ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > バンダイナムコがフィリピンにVRゾーン、ASEANで初

バンダイナムコがフィリピンにVRゾーン、ASEANで初

2018年10月16日

広告
広告

カジノリゾート「シティ・オブ・ドリームスM」に

 

大型カジノリゾート「シティ・オブ・ドリームス ・マニラ」(CDM)を運営するメルコ リゾーツ&エンターテイメント・フィリピン(MRP)は、10月14日、バンダイナムコ アミューズメント(バンダイナムコ、本社:東京都港区)と提携、CDM内に、ザ・ガレージ(The Garage)という新しい娯楽施設を開設。
 
 ザ・ガレージは、バンダイナムコの東南アジア初となるVR(バーチャル・リアリティ、仮想現実)ゾーンと高人気の10台の移動式飲食屋台で構成されており、2,714平方メートルという広大な面積を誇り、573席を有する。設計はパリを拠点とし創造性が高いと評されている設計事務所であるマエルベ・デザイン(Malherbe Design)。VRゲームと飲食が楽しめる大型娯楽施設はフィリピン初となる。
 
 CDMのケヴィン・ベニングCOO(最高執行責任者)は、「最先端技術と創造性を有するバンダイナムコと協働できることを喜ばしく思う。この協働により、フィリピン国内で従来のゲームと娯楽の枠を超えたエンターテインメント体験提供するパイオニアを目指す」とコメントしている。
 
 バンダイナムコのVR事業は、8月末時点で「VR ZONE Portal」 を日本国内で19店舗、海外で2店舗(英国)で展開しており、9月末に米国でオープン、韓国でもオープン予定となっている。バンダイナムコは、今後も次世代のエンターテインメントを世界各地に提供し、VR技術とアミューズメントビジネスを融合した事業拡大を目指す
 
 なお、フィリピン政府は、国家プロジェクトとして観光事業を強力に推進することを目的に、マ二ラ湾岸沿いに4つのカジノリゾートを核とする「マニラベイ・エンターテイメントシティー」を創設しつつある。2013年3月に「ソレア・リゾート&カジノ」(ソレア)がオープンした。そして、CDMが第2号となった。CDMは2014年12月14日にソフトオープン(部分開業)、2015年2月2日グランドオープン(全面開業)した。
 
 CDMを運営するMRPは、SMグループ総帥ヘンリー・シー氏傘下の娯楽・不動産企業ベルコープ・グループとマカオの有力カジノ企業メルコ・リゾーツ&エンターテイメント・リミテッド(NASDAQ:MLCO)との合弁企業である。

 
広告
広告
広告

その他の記事

株式会社イオンファンタジーは海外でも、フィリピン、中国、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナムにおいて、ファミリー向けアミューズメント施設およびインドアプレイグラウンドの直営展開を進めるとともに、香港、カンボジアにおいて、ライセンス契約およびフランチャイズの店舗を展開している。
10月2日、学校法人 加計学園が運営する岡山理科大学(岡山市北区理大町)は、「2018年9月20日、フィリピンの有力私立大学・マプア大学と教育・研究交流協定を締結した」と発表した。 マプア大学が外国の大学と同種協定を結ぶのは初めてである。
日本政府観光局(JNTO)は、10月1日、フィリピン・マニラに21カ所目となる海外事務所を開設した。 海外からの訪日旅行者数は2017年に過去最高の2,869万人を記録し、JNTOでは、2020年に4,000万人という政府目標に向けて、海外における訪日プロモーション事業の拡充・高度化に取り組んでいる。
丸紅は、10月2日、ドイツのWunder Mobility Solutions GmbH(Wunder社)とともに、フィリピン・マニラ首都圏において、デジタル技術を活用したシャトルバスサービス実証実験(以下、「本実証実験」)を開始したと発表した。
国際機関日本アセアンセンターは、「二国間クレジット制度(JCM)補助金活用による日本企業のASEAN展開」講座を開催する。日本政府は優れた低炭素技術等の普及を促進するべく、二国間クレジット制度(JCM)を構築・実施している。
カルビー(本社:東京都千代田区)は、フィリピンにおけるポテトチップ等の生産から撤退する。カルビーは、9月26日、『フィリピンの有力食品企業「ユニバーサル・ロビナ・コーポレーショ ン」(URC、本社マニラ首都圏パシグ市)との折半合弁企業「カルビー-URC」(資本金6億5,400万ペソ)の株式すべて(50%)をURCに譲渡することを決定し、9月25日付けでURCとの間で株式譲渡契約を締結した』と発表した。
ホテルオークラ(本社:東京都港区)は2017年に、フィリピンの「トラベラーズ・インターナショナルホテルグループ(トラベラーズ)」(本社:マニラ首都圏パサイ市)との間で、近く開業予定の『ホテルオークラ マニラ』に関する運営管理契約を締結した。これは、ホテルオークラにとって、マニラにおける2軒目のホテル開業計画となる。また、トラベラーズは有力持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)のカジノリゾート事業部門である。
フィリピンの大手不動産会社であるCentury Properties Group社(センチュリープロパティーズ、以下、センチュリー社)は、9月20日、フィリピン証券取引所(PSE)での情報公開において、三菱商事との合弁による新興中間層向け住宅開発企業「ファースト パーク ホームズ社」が始動したと発表した。
イートアンド株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都品川区)は、餃子専門店「大阪王将」の餃子の皮・具や「大阪王将羽根つき餃子」、「大阪王将ぷるもち水餃子」等、冷凍食品の製造工場であるイートアンド関東工場(群馬県邑楽郡)にて、2回目となる外国人技能実習生の受入れを実施すると発表した。今回受入れるのはフィリピンからの外国人技能実習生10名となる。
マニラ湾地区にて大型カジノリゾート「オカダ・マニラ」(Okada Manila)を展開しているユニバーサルエンターテインメント(旧社名アルゼ、ジャスダック上場)は9月19日、「オカダ・マニラ」の運営会社タイガー・リゾート・レジャー&エンターテインメント(TRLEI、タイガー・リゾート社)が日本支店を開設すると発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel