ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比ヨコハマタイヤ、火災損失額今年度50億円見込み

スポンサードリンク:

比ヨコハマタイヤ、火災損失額今年度50億円見込み

2017年8月25日

さる5月14日午後、横浜ゴムの連結子会社である YOKOHAMA TIRE PHILIPPINES,INC.(ヨコハマタイヤ フィリピン INC.、YTPI、所在地:クラーク特別経済区)において火災が発生した。横浜ゴムは、8月10日、このYTPIの火災発生に関して次のような追加発表(第4報)を行っている。

 それによると、YTPIでは、消防当局による調査が終了し、7月19日から被災エリアの立入り制限が解除となり、復旧作業を開始している。なお、8月10日点で判明している内容は、下記の通りとなっている。

【被災エリアの現況】
・被災場所:YTPI東工場の北東エリア 約1万7,400㎡。 
(YTPI総面積:45万2,000平方メートル、建屋面積:20万5,000平方メートル) 

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel