ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 電算システム、比ミニストップで収納窓口システム開始

電算システム、比ミニストップで収納窓口システム開始

2018年2月8日

電算システム(東京証券取引所市場第一部上場、本社:岐阜県岐阜市)は、電算システムの資本業務提携先であり、フィリピン最大の電力会社マニラ電力(メラルコ)グループであり、フィリピン最大手の収納代行窓口企業であるシーアイエス・バヤドセンター社(CIS Bayad Center, Inc.、本社:マニラ首都圏パシグ市、以下「バヤドセンター」)と、フィリピンの収納窓口システムを稼動し、現地ミニストップの一部店舗において今月から料金支払い受付サービスを開始する。

 収納窓口システム(フィリピン版Biz@gent{ビズエージェント})は、電算システムが日本国内で提供している「収納窓口サービスBiz@gent」や「収納代行サービス」のノウハウを活かして、フィリピンのコンビニエンスストア等の小売店チェーン向けに新たに開発したもので、東濃IDCの仮想基盤の上でそのサーバサービスを運営している。

 バヤドセンターは、電算システムのフィリピン版ビズエージェントを利用して、同社が提携をしているロビンソンズ・リテール・ホールディングス RRHI)傘下で、フィリピンでミニストップを展開するロビンソンズ・コンビニエンスストアの店頭において2月中に電気、水道、電話等の料金支払い受付を開始する。バヤドセンターの既存窓口ではそれぞれ営業時間が設定されているが、ミニストップでは、24時間365日取扱いが可能となる。まずは、パイロット店舗として数店舗での開始をしたのち、順次、フィリピン版Biz@gentの導入店舗を増やし、取扱い窓口を拡大していく予定である。そして、電算システムとバヤドセンターは、今後も小売店チェーンにフィリピン版Biz@gent導入を進めていく方針である。

 なお、電算システムは、2016年3月、バヤドセンターと収納代行サービス事業に関する合意覚書(MOA )を締結、電算システムがビズエージェントをフィリピン国内の小売業店舗で収納代行が取扱いできるソフトウェアサービスとして開発した。同年7月から、電算システム社員をバヤドセンターに派遣した上、両社共同で同国内の小売業店舗との商談を推進、2017年3月には、電算システムによるバヤドセンター株式5%取得合意がなされた。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel