ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 航空電子、比のコネクタ生産能力更に増強

航空電子、比のコネクタ生産能力更に増強

2018年2月7日

広告
広告

日本航空電子工業(本社:東京都渋谷区)は、コネクタ事業の生産拠点であるJAE Philippines(カビテ州ジェネラル・トリアス・ゲートウェイ・ビジネスパーク、社長:渡辺 悟氏)の第二工場に新棟(B棟)を建設する。自動車用コネクタ等の需要増加に対応するとともに、今後の一層の事業拡大に向けた生産体制の強化を進める。

 JAE Philippinesは、1997年の操業開始から自動車向けを中心としたコネクタ及びハーネス生産拠点として順調に事業を拡大し、昨年20周年を迎えた。この間、2000年には建物を約2倍に増強、2013年には第二工場を建設し、コネクタ関連部品及びハーネスの生産能力を増強してきた。さらに近年、自動車向けコネクタ、ハーネスの需要拡大に加え、Type−CコネクタDX07シリーズなどのICTハーネスの生産も拡大し、生産スペースが狭隘化したことから、新棟建設を決定したものである。

 今回着工する第二工場B棟(鉄骨造平屋建)は延床面積約1万8千�uであり、第一工場を含めたJAE Philippines全体の総床面積は、現状の3万1千平米から1.5倍以上の4万9千平米に拡張される。

 
広告
広告
広告

その他の記事

住友金属鉱山(住友鉱、本社:東京都港区)のフィリピンでの事業基盤拡大、資源高度有効活用が進展している。 世界のニッケル資源の確保には、低品位鉱石からのニッケル分の回収が必須となっている。
東京センチュリー現地法人であるPT. Century Tokyo Leasing Indonesia(インドネシア)及びBPIセンチュリートーキョー リース&ファイナンス社(フィリピン、バンク・オブ・ザ・フィリピンアイランズ{BPI}との合弁企業)が、各々の案件の事業運営資金を提供する。
フィリピン観光省によると、2017年12月の海外からのフィリピン訪問者数は前年同月比6.4%増の61万3,372人。 この数字にはフィリピン人海外就労者(OFW)を除く在外フィリピン人(比国籍保持者)も含まれている。
ヤクルトグループは、現在約40の国と地域で乳酸菌飲料を販売している。フィリピンでは、ヤクルト本社が40%出資するフィリピンヤクルト(持分法適用会社、所在地:首都圏マニラ市)が、1978年10月から販売を行っている。
太陽グラントソントンは、1月29日、2017年11月に実施した非上場企業を中心とする中堅企業(従業員数100人~750人)経営者の意識調査の結果を公表した。
既報のとおり、フィリピン自動車工業会(CAMPI)など工業会加盟企業、自動車輸入販売企業協会(AVID)加盟企業、非加盟独立系企業の合計から重複加盟分(フォードなど)を調整した2017年のフィリピン新車総販売台数は前年比同17.3%増の47万3,943台に達し、工業界加盟企業ベースのみならず、総販売台数ベースでも6年連続での史上最高記録となった。
先頃、フィリピン自動車工業会(CAMPI)は、2017年年間 (1月~12月)の新車販売台数(CAMPIとトラック工業会加盟企業分のみ:以下工業会加盟企業分と記す)が、前年比18.4%増の42万5,673台に達し6年連続での史上最高記録となったと発表した。
日本外務省は、1月24日、フィリピンについての海外安全情報(危険情報)を発出した。危険度は以下の様に、これまでの継続となっている。
フィリピン統計庁(PSA)によると、2017年第4四半期の一人当たり名目GDPは前年同期比6.9%増の4万2,230ペソ、名目GNIは6.5%増の5万0,036ペソ、一人当たり名目家計最終消費支出は7.0%増の3万0,913ペソだった。
2017年第4四半期のGDP(国民総生産)実質成長率6.6%に対する各セクターの寄与度は、農林水産業0.2%ポイント、鉱工業2.5%ポイント、サービス産業3.8%ポイント。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel