ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 日本外務省が比危険情報発出、危険レベル継続

日本外務省が比危険情報発出、危険レベル継続

2018年1月26日

日本外務省は、1月24日、フィリピンについての海外安全情報(危険情報)を発出した。危険度は以下の様に、これまでの継続となっている。

<地域別危険度>
・ミンダナオ地域の中部以西(周辺海域を含む)
 「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」(継続)

・パラワン州南部(プエルトプリンセサ市以南地域)及びミンダナオ地域の中部以東(但し、カミギン州、ディナガット・アイランズ州、カガヤン・デ・オロ市、ダバオ市及びジェネラル・サントス市を除く)(周辺海域を含む)
 「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」(継続)

・上記地域以外のマニラ首都圏を含む全地域
 「レベル1:十分注意してください」(継続)

 ポイントとして、以下の様に記載されている。
・主に,ミンダナオ地域のレベル3(渡航中止勧告)発出地域では、武装勢力による身代金目的の外国人誘拐等が多発しているほか、2017年5月以降、南ラナオ州マラウィ市を占拠していたイスラム過激派組織と治安部隊との間で続いた衝突は、同年10月に終結を迎えたものの、未だに現地では同組織関係者の捜索等が続行されており、流動的な治安情勢が続いている。これらの地域には目的の如何を問わず渡航は止められたし。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel