ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 越境飲食店ネット予約システム、フィリピンなどへも

スポンサードリンク:

越境飲食店ネット予約システム、フィリピンなどへも

2017年8月31日

 越境飲食店ネット予約・顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を提供する、株式会社VESPER(べスパー、本社:東京都中央区)は、日本国外における導入実績が10都市を突破し、東南アジア地域(ASEAN)へ進出した。

 また、東南アジア地域進出に伴い、東南アジア地域(ASEAN)の5言語(インドネシア語、マレーシア語、タイ語、フィリピン語、ベトナム語)に対応し、対応言語を業界トップとなる13カ国語に拡大しました。これにより、テーブルソリューションを利用中の飲食店は、さらなる外国人旅行客(インバウンド)の獲得強化が可能になった。

 海外導入1店舗目となった、2016年6月の香港唯一の三ツ星和食レストラン「Sushi Shikon」への導入に始まり、 パリ、 ハワイ、 カイロ、 アテネ、 ニューヨーク、 ロンドン、 ソウル、ロサンゼルス、バンコクの現地人気レストランにおいてテーブルソリューションが採用されており、これで日本国外合計10都市の飲食店で導入されたことになる。 利用店舗には、日本発のSaaSレストラン予約顧客管理システムとして初めての採用となったヒルトン・ホテルズ&リゾーツやその他大手インターナショナルホテルグループ、パリの一ツ星獲得フレンチ「Dominique Bouchet de Paris」、バンコクにおいて地元のタイ人からも人気の日本料理「割烹ひさ」などが名を連ねている。

 東南アジア地域からの旅行客は年々増加傾向にある。日本政府観光局(JNTO)の発表では、2017年6月の東南アジア地域からの訪日外国人数は、韓国、中国、台湾、香港に次ぐ約21万人である。これは6月期の訪日外国人数全体の約9%を占めており、2016年同月対比で約4.1万人増(約1.25倍)、2015年同月対比では約7万人増(約1.5倍)と急増している。また6月期のタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナムの6都市の訪日外国人数は単月としては過去最高の訪日外国人数を記録している。

 東南アジア地域からの訪日外国人の増加要因は「所得の増加」が挙げられる。今年に入り、これらの国を取り巻く外部環境の好転やコモディディ価格の上昇は2017 年末にかけても東南アジア諸国の経済が底堅く推移する起因と考えられている。「所得が1%増えると、訪日客数は2%以上増える」と言われていることから、今後も同地域からの訪日客の増加が予想される。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel