ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > フィリピンの男女平等度、アジアで断トツ、世界第8位

フィリピンの男女平等度、アジアで断トツ、世界第8位

2018年12月20日

広告
広告

教育機会では全項目世界1位(149カ国中)

 

スイスの経済研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」は12月18日、世界各国の政治、社会、経済面での男女格差を総合的に評価した「世界男女格差(ジェンダーギャップ)報告書2018年版」を発表、そのなかで、男女平等度を指数化、ランキングしている。
 
 男女平等度ランキングは1.経済活動への参加・機会、2.教育機会、3.健康・寿命、4.政治参加・関与という4大分野(各分野にはさらに細分化された調査項目がある)で男女平等度を比較、順位付けをおこなっている。2018年の調査は149カ国・地域であった。
 
 2017年世界男女平等度指数トップ10は、1位アイスランド、2位ノルウェー、3位スウェーデン、4位フィンランド、5位ニカラグア、6位ルワンダ、7位ニュージーランド、8位フィリピン、9位アイルランド、10位ナミビアとなった。下位グループは、145位チャド、146位シリア、147位イラク、148位パキスタン、最下位の149位がイエメンであった。
 
 フィリピンは前年の10位から8位へと2ランク上昇、例年通りアジア地域では断トツである。東南アジアでフィリピンに次ぐのはラオス26位である。そして、シンガポール67位、タイ73位、ベトナム77位、インドネシア85位、ミャンマー88位、ブルネイ90位、カンボジア93位、マレーシア101位、東ティモール124位となっている。
 
 その他の東アジア諸国では、モンゴル58位、中国103位、日本110位(前年114位)、韓国115位とランクされている。日本は、女性議員数が少ないことや女性首相を出していないこともあって、以前から低い評価であったが、今年は低位置ながら4ランク上昇した
 
 フィリピンは2013年5位、2014年9位、そして2015年6位、2016年7位、2017年10位と世界ベスト10の常連となり、アジアでは断トツの男女平等度となっている。フィリピンの項目別内訳(サブ指数)は、経済活動への参加・機会14位、教育機会1位、健康・寿命42位、政治参加・関与13位。すなわち、教育機会が149カ国中トップになっている。
 
 教育に関しては、識字率は女性が男性の1.01倍で1位、初等教育入学率は女性が男性の1.01倍で1位、中等教育進学率は女性が男性の1.19倍で1位、大学など高等教育進学率は女性が男性の1.32倍で1位と全項目で1位となっており、当然のことながら教育全体で1位となっている。
 
 健康・寿命に関しては、男児出生に対して女児出生は0.94倍で114位と低い評価であったが、平均余命は女性が男性の1.08倍で1位となっている。また、経済への参加・機会に関しては、女性の労働力参加が男性の0.67倍で全体の106位と低いが、専門・技術職は男性の1.39倍で1位、管理職等は男性の1.06倍で1位となっている(18年12月18日の世界経済フォーラム発表より)。

 
広告
広告
広告

その他の記事

ファーストリテイリングは、2009年のシンガポールにおけるユニクロ1号店出店により、東南アジア・オセアニア地域における展開を開始し、その後、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、オーストラリアへと店舗網を拡大。
ビジネスワールド紙集計による「2017年フィリピン企業トップ1,000社」によると、2017年のフィリピン企業1,000社の合計収入は前年比(以下同様)11.7%増の11兆5,300億ペソ、合計純利益は6.4%増の1兆3,300億ペソであった。
国際的総合不動産 コンサルティング大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンズ(コリアーズ)は、フィリピン・マニラ首都圏の2018年第3四半期(7-9月)のオフィス不動産市場動向を発表した。
三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹、本社:東京都新宿区)、野村不動産(本社:東京都新宿区)、フィリピン大手不動産企業のフェデラルランド (本社:マニラ首都圏マカティ市)は共同で、フィリピン・マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)地区に位置する、フェデラルランドが開発したグランド・セントラルパーク地域において、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組んでいる。
東ソーは、コア事業である「ビニル・イソシアネート・チェーン」事業強化の一環として、2015年に、フィリピンのソーダ製品の製造・販売会社であるマブハイ・ビニール・コーポレーション(MVC社、フィリピン証券取引所{PSE}上場)の株式を追加取得し、子会社化した。
パナソニックのフィリピンにおける製造・販売拠点であるパナソニック・マニュファクチャリング・フィリピンズ(PMPC、会計期末3月)は11月14日、2018年度(2018年4月~2019年3月)上半期(4月~9月)事業報告書を公表した。
資生堂(本社:東京都中央区)は、11月7日、フィリピンにおける化粧品事業を強化すべく合弁会社「Shiseido Philippines Corporation(資生堂フィリピン)」を設立すると発表した。所在地はマニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)となる。
環境汚染により閉鎖を余儀なくされたフィリピンの人気リゾート地ボラカイ島で10月末、観光客の受け入れが再開された。 環境対策が進むなか、金沢エンジニアリングシステムズ(本社:石川県金沢市)が開発したリサイクル技術がボラカイ島の環境改善に一役買っている。国際協力機構(JICA)は、中小企業が持つ際立つ製品・技術を途上国の課題解決につなげる仲介役を担う。
フィリピンでは、ハンバーガーのジョリビーが、国民食とまで称されるほどの圧倒的な支持を得ている。マクドナルドがハンバーガー市場でトップになれない唯一の主要国がフィリピンでもある。ジョリビーのシェアは約50%と見られる。
日清食品グループ(日清グループ)は、フィリピンにおいて、ゴコンウェイ・ファミリーの有力食品企業ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション(URC)との合弁企業「ニッシン・ユニバーサル・ロビーナ・コーポレーション」(ニッシンURC、1996年設立、会計期末12月に変更、本社:マニラ首都圏ケソン市)を通じて即席麺事業を展開、カップ麺ではトップ企業となっている。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel