ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 日清食品の比即席麺事業好調、9カ月間で24%増益

スポンサードリンク:

日清食品の比即席麺事業好調、9カ月間で24%増益

2017年11月9日

日清食品グループ(日清グループ)は、フィリピンにおいて、ゴコンウェイ・ファミーリーの有力食品企業ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁企業「ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション」(ニッシンURC、1996年設立、会計期末12月に変更、本社:マニラ首都圏ケソン市)を通じて即席麺事業を展開、カップ麺ではトップ企業となっている。現在の日清グループのニッシンURC株式保有比率は49%となっている。

 このニッシンURCの業績が好調に推移している。URCの2017年第3四半期報告書などによると、ニッシンURCの2017年9カ月間(1月~9月)の売上高は前年同期比18%増の37億6,800万ペソ、EBITDA(税前・償却前・利払い前利益)は同24%増の6億8,700万ペソ、純利益は同24%増の4億2,500万ペソと二桁増収増益となった。

 今年から決算期がこれまでの9月から12月へと変更された。決算期変更前の2016年度(2015年10月~2016年9月)の売上高は前年度比18%増の42億0,900万ペソ、純利益は同52%増の4億6,300万ペソと二桁増収大幅増益であった。決算期は異なっているが、2017年も好調な推移となっている。フィリピンの高い経済成長率や好調な個人消費、即席麺、特にカップ麺の需要拡大にくわえ、日清グループのフィリピン事業強化策の奏功といえよう。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel