ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > アヤラ系電子企業IMI、9カ月間で16%増益

スポンサードリンク:

アヤラ系電子企業IMI、9カ月間で16%増益

2017年11月7日

アヤラグループのエレクトロニクス企業インテグレイティド・マイクロエレクトロニクス(IMI)が、11月3日、2017年9カ月間(1月~9月)の決算速報を発表した。

 それによると、IMIの今9カ月間の収入は前年同期比29%増の7億9,620万米ドルに達した。中国の5G事業の遅れなどで中国事業の収入が同1%僧の1億9,820万米ドルと伸び悩んだ。しかし、フィリピンEMS事業が同4%増の1億9,720万米ドルと堅調、新収益源の欧州・メキシコ事業が同15%増の2億6,340万米ドルと好調で、中国事業の伸び悩みを完全にカバーした。これらの結果、純利益は同16%増の2,410万米ドルに達した。
 
 なお、フィリピンの自動車販売台数大幅増加、政府による自動車産業育成策発動などを背景に、当地を代表するコングロマリットであるアヤラグループが自動車事業を拡充しつつある。今後は、特に電動車(EV)や自動走行車分野に注力していく方針である。その動きのなかで中心的役割を担っていくがIMIと見られる。

 フィリピンの自動車販売台数大幅増加、政府による自動車産業育成策発動などを背景に、当地を代表するコングロマリットであるアヤラグループが自動車事業を拡充しつつある。今後は、特に電動車(EV)や自動走行車分野に注力していく方針である。その中心的役割を担っていくのがIMIと見られている。
 
 IMIは、総合電子機器受託製造サービス(EMS)プロバイダーで、自動車関連部品では、先端的ドライバー補助システム(ADMS)、安全コントロール装置、電子点火モジュール、ハイブリッドカーやEV用次世代インバーター・パワーモジュール、バッテリー管理システム、車載用カメラ等の先端オート部品・装置の開発・生産に注力してきている。すなわち、既にEV・自動走行車事業の素地を十分有しているといえよう。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel