ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > フィリピン セブ・パシフィック航空、セブ⇔成田線を毎日運航へ

フィリピン セブ・パシフィック航空、セブ⇔成田線を毎日運航へ

2018年9月14日

広告
広告

現行の週4便から増便、地方からの訪日も容易に

 

フィリピン最大の格安航空会社(LCC)セブ航空(ブランド名:セブ・パシフィック航空)は、セブ経由の日本路線を増便し、ビサヤ地域やミンダナオ地域の人々が日本へ容易に旅行できるようにする。
 
 12月1日から、セブ~成田(東京)線を現行の週4便から1日1便に変更する。継ぎ目のないフライトスケジュールで、バコロド、イロイロ、カガヤン・デ・オロあるいはダバオから国内線、国際線共に1度のチェックインで成田に行ける。セブ経由成田線の料金(片道)は、バコロド(7,376ペソ~)、カガヤン・デ・オロ(7,776ペソ~)、ダバオ(7,676ペソ~)、イロイロ(7,576ペソ~)。
 
 セブ・パシフィックの完全子会社セブゴー(Cebgo)のラオ社長兼CEO(最高経営責任者)は、「日本がフィリピン人にとって人気の高い旅行先の一つであることから、ビサヤ地域やミンダナオ地域出身の乗客にセブからのデイリーフライトで日本へ行くという、より現実的な選択肢を提供する」と説明。
 
 一方、フィリピンは日本人観光客の間で人気の高い旅行先である。観光省(DOT)のデータによると、フィリピンを訪問した日本人観光客は、2018年年初から7カ月間(1-7月)で36万6,649人に達した。多くの日本人学生が英語の勉強先にフィリピンを選択している。
 
 セブ・パシフィック航空は、セブ発着便のほか、マニラ~成田線を1日2便、マニラ~名古屋線を週5便、マニラ~関空(大阪)線を週4便、マニラ~福岡線を週3便運航している。日本路線はセブ・パシフィック航空にとって強力な成長の原動力の一つである(18年9月12日のセブ・パシフィック航空発表より)。

 
 
広告
広告
広告

その他の記事

日本外務省は9月10日、「台風22号の接近に伴う注意喚起(北マリアナ諸島、フィリピン、台湾、中国沿岸地域)」いうタイトルの海外安全情報(広域情報)を発出した。
PLDTのIT子会社であるePLDTは、このほど、ePLDTのデータセンター「VITRO セブ2」(所在地:セブ州マンダウエ市のPLDTコンパウンド)が、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)から、「Nexcenter」として認定されたと発表した。
フィリピン統計庁(PSA)発表によると、2018年8月の総合インフレ率(総合消費者物価指数、2012年=100)は6.4%(速報値)となり、前月から0.7%ポイント上昇、2013年以降(2012年=100)で最も高い数値となった。一方、年初から8カ月間(1月-8月)の平均インフレ率は4.8%で、政府のインフレ目標上限を0.8%ポイント上回った。
総合建設コンサルタント企業である長大(本社:東京都中央区)は、8月28日(火)と同29日(水)の2日間、フィリピンのセブ市で開催された「PPP調達におけるバリュー・フォー・マネー」(Value for Money in PPP Procurement)の研修に、東洋大学アジアPPP研究所(東洋大学APPPI)の要請を受けて、社員を講師として派遣した。
住友金属鉱山(住友鉱、本社:東京都港区)のフィリピンでの事業基盤拡大、資源高度有効活用が進展している。住友鉱は、HPALからの新たな有価金属の回収を事業化し、競争力強化に努めつつある。具体的には、希土類元素(レアアース)の一つであるスカンジウムの生産を開始する。
世界ラーメン協会 (WINA:World Instant Noodles Association 略称:WINA )は、8月22日、23日の両日、帝国ホテル大阪(大阪市北区)において、「第9回 世界ラーメンサミット大阪」を開催した。なお、本サミットのホスト企業は、1958年に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明した日清食品ホールディングスが務めた。
フィリピンの銀行業界の業績は2018年上半期(1月~6月)も底堅く推移、事業基盤もさらに拡充されつつある。ビジネスワールド紙によるフィリピン商業銀行レポートによると、2018年上半期末の商業銀行(拡大商業銀行{ユニバーサルバンク}含む43行)の総資産は前年同期比9.9%増の15兆3,900憶ペソに達した。
顧客満足度(CS)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー・アジア・パシフィックは、8月28日、シンガポールにおいて、2018年フィリピン自動車顧客満足度(CSI:アフターフォローに関して)調査の結果を発表した。
国際協力機構(JICA)は8月22日、「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~」において、ベルグアース株式会社(愛媛県宇和島市、山口一彦代表取締役社長)が提案する「現地環境に適した高品質・高収量野菜接木苗の生産販売事業のための基礎調査」(フィリピン)を採択した。
ユニバーサル・エンターテインメント(UE)は8月9日、2018年度上半期(2018年1月~6月)の連結決算を発表した。オカダ・マニラの売上拡大を牽引したのは、マス及びVIP向けカジノ部門であり、当初予想を上回る実績となった。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel