ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > ジェトロ、「フィリピン省エネ商談会」開催

ジェトロ、「フィリピン省エネ商談会」開催

2018年2月18日

広告
広告

 日本貿易振興機構(ジェトロ)は、「フィリピン省エネ商談会」を開催する。

 フィリピンはASEAN第2位を誇る1億人強の人口を有し、24歳以下人口が50%を超えており、さらに2016年までの6年間でGDP成長率は平均6%を超えている。製造業振興政策の各種強化に伴い、自動車産業の発展が見込まれており、GDPベースでの製造業の成長率は2013年から年平均8%となっている。

 ドゥテルテ大統領就任以来推進されているインフラ整備や外国企業の参入も加速することで、電力需要は2015年実績と比べ2021年には40%以上増加すると見込まれる。産業向け電力料金は、ASEAN内はもとより、日本と比べても高く、負担軽減のための政府による補助制度等も無いことから、電力コストの削減・省エネ推進が企業(製造業、大型商業施設等)にとっては大きな課題となっており、政府は今後2040年までにエネルギー原単位(エネルギーに関する生産効率を表す指標)を2005年レベルから50%削減することを省エネ目標としている。

 こうした中、フィリピンでは省エネルギー技術・製品・システムのニーズが高まっている。ビジネス面では、照明、空調、冷凍・冷蔵、電力消費管理、自動省エネ充電等の省エネ技術、とりわけ、既存の設備をある程度活かしながら付加的に装着・設置することで電力消費を削減できる製品や、比較的短い使用期間でも定量的な省エネ効果が期待できる製品に対する関心が高まっている。また、日本に比べ設備のトラブルや停電が多いため、電力を安定供給する技術のニーズもある。

 そこでジェトロは、2016年、2017年に続き、本年もフィリピンにおける日本の省エネ技術の市場開拓を図るべく、日本企業16社の参加を得て、下記のとおり商談会を開催する。

【会期、会場】:
 3月6日(火) 10:00~17:00(予定) (ラグナ州) Paseo Premiereホテル 
 3月7日(水) 10:00~17:00(予定) (マカティ市) Makati Diamond Residences 
※ 3月5日(月)10:00~13:00にMakati Diamond Residences内会議室にて商談会に参加する日本企業向けブリーフィング及びネットワーキングランチを実施。
【形式】:1対1の個別商談会、和英通訳付き
【参加費用】:無料
【日本企業】:省エネ技術を有する日本企業16社
【主催】:ジェトロ
【後援】:フィリピン日本人商工会議所、マカティビジネスクラブ、PHILJEC(比日経済委員会)
【問合せ先】:ジェトロ・マニラ事務所 担当:坂田氏(電話)02-892-4376(ジェトロのイベント情報より)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

フィリピン自動車工業会(CAMPI)が、2月12日、2018年1月の新車販売動向を発表した。 それによると、 2018年1月のフィリピン国内四輪車新車販売台数 (CAMPIとトラック工業会加盟企業分:以下工業会加盟企業分と記す)は、前年同月比4%増の3万1,645台であった。
イオンファンタジーはフィリピンで、2014年5月に子会社「イオンファンタジー・フィリピン」を設立した。そして、同年11月に、イオンファンタ ジーキッズーナ フィリピン1号店がマニラ首都圏ケソン市のショッピングモール「ロビンソンズ・ガレリア」内にグランドオープンした。 
アヤラコープは、教育関連投資会社である「AC エドケーション(AE)」などを通じて、教育事業を積極的に拡充・強化を推進中である。
電算システムは、2016年3月、バヤドセンターと収納代行サービス事業に関する合意覚書(MOA )を締結、電算システムがビズエージェントをフィリピン国内の小売業店舗で収納代行が取扱いできるソフトウェアサービスとして開発した。
日本航空電子工業(本社:東京都渋谷区)は、コネクタ事業の生産拠点であるJAE Philippines(カビテ州ジェネラル・トリアス・ゲートウェイ・ビジネスパーク...続きを読む
PSEの2017年の収入は前年比10%増の16億3,000万ペソとなった。新規上場案件が4件と低調であったが、1日当たり売買金額が前年比3%増の80億6,000万ペソと堅調であったこと、PSEテキタイトのオフィススペース売却などによりその他収入が急増したことで増収となった。
住友金属鉱山(住友鉱、本社:東京都港区)のフィリピンでの事業基盤拡大、資源高度有効活用が進展している。 世界のニッケル資源の確保には、低品位鉱石からのニッケル分の回収が必須となっている。
東京センチュリー現地法人であるPT. Century Tokyo Leasing Indonesia(インドネシア)及びBPIセンチュリートーキョー リース&ファイナンス社(フィリピン、バンク・オブ・ザ・フィリピンアイランズ{BPI}との合弁企業)が、各々の案件の事業運営資金を提供する。
フィリピン観光省によると、2017年12月の海外からのフィリピン訪問者数は前年同月比6.4%増の61万3,372人。 この数字にはフィリピン人海外就労者(OFW)を除く在外フィリピン人(比国籍保持者)も含まれている。
ヤクルトグループは、現在約40の国と地域で乳酸菌飲料を販売している。フィリピンでは、ヤクルト本社が40%出資するフィリピンヤクルト(持分法適用会社、所在地:首都圏マニラ市)が、1978年10月から販売を行っている。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel