ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 長大、フィリピンで二国間クレジット(JCM)事業推進

長大、フィリピンで二国間クレジット(JCM)事業推進

2019年4月4日

広告
広告

東京センチュリーとともに啓蒙・普及活動も

 

総合建設コンサルタントの長大(本社:東京都中央区、東証一部上場:証券コード962)は、2月19日に、フィリピンのマニラで開催された「フィリピンにおける低炭素技術の普及のためのJCMワークショップ」に参加、講演のために登壇した。 本ワークショップは日本環境省、フィリピン環境天然資源省(DENR)ならびに公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の共催で開催された。 

 二国間クレジット制度(JCM)は、途上国への温室効果ガス削減技術や製品、システム、インフラ等の普及や対策を通じて実現した温室効果ガス排出削減・吸収への日本の貢献を定量的に評価するとともに、日本の削減目標の達成に活用するものである。 フィリピンとは、2017年1月12日に合意し、フィリピンは17国目の署名国となった。 

 今回、フィリピンで開催された本ワークショップは、比国における JCM を通じた低炭素技術のさらなる普及に向け、JCM設備補助といった資金支援事業や、関連する施策の理解を深めることを目的として実施された。 ワークショップでは、「COP24の結果とパリ協定」、「JCMの最新動向と設備補助事業」に関する発表が行われ、 長大からはJCM設備補助事業を活用し、フィリピンで具体的なプロジェクトを実施している民間企業の代表として東京センチュリーと共に登壇、講演を行った。ワークショップには政府関係者、民間事業者など約70名が参加。JCM設備補助を活用した具体的な案件組成や実施方法等について活発な議論が行われた。 

 これまで、フィリピンでは計8件(2018年6月25日現在)のJCM設備補助案件が採択されており、長大は、2017年よりミンダナオ島タギボ川4MW小水力発電事業を、2018年よりミンダナオ島ブトゥアン市2.5MWもみ殻発電事業およびミンダナオ島タギボ川上水供給施設0.16MWマイクロ水力発電事業の計3件について代表事業者と してプロジェクトを実施中である。 

 講演は長大の事業推進本部事業企画部が行い、はじめに長大グループの紹介および長大グループの成長戦略と再生可能エネルギー事業の取り組みを紹介した後、上記のJCM設備補助を活用した再生可能エネルギー事業について講演した。講演後は、民間事業者を中心に具体的な案件組成やアプローチ、JCM設備補助の 活用等、各種ファシリティの活用やコンサルティング・サービス等について活発な質疑やコメントがあり、改めてフィリピンにおけるJCMおよびファシリティ活用への関心の高さを窺う事が出来た。 

 長大はこれまで、雇用不足と和平問題が根深く存在するミンダナオ島において、同島北東部カラガ地域の中心都市ブトゥアン市を拠点とし、同市に本拠地を置くエクイパルコ・コンストラクション・カンパニー(エクイパルコ社)、およびツインピーク・ハイドロ・リソーシス・コーポレーション(ツインピーク社)と共に、様々な事業を通して地域の経済開発に貢献してきた。また、JCM設備補助案件に先行し着工したアシガ川8MW小水力発電事業については、エクイパルコ社、ツインピーク社と共に長大も出資参画し事業を推進してきた。当該事業については、昨年に施設を竣工し既に商業運転を開始している。

 長大は、一貫して日本に関係する主体が可能な限り関与・協働する機会を創出し、日本からのヒト・モノ・カネを取り込んでいくつなぎ役を実践してきた。引き続き、日本政府が推し進める質の高いインフラ輸出や低炭素 社会の構築にも沿う形で事業の推進を図り、低炭素型経済開発を通して地球温暖化対策や日本国による温室効果ガス(GHG)排出削減量獲得に貢献して行く方針である。また、日本の政府系機関や地方自治体、民間企業の参画機会を最大限に増やすべく、日本や日本企業とのつなぎ役としての機能を担いながら、ブトゥアン市周辺エリアをはじめ、ミンダナオ島の経済発展に強く貢献をしていきたいとも考えている(19年4月3日の株式会社長大ニュースリリースなどより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン第2位(総資産ベース)の商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車販売金融事業も強化している。
農林中央金庫(農林中金、本店:東京都千代田区)は、ベトナム投資開発銀行(BIDV)、およびフィリピンのBDOユニバンク(BDO、本社:マニラ首都圏マカティ市)と、主に東南アジアでの金融業務にかかる相互補完と機能強化を目的とした業務提携の覚書(MOU)を締結した。
双日はフィリピンにおいて、小麦粉製造業及び小麦粉を中心とした食料原料販売と、パンの製造・販売に参入しつつある。
日本外務省は、3月18日、フィリピンについての海外安全情報(危険情報)の内容を更新した。危険度は以下の様に、これまでの継続となっている。
ユニバーサルエンターテインメントは3月13日、フィリピンのマニラ・ベイ地区で展開している統合型リゾート(IR)施設『Okada Manila(オカダ・マニラ)』の2019年2月度の月次実績(速報値)について発表した。
三菱電機は、経済成長著しいフィリピンにおけるFA(ファクトリーオートメーション)システム事業強化の一環として、子会社であるセツヨーアステックと、FA機器の現地販売代理店Integrated Factory Automation Inc.(IFA社)との3社の共同出資により、MELCO Factory Automation Philippines Inc.(メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン)を設立する。
丸紅は、フィリピン大手建設会社 D.M. コンスンヒ(DMCI)と共同で、フィリピン運輸省より、マニラ首都圏軽量高架鉄道(LRT)2号線(LRT2号線)の東延伸案件(延伸区間:4km、2駅)を受注した。受注額は約69億円である。
味の素株式会社(本社:東京都中央区)は、2019年11~12月にフィリピン で開催される第30回 Southeast Asian Games(東南アジア競技大会、以下、「SEA Games」)のスポンサーシップ契約を3月6日締結した。味の素は同大会の最高位のスポンサーとして支援活動を実施する。 
駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京都千代田区)の関連部門である海外校では、2019年4月より、北米4校目になる校舎をアメリカ・ヒューストンに、ヨーロッパ3校目になる校舎をドイツ・フランクフルトに、アジア10校目になる校舎をフィリピン・マニラに開校予定である。
東京センチュリー(本社:東京都千代田区)は、先頃インドネシアのバリにおいて日本環境省とインドネシア政府等により開催された『第10回東アジアサミット-持続可能な都市に関するハイレベルセミナー』において、JCM(二国間クレジット制度)設備補助事業の内容とファイナンスサービスについて講演を行った。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel