ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > カルビー、フィリピンポテトチップ類の生産撤退へ

カルビー、フィリピンポテトチップ類の生産撤退へ

2018年9月24日

広告
広告

URCとの合弁解消、ライセンス供与に転換

 

カルビー(本社:東京都千代田区)は、フィリピンにおけるポテトチップ等の生産から撤退する。

 カルビーは、9月26日、『フィリピンの有力食品企業「ユニバーサル・ロビナ・コーポレーショ ン」(URC、本社マニラ首都圏パシグ市)との折半合弁企業「カルビー-URC」(資本金6億5,400万ペソ)の株式すべて(50%)をURCに譲渡することを決定し、9月25日付けでURCとの間で株式譲渡契約を締結した』と発表した。

 カルビーは、2014年4月、アジアにおけるスナック菓子の有力な市場の一つと考えていたフィ リピンにおいて、カルビー製品の市場参入とシェア拡大を図るため、フィリピンで強いブランド力と販売力を有するURCとの折半合弁企業「カルビー-URC」を設立、2015年にポテトチップスやじゃがビーの製造・販売を開始した。

 しかし、「カルビー-URC」は多くの安価なローカルブランドとの競合において苦戦し、目標としていた3年後の黒字化は難しく赤字が続いている。ちなみに、2015年が売上高2億1,434万ペソ、損失額1億ペソ、2016年が売上高2億0,448万ペソ、損失額8,534万ペソ、2017年が売上高2億,2732万ペソ、損失額9,566万ペソと推移している。

 このような状況において、カルビーの海外事業戦略の見直しの中で事業の採算性を精査し、相互で協議した結果、URCが現在の合弁会社を引き継ぐことに合意、合弁契約を解消することとなった。 ただし、フィリピンのスナック市場は今後も拡大が見込まれる有望な市場であるため、合弁契約解消後もURCにライセンシングを行い、フィリピンにおいてカルビーブランド商品の製造・販売を行うこ とで合意している。

 なお、URCはフィリピンの有力財閥であるゴコンウェイ財閥傘下の大手食品企業である。主力の消費者向けブランド食品(BCF)のほか、砂糖や小麦粉などの生活必需品など幅広く食品事業を展開している。また、日清食品との合弁企業「日清ユニバーサル・ロビナ」において 即席袋めん・カップめんの製造販売をおこなっている。この「日清ユニバーサル・ロビナ」の業績は堅調に推移している

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピンの大手不動産会社であるCentury Properties Group社(センチュリープロパティーズ、以下、センチュリー社)は、9月20日、フィリピン証券取引所(PSE)での情報公開において、三菱商事との合弁による新興中間層向け住宅開発企業「ファースト パーク ホームズ社」が始動したと発表した。
イートアンド株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都品川区)は、餃子専門店「大阪王将」の餃子の皮・具や「大阪王将羽根つき餃子」、「大阪王将ぷるもち水餃子」等、冷凍食品の製造工場であるイートアンド関東工場(群馬県邑楽郡)にて、2回目となる外国人技能実習生の受入れを実施すると発表した。今回受入れるのはフィリピンからの外国人技能実習生10名となる。
マニラ湾地区にて大型カジノリゾート「オカダ・マニラ」(Okada Manila)を展開しているユニバーサルエンターテインメント(旧社名アルゼ、ジャスダック上場)は9月19日、「オカダ・マニラ」の運営会社タイガー・リゾート・レジャー&エンターテインメント(TRLEI、タイガー・リゾート社)が日本支店を開設すると発表した。
在フィリピン日本国大使館(日本大使館)は、9月18日、「サウス・コタバト州ジェネラル・サントス市における爆発事件に伴う注意喚起」というタイトルの注意喚起情報を発出した。
ファーストリテイリングはフィリピンにおけるユニクロ店舗の出店、運営を目的として、2012年1月にSMリテール社と共同出資して合弁会社「ファーストリテイリング・フィリピン社(FRPI、所在地:マニラ首都圏パサイ市)」を設立した。ファーストリテイリングの出資比率は75%である。
サッカーJリーグの湘南ベルマーレは、クラブの国際化の一環として、フィリピン フットボールリーグ所属の「ダバオ・アギラスFC(Davao Aguilas FC)」とパートナーシップを締結することとなった。
フィリピン最大の格安航空会社(LCC)セブ航空(ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、セブ経由の日本路線を増便し、ビサヤ地域やミンダナオ地域の人々が日本へ容易に旅行できるようにする。
商船三井(本社:東京都港区)がフィリピンのカビテ州ダスマリーニャス市サリトラン(首都マニラから南に約30km)においてマグサイサイ・マリタイム社と共同で開設準備を進めてきた商船大学「MOL マグサイサイ・マリタイム・アカデミー(MMMA)」の開校式が、9月12日に開催された。
日本外務省は9月10日、「台風22号の接近に伴う注意喚起(北マリアナ諸島、フィリピン、台湾、中国沿岸地域)」いうタイトルの海外安全情報(広域情報)を発出した。
PLDTのIT子会社であるePLDTは、このほど、ePLDTのデータセンター「VITRO セブ2」(所在地:セブ州マンダウエ市のPLDTコンパウンド)が、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)から、「Nexcenter」として認定されたと発表した。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel