガスのビジネス街にひっそりと隠れた小さなスパニッシュレストラン。伝統的なスパニッシュにこだわらず、スペイン料理から派生したフィリピンや南米料理なども提供。カジュアルな店内はオフィスランチや仕事の後に寄るのにぴったり。
【マニラ】マラカニアン宮殿の向かいにあるレストランで、ドゥテルテ大統領もよく利用しているという。元々はレガルダ家とTV 5 Networkや新聞紙Manila Timesの創設者で有名なチノ・ロセス氏(マカティのチノ・ロセス通りの由来)の一族であるロセス家が所有する家で、5年前にレストランに改造した。
【マニラ】マラカニアン宮殿の向かいにあるレストランで、ドゥテルテ大統領もよく利用しているという。元々はレガルダ家とTV 5 Networkや新聞紙Manila Timesの創設者で有名なチノ・ロセス氏(マカティのチノ・ロセス通りの由来)の一族であるロセス家が所有する家で、5年前にレストランに改造した。
【マカティ】サルセドのビルの1階にひっそりとあるレストラン。2013年にサン・ファン市でオープンし、続いてサルセド、カピトリオと支店をオープン。まるで老舗かと思わせるような雰囲気と、照明を暗くした隠れ家的な魅力のあるお店だ。
【マカティ】サルセドのビルの1階にひっそりとあるレストラン。2013年にサン・ファン市でオープンし、続いてサルセド、カピトリオと支店をオープン。まるで老舗かと思わせるような雰囲気と、照明を暗くした隠れ家的な魅力のあるお店だ。
【ケソン】思わず素通りしてしまいそうな飾り気のない外観だが、中へ入ると赤いソファやミスマッチのウッドの家具、ビンテージな鏡や写真が作り出すおしゃれな空間が広がる。オーセンティックなスパニッシュではなく、貿易船のマニラ・ガレオンにインスパイアされ、スペイン料理に他国の要素を取り入れたオリジナルレシピを提供。
【ケソン】思わず素通りしてしまいそうな飾り気のない外観だが、中へ入ると赤いソファやミスマッチのウッドの家具、ビンテージな鏡や写真が作り出すおしゃれな空間が広がる。オーセンティックなスパニッシュではなく、貿易船のマニラ・ガレオンにインスパイアされ、スペイン料理に他国の要素を取り入れたオリジナルレシピを提供。
【瞬 TOKI (トキ)は閉店しました】 ボニファシオにできた噂のフュージョン日本料理、「瞬TOKI」。塩で頂く和牛ステーキは絶品です。
【瞬 TOKI (トキ)は閉店しました】 ボニファシオにできた噂のフュージョン日本料理、「瞬TOKI」。塩で頂く和牛ステーキは絶品です。
JCBカードご利用で素敵な体験をお楽しみください。 レストラン、ビューティ、クリニックなど様々なジャンルで優待サービスが受けられます。
JCBカードご利用で素敵な体験をお楽しみください。 レストラン、ビューティ、クリニックなど様々なジャンルで優待サービスが受けられます。
【タギッグ】日本で「とんかつ和食武蔵」や「まるとん本舗」などのお店を持つ「とんかつの武蔵グループ」がBGCにオープンした和食レストラン。とんかつ、ラーメン、コーヒーそれぞれに専門の職人がついているというこだわりよう。
【タギッグ】日本で「とんかつ和食武蔵」や「まるとん本舗」などのお店を持つ「とんかつの武蔵グループ」がBGCにオープンした和食レストラン。とんかつ、ラーメン、コーヒーそれぞれに専門の職人がついているというこだわりよう。
【パサイ】S’ Maisonモールの1階に構えるハイエンドなレストラン。日本人シェフによるイタリアンやフレンチなどのヨーロピアン料理は絶品。インテリアデザインも日本人が手掛けている。
【パサイ】S’ Maisonモールの1階に構えるハイエンドなレストラン。日本人シェフによるイタリアンやフレンチなどのヨーロピアン料理は絶品。インテリアデザインも日本人が手掛けている。
【マラテ】マラテのマビニ通り沿いにお店を構える、日本人経営のラーメン店。日本で40年以上の製麺会社から麺を卸している。どこか懐かしい味が日本のラーメンを思い出させてくれる。飲み会後の〆にもオススメ。
【マラテ】マラテのマビニ通り沿いにお店を構える、日本人経営のラーメン店。日本で40年以上の製麺会社から麺を卸している。どこか懐かしい味が日本のラーメンを思い出させてくれる。飲み会後の〆にもオススメ。
【アルバイ】地元の新鮮な食材を使用したビコール地方伝統のメニューを、手頃な価格で提供するレストラン。2004年のオープン以来、ビコール地方の家庭の味を提供している。人気メニューは、特別なスパイスで味付けした豚のリブやtinapaと呼ばれる魚と卵、トマトがのったフライドライスなど。
【アルバイ】地元の新鮮な食材を使用したビコール地方伝統のメニューを、手頃な価格で提供するレストラン。2004年のオープン以来、ビコール地方の家庭の味を提供している。人気メニューは、特別なスパイスで味付けした豚のリブやtinapaと呼ばれる魚と卵、トマトがのったフライドライスなど。
【アルバイ】イタリア料理と地中海料理をこよなく愛するオーナーが経営するイタリアン・レストラン。ピザとパスタを中心に新鮮な食材を使用した魚のカルパッチョ、フライ・ディ・マーレ、焼き魚グラタンなどを提供。
【アルバイ】イタリア料理と地中海料理をこよなく愛するオーナーが経営するイタリアン・レストラン。ピザとパスタを中心に新鮮な食材を使用した魚のカルパッチョ、フライ・ディ・マーレ、焼き魚グラタンなどを提供。
【アルバイ】新鮮なシーフード料理をメインに提供する、開放感あるオープンエアーのガーデンレストラン。2005年にオープンし、大通り沿いにあり気軽に立ち寄ることができることからすぐに人気店に。
【アルバイ】新鮮なシーフード料理をメインに提供する、開放感あるオープンエアーのガーデンレストラン。2005年にオープンし、大通り沿いにあり気軽に立ち寄ることができることからすぐに人気店に。
【アルバイ】ココナッツミルクをベースにしたチリスパイスたっぷりの、ビコール地方の料理をベースにしたシーフード料理が満載。低価格でクォリティーの高い料理が食べられるとあって、地元で人気のレストランだ。
【アルバイ】ココナッツミルクをベースにしたチリスパイスたっぷりの、ビコール地方の料理をベースにしたシーフード料理が満載。低価格でクォリティーの高い料理が食べられるとあって、地元で人気のレストランだ。
【アルバイ】最高のビコール料理を提供する、オリエンタル・ホテル内にあるレストラン。レガスピ地方で最大級のビュッフェも楽しめ、ビコール料理を中心に様々なメニューを提供している。お勧めの人気メニューはバグネット・シニガン。
【アルバイ】最高のビコール料理を提供する、オリエンタル・ホテル内にあるレストラン。レガスピ地方で最大級のビュッフェも楽しめ、ビコール料理を中心に様々なメニューを提供している。お勧めの人気メニューはバグネット・シニガン。
【アルバイ】オーナーのJennifer Choさんが店を始めたのは15年前。韓国料理レストランはこの地域では珍しいとあって、すぐに話題のレストランに。煮込み料理に、キムチ、サムギョプサルなど、素材を生かした健康的で美味しい定番の韓国料理を提供している。
【アルバイ】オーナーのJennifer Choさんが店を始めたのは15年前。韓国料理レストランはこの地域では珍しいとあって、すぐに話題のレストランに。煮込み料理に、キムチ、サムギョプサルなど、素材を生かした健康的で美味しい定番の韓国料理を提供している。
【アルバイ】ユニークなメニューが若者に人気のアットホームなカフェ。中でもマヨン山をイメージしたマヨン・スタッフド・ピザは、唐辛子を使用した一味違ったビコール風味に仕上がっている。
【アルバイ】ユニークなメニューが若者に人気のアットホームなカフェ。中でもマヨン山をイメージしたマヨン・スタッフド・ピザは、唐辛子を使用した一味違ったビコール風味に仕上がっている。
【アルバイ】独自のアレンジを加えた、フィリピンの郷土料理を提供するレストラン。優雅なインテリアを備えたモダンなインテリアも特徴だ。オススメは、イカやピリナッツ、パクチーにチリフレークなどが入ったスパイシーなポメロサラダや、ローストしたフィッシュフィレ。
【アルバイ】独自のアレンジを加えた、フィリピンの郷土料理を提供するレストラン。優雅なインテリアを備えたモダンなインテリアも特徴だ。オススメは、イカやピリナッツ、パクチーにチリフレークなどが入ったスパイシーなポメロサラダや、ローストしたフィッシュフィレ。
【アルバイ】たった250ペソでビュッフェが楽しめるレストラン。フィリピン料理を代表するカレカレやピナンガット、ビコール・エクスプレスなどこの地方ならではの料理も味わえる。中でもオススメのビコール地方発祥のビコール・エクスプレスは、豚肉をココナッツミルクと唐辛子で煮込んだ少しピリ辛の料理。
【アルバイ】たった250ペソでビュッフェが楽しめるレストラン。フィリピン料理を代表するカレカレやピナンガット、ビコール・エクスプレスなどこの地方ならではの料理も味わえる。中でもオススメのビコール地方発祥のビコール・エクスプレスは、豚肉をココナッツミルクと唐辛子で煮込んだ少しピリ辛の料理。
【アルバイ】アルバイ州で最も古い家として、観光スポットとしても知られているレストラン。1913年に開業し、ビコール地方の豊かな食文化を促進、提供している。2005年には伝統的な特徴を残しつつリニューアルされ、エレガントなレストランへと生まれ変わった。
【アルバイ】アルバイ州で最も古い家として、観光スポットとしても知られているレストラン。1913年に開業し、ビコール地方の豊かな食文化を促進、提供している。2005年には伝統的な特徴を残しつつリニューアルされ、エレガントなレストランへと生まれ変わった。
【マカティ】「パコ」と呼ばれるシダ植物を使ったユニークなサラダ。パコには味がほとんどなく、苦みがないので食べやすい。少し硬めの食感で酢ベースのドレッシングとよく合う。他にも刻んだトマトや玉ねぎが入っており、魚のほぐし身とソルテッドエッグで風味を出している。
【マカティ】「パコ」と呼ばれるシダ植物を使ったユニークなサラダ。パコには味がほとんどなく、苦みがないので食べやすい。少し硬めの食感で酢ベースのドレッシングとよく合う。他にも刻んだトマトや玉ねぎが入っており、魚のほぐし身とソルテッドエッグで風味を出している。
【タギッグ】一口サイズに切ったレタスにたっぷりのブルーチーズドレッシングを和えて、上にプチトマト、ベーコン、ポテトステッキ、ゆでたまご、そして温かいグリルチキンを彩りよく並べたコブサラダ。たんまりかけたおろしチェダーチーズでアメリカンな味に。
【タギッグ】一口サイズに切ったレタスにたっぷりのブルーチーズドレッシングを和えて、上にプチトマト、ベーコン、ポテトステッキ、ゆでたまご、そして温かいグリルチキンを彩りよく並べたコブサラダ。たんまりかけたおろしチェダーチーズでアメリカンな味に。
【タギッグ】このカラフルなサラダは、新鮮なベビーリーフにキヌアのつぶつぶ感が合わさり、美味しいだけでなく栄養満点。これにローストしたニンジンとトマト、香ばしく炒ったアーモンド、スモークベーコン、そして温かいチェリーのバルサミコビネグレットが加わり、いろんなフレーバーが混ざり合った温サラダに。
【タギッグ】このカラフルなサラダは、新鮮なベビーリーフにキヌアのつぶつぶ感が合わさり、美味しいだけでなく栄養満点。これにローストしたニンジンとトマト、香ばしく炒ったアーモンド、スモークベーコン、そして温かいチェリーのバルサミコビネグレットが加わり、いろんなフレーバーが混ざり合った温サラダに。
【マカティ】サニーレタスの赤と緑の葉が彩りのよいサラダ。くるみの香ばしさ、サンドライトマトの酸味、ブドウのジューシーさで美味しさアップ。シャンペンで作ったビネグレットは甘酸っぱくクリーミーで、チリチリのレタスの葉によく絡む。
【マカティ】サニーレタスの赤と緑の葉が彩りのよいサラダ。くるみの香ばしさ、サンドライトマトの酸味、ブドウのジューシーさで美味しさアップ。シャンペンで作ったビネグレットは甘酸っぱくクリーミーで、チリチリのレタスの葉によく絡む。
【ダバオ】ナイトライフを楽しみたい方にピッタリのカジュアルなバー。毎月新しいフレーバーを提供するドラフトビールと、専属のバーテンダーが作るオリジナルカクテルが魅力だ。もちろんアルコールが飲めない方のためにも、料理に合うノンアルコールカクテルを用意している。
【ダバオ】ナイトライフを楽しみたい方にピッタリのカジュアルなバー。毎月新しいフレーバーを提供するドラフトビールと、専属のバーテンダーが作るオリジナルカクテルが魅力だ。もちろんアルコールが飲めない方のためにも、料理に合うノンアルコールカクテルを用意している。
【ダバオ】マラゴス・ガーデン・リゾート内に3つあるダイニングエリアの一つ、ビューデッキ・カフェは、世界的に評価を得ているフィリピン産カカオ豆を使った「マラゴス・チョコレート」をふんだんに使ったメニューが味わえる。
【ダバオ】マラゴス・ガーデン・リゾート内に3つあるダイニングエリアの一つ、ビューデッキ・カフェは、世界的に評価を得ているフィリピン産カカオ豆を使った「マラゴス・チョコレート」をふんだんに使ったメニューが味わえる。

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel