ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > エプソン、フィリピンで環境保全型新工場竣工

スポンサードリンク:

エプソン、フィリピンで環境保全型新工場竣工

2017年7月10日

セイコーエプソン( エプソン)は、フィリピンの製造子会社エプソン プレシジョン(フィリピン)社(EPPI)に新工場を増設、このほど竣工した。新工場の増設によって、EPPIは、インクジェットプリンターおよびプロジェクターの生産能力の強化を図る。

 新工場は、2017年度までに総額約1億4,300万米ドルを投資し、2015年1月に着工、最新鋭かつ最高効率のオペレーションを実現する工場とするべく建設を進め、このほど完成したものである。新工場の最大の特長は、約3,000kWの最大出力を持つメガソーラー発電設備を建物の屋根部分に設置、環境に配慮した工場となっている点である。 新工場は鉄骨2階建て、建築面積は約5万3千平米、延床面積は約10万8千平米となっている。

 エプソンは、主に中国、インドネシア、フィリピンにインクジェットプリンターおよびプロジェクターの生産拠点を有しているが、中長期的な事業戦略のもと、今後の生産拡大に向けた増産体制を整備する必要が生じている。

 インクジェットプリンターについては、現在当社が注力している大容量インクタンク搭載プリンターが新興国市場を中心に急成長しているほか、高速ラインインクジェット複合機/プリンターなどのオフィス向けインクジェットプリンターも着実な伸びを示しており、今後も生産数量の大幅な増加を見込んでいる。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel