ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > ドールのフィリピン産「極撰バナナ」10周年、12億本以上販売

ドールのフィリピン産「極撰バナナ」10周年、12億本以上販売

2019年4月8日

広告
広告

テレビCM「生産者編」放映、ミンダナオ島の農園紹介

 

ドール(本社:東京都千代田区)は、Dole(ドール)「極撰バナナ」の新TV‐CM「生産者」篇を、4月5日から21日まで関東、関西含む全10エリアでオンエア。このCMは4K放送対応で制作しているので、美しい「極撰バナナ農園」の姿を、ドールのホームページのほか、全国の家電量販店の4Kテレビコーナーでも流される。

 「極撰バナナ」は、ドールが研究・開発した100種類以上の中から日本人の味覚に合うよう選び抜かれた甘み、香り、食感、すべてが高品質なバナナである。今年で発売より10周年を迎え、販売数量は12億本を超えた。そこで今回のCMでは、フィリピンのミンダナオ島にある標高500メートルの広大なドールのバナナ農園にスポットをあて、ここで育成される「極撰バナナ」の美味しさの秘密について紹介する。

 こいのCMは、朝霧、こぼれる陽ざし、鳥のさえずりからはじまる。農園の朝は5時と早く、バナナ栽培はすべて手作業である。CMに出演したレナンテさんは、実際に農園で働く熟練した作業員で、育苗施設で育った苗を、1株ずつ植え付け、間引き、剪定、さらに擦り傷を防ぐためにひと房ごとに緩衝材を入れている。また、害虫や鳥たちによる被害から守る袋がけなど、様々な手入れを丁寧に行う。200本のバナナがつく大房(ステム)が育つまで約1年間、株分けから収穫まで振り返るとじつに約2年の月日がここ「極撰バナナ農園」で流れていく。

 「極撰バナナ農園」のある高地は昼夜の寒暖差が大きく、夜の気温が急激に下がるため、収穫まで長い期間を必要とする。そのため、高地栽培バナナは、糖分に変換されるデンプン質が増え、もっちり濃い甘さのバナナに生育する。「極撰バナナ」の美味しさの秘密はまさにこの「極撰バナナ農園」にある。今回、ドールでは4K放送対応に加え、初めてドローンによる空中撮影も実施し、映像、音質にも徹底的にこだわった(19年4月4日の株式会社ドールのニュースリリースなどより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

ホテルオークラ(本社:東京都港区)は2017年に、フィリピンの「トラベラーズ・インターナショナルホテルグループ(トラベラーズ)」(本社:マニラ首都圏パサイ市)との間で、『ホテルオークラ マニラ』に関する運営管理契約を締結した。
フィリピン第2位(総資産ベース)の商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)が自動車販売金融事業も強化している。
農林中央金庫(農林中金、本店:東京都千代田区)は、ベトナム投資開発銀行(BIDV)、およびフィリピンのBDOユニバンク(BDO、本社:マニラ首都圏マカティ市)と、主に東南アジアでの金融業務にかかる相互補完と機能強化を目的とした業務提携の覚書(MOU)を締結した。
双日はフィリピンにおいて、小麦粉製造業及び小麦粉を中心とした食料原料販売と、パンの製造・販売に参入しつつある。
日本外務省は、3月18日、フィリピンについての海外安全情報(危険情報)の内容を更新した。危険度は以下の様に、これまでの継続となっている。
ユニバーサルエンターテインメントは3月13日、フィリピンのマニラ・ベイ地区で展開している統合型リゾート(IR)施設『Okada Manila(オカダ・マニラ)』の2019年2月度の月次実績(速報値)について発表した。
三菱電機は、経済成長著しいフィリピンにおけるFA(ファクトリーオートメーション)システム事業強化の一環として、子会社であるセツヨーアステックと、FA機器の現地販売代理店Integrated Factory Automation Inc.(IFA社)との3社の共同出資により、MELCO Factory Automation Philippines Inc.(メルコ・ファクトリーオートメーション・フィリピン)を設立する。
丸紅は、フィリピン大手建設会社 D.M. コンスンヒ(DMCI)と共同で、フィリピン運輸省より、マニラ首都圏軽量高架鉄道(LRT)2号線(LRT2号線)の東延伸案件(延伸区間:4km、2駅)を受注した。受注額は約69億円である。
味の素株式会社(本社:東京都中央区)は、2019年11~12月にフィリピン で開催される第30回 Southeast Asian Games(東南アジア競技大会、以下、「SEA Games」)のスポンサーシップ契約を3月6日締結した。味の素は同大会の最高位のスポンサーとして支援活動を実施する。 
駿台予備学校を運営する学校法人駿河台学園(東京都千代田区)の関連部門である海外校では、2019年4月より、北米4校目になる校舎をアメリカ・ヒューストンに、ヨーロッパ3校目になる校舎をドイツ・フランクフルトに、アジア10校目になる校舎をフィリピン・マニラに開校予定である。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel