ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比マクドナルド、帰属純利益19%増の9.7億ペソに

スポンサードリンク:

比マクドナルド、帰属純利益19%増の9.7億ペソに

2017年11月15日

マクドナルド・フィリピン(比マクドナルド)は、当地の有力持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)関連会社のゴールデンアーチス・デベロップメント(GADC)によって展開されている。第1号店は1981年にオープンした。

 このほど発表された AGIの2017年9カ月間(1月~9月)事業報告書において、GADC(比マクドナルド)の業績動向が記載されている。それによると、今9カ月間の比マクドナルドの売上高は前年同期比13%増の186億ペソ、純利益は同19%増の9億7,600万ペソ、帰属純利益も同19%増の9億6,600万ペソと好調であった。

 好決算の要因は47店の店舗増加(新規開店50店、閉鎖3店)効果、既存店の堅調な売上増加(5.8%増)既存店の改装効果、新商品投入、サービス拡大(営業時間延長、デリバリーやドライブスルー拡充など)、積極的な宣伝や拡販策の効果顕在化などである。前年同期は5月投票の総選挙特需という強い追い風が吹き非常に好調であったが、今9カ月間はさらに続伸という結果となった。

 2017年9月末のフィリピン・マクドナルドの総店舗数は547店で、前年同月末の500店から47店の純増、率にして9%の増加となっている。

 なお、フィリピンでは、ハンバーガーのジョリビーが、国民食とまで称されるほどの圧倒的な支持を得ている。マクドナルドがハンバーガー市場でトップになれない唯一の主要国がフィリピンでもある。ジョリビーのシェアは約50%と見られる。

 ジョリビーはフィリピン最大のファ ストフード企業ジョリビー・フーズ(JFC)によって運営されている。2017年9月末のJFCがマジョリティーを有する事業におけるフィリピン国内店舗数は2,756店に達している。内訳はハンバーガーのジョリビー1,023店、中華のチャウキン510店、ピザのグリーンウイッチ262店、ケーキ・ベーカリーのレッドリボン411店、鶏肉・バーべキュ-のマン・イナサル471店、バーガー・キング79店 となっている。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel