ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる Eat > Café Tavera カフェ・タベラ

Café Tavera カフェ・タベラ

【ダバオ】市内で最高のシーフードレストランと評価が高く、雰囲気も抜群なレストラン。カウンターの新鮮な魚介の中から素材、調理法を選びオーダーすることが可能。焼き、蒸し、スープにも対応してくれる。

Café Tavera カフェ・タベラ の店舗情報

  • 住所 : P.H. de Tavera St., Davao City
  • TEL : 082-221-3322
  • 営業時間 : 10時~22時
  • FB : cafetavera
  • ①CRAB WITH SALTED EGG (100g/ P150)

    ②新鮮な魚が並ぶ

    ③落ち着いた店内

     

    好きなシーフードが選べ 調理法もオーダー可能

     

    市内で最高のシーフードレストランと評価が高く、雰囲気も抜群なレストラン。カウンターの新鮮な魚介の中から素材、調理法を選びオーダーすることが可能。焼き、蒸し、スープにも対応してくれる。魚介類はフィリピン国内で漁獲が盛んなエリアとして知られる、スリガオとザンボアンガから直送。人気メニューは、カジキのグリルやエビのチリソース、カニの卵とじ、キニラウ(魚のマリネ)など。海外でも経験を積んだシェフが、味わい深い料理を提供している。落ち着いた店内は雰囲気もよく、友人や家族とゆっくり食事できるのも魅力だ。また、お祝い事などには、開放的な庭にテーブルセットをすることも可能。

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    その他レストラン情報

    【グリーンヒルズ】グリーンヒルズのビレッジ内にある民家。オーナーシェフが自宅をパーティなどのイベント向けに貸し出すようになったことがきっかけで始まり、口コミや雑誌などの特集を通して広まっていった。
    【Noche ノチェは閉店しました】海外や日本でも話題になった「暗闇レストラン」。真っ暗な部屋の中に案内され、視覚を完全にシャットダウンした状態で食事をするという新しいコンセプト。9人いるウェイターのうち、8人が法的盲となっており、彼らと同じ暗闇を共有することになる。
    【カビテ】カナダ帰りの料理好きな女性が手掛けるレストラン。タガイタイの静かな住宅街に佇むオーナーの自宅を使っており、まるで友人の家に招かれたようなアットホームさがある。絵画で飾られた開放的なダイニングルームは居心地がよく、食事の後はテラスでくつろぐこともできる。
    【アンティポロ】都会から離れたアンティポロの静かなビレッジ内にあるレストラン。美しい庭と池に囲まれ、大きな窓から入ってくる風と心地よい水の音を感じながらゆったりと食事ができる。彫刻家・Benji Reyes氏の家を改造させた店舗で、経営と料理はReyes氏の娘と息子が担当。
    【ケソン】ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel