ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比のビール消費量、主要国で最大の伸びに

比のビール消費量、主要国で最大の伸びに

2019年12月26日

広告
広告

 キリンホールディングス(本社:東京都中野区、社長 磯崎功典氏)は、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」(http://www.kirin.co.jp/entertainment/daigaku/)を運営している。これは、ビールの楽しさ・奥深さを消費者に伝えるために2001年7月に開講したもので、美味しいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで様々な学部・施設で400以上の豊富な講義提供、パソコンでもスマホでも、365日24時間好きな時に好きなだけビールについて学習できる。

 今回は、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき計170の世界主要国および各地域において、2018年のビール消費量をまとめ、12月24日にその結果を発表した。この調査は1975年分から統計を開始している。それによると、2018年の世界の総消費量は前年比0.8%増の約1億8,879万キロリットル(633ミリリットルの大瓶換算で約24億本)で4年ぶりにプラス成長となった。東京ドームをジョッキに見立てると約152杯分に相当する量である。

 地域別では、アジア、北米が減少したがその他の地域は増加した。アジアのシェアは33.3%で11年連続の1位となった。ただし、フィリピン(8.8%増)、ベトナム(7.1%増)、インド(5.7%増)、タイ(1.6%増)などが牽引したものの、中国のマイナス成長の影響で、アジア全体では0.1%減の6,279万キロリットルと小幅ながら減少となった。アフリカ(4.4%増)は8年連続で増加した。

 国別では、中国が16年連続で1位となったものの前年比2%減の3,936万キロリットル(シェア20.9%)と連続減少。2位は米国の2,403万キロリットル(シェア12.7%)。以下、3位ブラジル、4位メキシコ、5位ドイツ、6位ロシア、7位日本、8位英国、9位ベトナム、10位スペインと続く。日本は前年比0.1%減の511万キロリットル(シェア2.7%)で12年連続の7位となった。上位25カ国の前年比増加率では、フィリピンの8.8%増が最大、2位はベトナムの7.1%増、3位はインドと英国の5.7%増であった。

 国別一人当たりビール消費量は、チェコが191.8リットル(633ミリリットルの大瓶換算で303本)で26年連続の1位となった。2位はオーストリア(同170本)、3位はドイツ(同159.7本)、4位はルーマニア(156.2本)、5位はポーランド(同155.1本)、6位はアイルランド(同151.3本)、7位スペイン(同135.9本)などと、断トツのチェコを筆頭に欧州勢が上位を占めている。日本は52位(同63.4本)であった。

 フィリピンについては、上記のとおり、消費量が8.8%増の216万キロリットルと好調、上位25カ国のうちで最大の伸びを見せた。2017年も13.8%増でタイの15.8%増に次ぐ第2位の伸びとなっており、このところの好調ぶりが際立っている。国別シェアは1.1%、国別順位は17位で2017年の19位、2016年の24位から急ピッチで上昇している。2018年は、天候による米不足などから一時的にインフレが加速し個人消費の伸びがやや鈍化する場面はあったものの、年間を通しては、持続的な経済成長による所得環境の改善などおおむね良好な環境に支えられ、ビール消費が続伸した。

 ちなみに、手許の過去データによると、フィリピンは、1990年代は消費量上位25カ国常連であり、20位台前半まで上昇する時期もあった。2000年代に入ると順位が低下傾向となり、2008年に国別消費量第25位にランクされたのを最後に2015年まで25カ国番付圏外が続いてきたが、2016年は久々に25カ国番付にランクイン(24位)、2017年は一気に19位まで上昇、2018年は一段と上昇した。

 なお、今年8月8月に発表された2018年ビール生産量においても、フィリピンは前年比11.0%増の222万キロリットル、4年連続でプラスとなり、国別順位は2017年の20位から17位へと上昇している。11.0%増という伸び率は、上位25カ国で唯一の二桁増加、断トツ(2位はメキシコの8%増)となっている。2017年の生産量も7.9%増と好調であったが、2018年は生産量増加ピッチに拍車がかかった(19年12月24日のキリンホールディングス株式会社ニュースリリースなどより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

日本政府観光局(JNTO)は12月18日、2019年11月の訪日外客数推計値を発表した。それによると、11月の訪日外客数は前年同月比0.4%減の244万1,300人で、2018年11月の245万0,751人を約1万人下回り、2カ月連続で前年同月を下回った。訪日外客数が多い韓国市場の減速が響いた。
スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」は12月17日、世界各国の政治、社会、経済面での男女格差を総合的に評価した「世界男女格差(ジェンダーギャップ)報告書2019年版」を発表した。2019年世界男女平等度でフィリピンは16位だった。
トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター・フィリピン(TMP、所在地:ラグナ州サンタロサ市)を2016年1月1日から4年にわたって率いてきた鈴木知社長が帰任する。
一般社団法人海外留学協議会(JAOS)は加盟している42社ベースでの2018年のフィリピンへの日本人留学生が、前年比22%増の8,232人だったと発表した。米国の1万7,642人、豪州の1万6,426人、カナダの1万3,725人に次いで連続第4位となった。
三菱製鋼は、フィリピン子会社MSM CEBU社(本社:セブ州ラプラプ市マクタン経済区)のマニラ工場(所在地:ラグーナ州カランバ市)を新設、自動車サスペンション用ばね及び電子・電気機器用線ばね(精密ばね)の生産を開始する。
フィリピン中央銀行(BSP)は、2019年9月の外資直接投資(FDI)の速報値を発表した。9月の外資直接投資(FDI)純流入額は前年同月比2.9%減の5億6,600万米ドルにとどまった。
フィリピン統計庁(PSA)によると、2019年第3四半期(7月-9月)の政府の7投資機関による外資投資(FI)認可総額は前年同期比327.9%増の1,824億3,600万ペソと急増した。
阪急阪神不動産は、12月5日、協働事業第4号「イデシア カブヤオ」(286戸)、第5号「イデシア サンホセデルモンテ」(1,437戸)を開始すると発表した。第3号までのプロジェクトとの累計では、阪急阪神不動産のフィリピンでの戸建て分譲住宅事業での参画戸数4,000戸超となる。
国際協力銀行(JBIC)は、日本の製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査を実施し、11月27日に結果を発表した。
比ユニクロは2019年11月29日に国内61号店(比ユニクロのウェブサイト表示による、一時閉鎖店も含む)となる「SMシティ・バギオ店」をオープンする。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel