ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > アヤラ教育事業に拍車、教員養成大学買収へ

アヤラ教育事業に拍車、教員養成大学買収へ

2018年2月9日

  アヤラコープは、教育関連投資会社である「AC エドケーション(AE)」などを通じて、教育事業を積極的に拡充・強化を推進中である。

 その一環として、このほど、ナショナル・ティーチャーズ・カレッジ(NTC)の株式96%を取得することを決定した。NTCは、マニラ首都圏マニラ市キアポに立地するフィリピン最古かつ有名な教員養成大学であり、1928年に設立された。

 アヤラコープは、2014年にAEを通じて、国際的な教育出版関連企業である英国ピアソンと合弁企業を設立、貧困層向けの格安学校「APECスクールズ」のチェーン展開を開始した。「APECスクールズ」は、義務教育すら満足に受けられない貧困層にも十分な教育機会を提供することと、都市部の公立学校における1クラスの肥大化(都市部では1クラス80人超の例も)に対応することを目的に、授業料が通常の市立学校の4分の1以下という格安学校を多数展開することを目的としている。「APECスクールズ」は現在、23都市に展開されており、生徒数は1万6,000人に達している。

 このほか、AEは、2015年7月、ヌエバ・カセレス大学(UNC)の株式60%を4億5,700万ペソで取得した。ルソン島南部の南カマリネス州ナガ市に立地するUNCは、学生数約8,000名、ビコール地方最大の大学で67年の歴史を有している。この「UNC」、「APECスクールズ」、買収予定の「NTC」の合計学生数は3万4,000名に達する。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel