ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 長大、フィリピン現地法人を設立

スポンサードリンク:

長大、フィリピン現地法人を設立

2017年11月29日

<東証一部に昇格、来年3月には創立50周年>
 総合建設コンサルタント企業である長大(本社:東京都中央区)は、2018年3月8日に創立50周年を迎える。これに先立ち、今年10月にはコンサルタント業務を担当した『つばさ橋』(カンボジア国プノンペン市)がFIDIC(国際コンサルティングエンジニア連盟)Awardにおいて優秀賞受賞、11月22日より東京証券取引所(東証)市場第二部から同市場第一部銘柄に指定替えなど慶事が続いている


<比でクリーンエネ、アグリ、工業団地等の事業>
 この長大は、フィリピンにおいては、ミンダナオ島北東部カラガ地方の中心都市であるブトゥアン市や北アグサン州周辺などで広範な開発事業を推進してきている。雇用不足と和平問題が根深く存在してきたミンダナオ島において、ミンダナオ島最大のゼネコンであるエクイパルコ社、ツインピーク社、ハイドロリソース社という現地企業などと共に、様々な事業を展開、存在感を高めつつある。


【 第1 ステージ(2011 年~2015 年)】
 3つの河川での小水力発電事業、バイオマス発電事業、風力発電事業、人口約35 万人のブトゥアン市への水道供給コンセッション事業、高生産性・高付加価値を提供する営農技術と養殖再生技術に基づくアグリ・アクア事業など、経済産業省、JICA、JBIC からの支援を得ながら、民間主導型PPP による地域開発として個別の事業開発を行うことで地域の経済開発に貢献。
 なお、養鰻事業では、農林水産省のJAS規格を取得し安心安全な鰻の生産、日本メーカーの餌と日本製の自動かば焼き機を使った製品製造を展開しており、比国内外に出荷を開始している。また、海老養殖事業では、放棄された養殖池に日系系民間企業の土壌改良資材を用いることで、養殖可能な養殖池によみがえらせることで、旧来盛んであった海老養殖業の復興を目指す取り組みを進めている


【第2 ステージ(2016 年~2020 年)】
より深く地域の経済発展に貢献するべく、また、世界的な趨勢である低炭素社会を目指し、再生可能エネルギー事業開発を拡大すると共に、日系企業誘致を目指す約140ha の低炭素型工業団地開発事業に取り組む。地域の天然資源を活用した創エネと、その有効活用を図るための省エネ型工業団地への農林水産品加工業誘致により、エネルギーの地産地消をベースにした低炭素型経済開発を進める。また、同地域で生産された産品のバリューチェーンを構築するため、道路・港湾等の周辺インフラの開発・強化提案により両国政府の関与を促し、より本格的なPPP による地域開発を進めていく。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel