ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 比ユニクロ出店加速、17年末47店でASEAN最多に

比ユニクロ出店加速、17年末47店でASEAN最多に

2018年1月8日

<SMとの合弁事業順調>
 ファーストリテイリングはフィリピンにおけるユニクロ店舗の出店、運営を目的として、2012年1月にSM リテール社と共同出資して合弁会社「ファーストリテイリング・フィリピン社(FRPI、所在地:マニラ首都圏パサイ市、当初資本金:4億ペソ)を設立した。ファーストリテイリングの出資比率は75%である。合弁相手のSMリテール社は、商業施設運営、銀行、不動産、ホテル、コンベンション事業などを展開するフィリピン最大級のコングロマリットであるSMインベストメンツ社の子会社であり、小売業におけるリーディングカンパニーで50年以上の歴史を誇っている。ユニクロ フィリピン(比ユニクロ)1号店は、2012年6月15日、巨大ショッピングモール「SMモール・オブ・アジア」に出店された。すなわち、2017年に年開業5周年を迎えたのである。

<17年第4四半期、3カ月連続の複数出店>
 比ユニクロ店舗数は、初出店から約1年後の2013年5月に4店、13年11月には10店に達した。約2年後の14年5月には12店、14年12月に20店、約4年後の16年5月に30店、そして、2016年12月に35店、約5年後の17年5月には37店と拡大してきている。そして、17年6月に一気に3店をオープンし、40店体制となった。後半も出店が加速、10月、11月、12月ともに2店ずつ出店、47店体制となった。
 12月は、1日に、マニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の「ボニファシオ・アップタウン」の2階に46号店、12月8日にはマニラ首都圏マンダルヨン市オルティガスセンターの「ザ・ポディウム」の2階に47号店をオープンした。そして、初出店時に掲げられた「数年で50店体制」という目標達成が視野に入ってきた。また、17年の年間出店数は12店となり、16年の8店を大幅に上回った。

 

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel