ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 2019年の平均インフレ率2.5%(前年5.2%)

2019年の平均インフレ率2.5%(前年5.2%)

2020年1月9日

広告
広告

フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2019年12月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は2.5%(速報値)となり、前月から1.2%ポイント上昇、19年7月の2.4%以来6カ月ぶりの高水準となったが、フィリピン中央銀行(BSP)の事前予想(1.8%~2.6%)の範囲内には収まった。

 12月のインフレ率が前月より上昇した主な理由は、物価指数構成比の約4割を占める食品・非アルコール飲料の物価上昇率が1.7%(うち食品は1.7%)と前月の0.0%から上昇したことに加え、酒類・煙草(18.4%)、住宅・水道・光熱費(1.9%)、家具・住宅設備管理(3.1%)、交通・輸送(2.2%)など4項目が上昇したことによる。12月の特定食品・エネルギー関連品目等変動の激しい品目を除いたコアインフレ率は3.1%であった。

 総合インフレ率を地域別で見ると、首都は2.8%で前月から1.3%ポイント上昇、一方、地方は2.4%と前月から1.2%ポイント上昇した。インフレ率が最も高かった地域は、ビコール(3.3%)、次いでカラバルソン(3.1%)。最もインフレ率が低かった地域は、バンサモロ・ミンダナオ・イスラム教徒自治区(0.8%)、次いでサンボアンガ半島(1.2%)だった。

 中央銀行(BSP)発表によると、12月の総合インフレ率2.5%への寄与度は、食品・非アルコール飲料0.7%(うち食品0.6%)、住宅・水道光熱費0.4%、外食・サービス他0.3%、酒類・煙草0.3%、教育0.2%、交通・輸送費0.2%、健康・医療0.1%、衣料・靴類0.1%など。一方、年間の平均インフレ率2.5%への寄与度は、食品・非アルコール飲料0.8%(うち食品0.6%)、住宅・水道光熱費0.5%、外食・サービス他0.4%、酒類・煙草0.2%、交通・輸送費0.1%、健康・医療0.1%、衣料・靴類0.1%など。

 2019年の平均総合インフレ率は2.5%となり、政府の2019年インフレ目標圏内(2%~4%)に収まった。そして、前年の5.2%から大幅鈍化、2016年の1.3%以来3年ぶりの低水準となった。食料品の平均インフレ率が前年の6.6%から1.8%へと急鈍化したことなどが寄与した。2019年の平均コアインフレ率は3.2%で前年の4.2%から鈍化した。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン銀行協会(BAP)データによると、ペソ対米ドルレートは、2019年12月末に、終値1米ドル=50.635ぺソとなり、前月末から0.175ペソ、率にして0.35%のペソ高となった。
キリンホールディングスが世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査によると、2018年のビールの国別消費量においてフィリピンは8.8%増の216万キロリットルと好調。上位25カ国のうちで最大の伸びを見せた。
三菱商事とフィルインベスト・アラバン(FAI)は合弁会社を通じて、アラバンにAクラスのオフィススペースを特徴とする高層・多目的タワー複合施設を共同開発する。推定事業費は150億ペソ。
日本政府観光局(JNTO)は12月18日、2019年11月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、11月の訪日外客数は前年同月比0.4%減の244万1,300人で、2018年11月の245万0,751人を約1万人下回り、2カ月連続で前年同月を下回った。訪日外客数が多い韓国市場の減速が響いた。
スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」は12月17日、世界各国の政治、社会、経済面での男女格差を総合的に評価した「世界男女格差(ジェンダーギャップ)報告書2019年版」を発表した。2019年世界男女平等度でフィリピンは16位だった。
トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグナ州サンタロサ市)を2016年1月1日から4年にわたって率いてきた鈴木知社長が帰任する。
一般社団法人海外留学協議会(JAOS)は加盟している42社ベースでの2018年のフィリピンへの日本人留学生が、前年比22%増の8,232人だったと発表した。米国の1万7,642人、豪州の1万6,426人、カナダの1万3,725人に次いで連続第4位となった。
三菱製鋼は、フィリピン子会社MSM CEBU社(本社:セブ州ラプラプ市マクタン経済区)のマニラ工場(所在地:ラグーナ州カランバ市)を新設、自動車サスペンション用ばね及び電子・電気機器用線ばね(精密ばね)の生産を開始する。
フィリピン中央銀行(BSP)は、2019年9月の外資直接投資(FDI)の速報値を発表した。9月の外資直接投資(FDI)純流入額は前年同月比2.9%減の5億6,600万米ドルにとどまった。
フィリピン統計庁(PSA)によると、2019年第3四半期(7月-9月)の政府の7投資機関による外資投資(FI)認可総額は前年同期比327.9%増の1,824億3,600万ペソと急増した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel