ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 航空電子、比のコネクタ生産能力更に増強

航空電子、比のコネクタ生産能力更に増強

2018年2月7日

日本航空電子工業(本社:東京都渋谷区)は、コネクタ事業の生産拠点であるJAE Philippines(カビテ州ジェネラル・トリアス・ゲートウェイ・ビジネスパーク、社長:渡辺 悟氏)の第二工場に新棟(B棟)を建設する。自動車用コネクタ等の需要増加に対応するとともに、今後の一層の事業拡大に向けた生産体制の強化を進める。

 JAE Philippinesは、1997年の操業開始から自動車向けを中心としたコネクタ及びハーネス生産拠点として順調に事業を拡大し、昨年20周年を迎えた。この間、2000年には建物を約2倍に増強、2013年には第二工場を建設し、コネクタ関連部品及びハーネスの生産能力を増強してきた。さらに近年、自動車向けコネクタ、ハーネスの需要拡大に加え、Type−CコネクタDX07シリーズなどのICTハーネスの生産も拡大し、生産スペースが狭隘化したことから、新棟建設を決定したものである。

 今回着工する第二工場B棟(鉄骨造平屋建)は延床面積約1万8千�uであり、第一工場を含めたJAE Philippines全体の総床面積は、現状の3万1千平米から1.5倍以上の4万9千平米に拡張される。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel