ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 18年のフィリピンビール生産11%増、主要国で最高の伸び率

18年のフィリピンビール生産11%増、主要国で最高の伸び率

2019年8月9日

広告
広告

唯一の二桁増加、世界17位(前年20位)、ASEAN2位

 

キリンホールディングス(キリン)は、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」を運営している。これは、ビールの楽しさ・奥深さを顧客に伝えるべく2001年7月に開講したもので、おいしいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、さまざまな学部・施設があり、24時間365日通学できる。

 今回、世界各国のビール協会などに対して独自に実施したアンケート調査と最新の海外資料に基づき、計171の世界主要国および各地域について、2018年のビール生産量をまとめた。この調査は1974年分から統計を開始している。2018年の結果は以下のとおり。

1.2018年の世界のビール生産量は前年比0.6%増、5年ぶりに増加
 2018年の世界のビール生産量は、前年より約109万キロリットル(kl)増(前年比0.6%増)の約1億9,110万klとなった。東京ドームをジョッキに見立てると、約154杯分(東京ドーム1杯分は約124万kl)に相当する。
 前年からの増分109万klのうち、およそ9割をメキシコ(前年比8.8%増、約97万kl増)が占める。ロシア(前年比4.1%増、約31万kl増)、フィリピン(前年比11.0%増 、約22万kl増)なども世界の生産量の増加に寄与。

2.地域別生産量
 地域別では、アジア(前年比1.4%減、構成比32.0%)が10年連続トップ。2位ヨーロッパ(前年比2.1%増、構成比27.3%)、3位の中南米(前年比2.9%増、構成比19.3%)と5位のアフリカ(前年比1.7%増、構成比7.4%)などは増加。
 生産量上位国中国(前年比2.2%減)や、日本(前年比2.7%減)、ベトナム(前年比1.7%減)が減少したが、インド(前年比4.9%増)やフィリピン(前年比11.0%増)が伸長し、アジアが10年連続でトップとなった。

3.国別生産量
 国別では、中国(前年比2.2%減)が17年連続でトップ、アメリカ(前年比1.7%減)、ブラジル(前年比1.0%増)と続く。日本(前年比2.7%減)は昨年同様の7位。フィリピンは前年比11.0%増の222万kl、4年連続でプラスとなり昨年の20位から17位と順位を上げた。ASEANでは、ベトナムの430万kl(世界8位)に次ぐ第2位となっている。また、11.0%増という伸び率は、上位25カ国で唯一の二桁増加、断トツ(2位はメキシコの8%増)となっている。2017年も7.9%増と好調であったが、2018年は生産量増加ピッチに拍車がかかった。

4.10年前との比較
 2018年の世界のビール生産量を10年前と比較すると、約878万kl(4.8%増)の増加となった。
増加量ではブラジル(約380万kl増)、ベトナム(約285万kl増)、メキシコ(約125万kl増)と続き、ベトナムにおいては、10年前の生産量と比較し約3.0倍に伸長と、大きく成長している。フィリピンも10年前から89万kl、率にして67%増加、世界順位も2008年の28位から17位へと大幅に増加している(19年8月8日のキリン・ホールディングスニュースリリースより)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

 フィリピンでもコンビニエンス業界の競争が激化しつつある。現在は業界断トツのセブン-イレブンをマーキュリー・セルフサービス、ミニストップ、ファミリーマートなどが追うという構図になっている。2015年3月にはローソンもフィリピン1号店をオープン、2019年6月末で45店に達しているとみられる
 ユニバーサルエンターテインメントは7月12日、フィリピンのマニラ・ベイ地区で展開している統合型リゾート(IR)施設『Okada Manila(オカダ・マニラ)』を運営するタイガーリゾートレジャー&エンターテインメント社(TRLEI)の2019年6月度の月次実績(速報値)について発表した。  
丸紅、関西電力、中部電力、およびフィリピン最大の配電事業会社であるマニラ電力(メラルコ)は共同で、フィリピン・ニュークラークシティ(NCC)におけるスマートグリッド事業に参画する。
公益財団法人地球環境センター(GEC)は、「2019年度二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業(JICA等と連携する事業を含む)」について、7件を第一回分として採択した。
公益財団法人地球環境センター(GEC)が募集した「2019 年度二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism:JCM)資金支援事業のうち設備補助事業」において、代表事業者として東京センチュリーが応募した「フィリピン/配電会社と連携した18MW太陽光発電プロジェクト」が採択された。
新生銀行グループの昭和リースは、6月27日、「ユーチェンコ財閥傘下のEEIと、サイガの3社で、クレーンレンタル事業を目的とした合弁会社を、2019年9月を目途にフィリピンにて設立する」と発表した。
ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市)は、季節限定スイーツ「ハロハロ」第1弾を4月26日、第2弾を5月3日、第3弾を6月20日、国内のミニストップ (2019年3月末現在:2,177店)にて発売する。
双日はフィリピンにおいて、リョーユーパン(本社:福岡県大野城市)と共に、ニッポン・プレミアム・ベーカリー(NPB)を設立、マニラ首都圏南方バタンガス州のファースト・フィリピン・インダストリアルパークⅡに製パン工場を建設、マニラ首都圏を中心に日本式パン(ふわふわ FUWAFUWA)の卸販売が開始されている。
三井E&Sマシナリーは、フィリピンのインターナショナル・コンテナー・ターミナルサービス(ICTSI社)より、ヤード用トランスファークレーン16基を追加受注した。
フィリピンのミンダナオ島拠点の不動産企業ダモサランドのフェイスブックなどによると、紙器・紙工品製造販売企業であるパックウェル(本社:東京都葛飾区お花茶屋)がフィリピンに進出する。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel