ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > UE社とウィン・リゾーツ社が26億ドルの和解金、フィリピンカジノ事業に優先配分方針

UE社とウィン・リゾーツ社が26億ドルの和解金、フィリピンカジノ事業に優先配分方針

2018年4月5日

広告
広告

カジノ・娯楽関連企業であるユニバーサルエンターテインメント(旧社名アルゼ、ジャスダック上場、以下UE社)は、3月8日、ウィン・リゾーツ社(Wynn Resorts Ltd.)が総額26億3,200万米ドルをUE社支払うことで和解したと発表した。

 UE社によると、100%子会社のアルゼUSAが保有するウィン・リゾーツ社株式を償還する権利を有していたこと、償還時の株式査定価格には妥協性がなかったこと等をウィン・リゾーツ社が認め、その結果ユニバーサルテンターテインメント社グループに対し、総額26億3,200万米ドルを一括で支払うことに合意、和解契約が締結された。

 UE社グループは、和解契約締結により、経営に重くのしかかっていた高金利の借入と高額な米国訴訟費用の経費から解放されて、大きく身軽になることから、フィリピンのマニラで展開しているカジノリゾート「オカダ・マニラ」の成功と、メーカー事業の強化の両面に注力できる。

 和解契約により得られた収益は、借入金等の弁済及びフィリピンの「オカダ・マニラ」プロジェクトの推進に優先的に配分していく予定である。ただし、借入先との交渉等にも時間を要するため、最終的な確定はまだ先になるもよう。UE社は現在、大手主要格付機関のレーティング審査を受けており、格付け取得で信用性を高めた上で、各借入先との再交渉を始める方針である(18年4月2日のユニバーサルテンターテインメント社発表などより)。

 なお、『オカダ・マニラ』プロジェクトは、フィリピンの国家的プロジェクトであるマ二ラ湾岸沿いの「マニラベイ・エンターテインメントシティー」に、世界最大規模のカジノ施設を含む豪華ホテルや高級レストラン、商業施設、バジェットホテル、コンドミニアム、世界最大級の噴水やビーチクラブを兼備した一大複合リゾート(IR)を創設するというものである。

 
広告
広告
広告

その他の記事

大手商業銀行であるメトロポリタンバンク&トラスト(メトロバンク)グループの持株会社GTキャピタル・ホールディングス(GTCAP)がトヨタ車事業を強化してきている。
 シチズンマシナリー(本社:長野県北佐久郡御代田町)は、フィリピンの工作機械製造拠点拡張を決定した。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の3月末値は、7,979.83ポイントで引け、2017年末から6.76%下落、すなわち、2018年第1四半期累計で6.76%の下落となった。
ジェットスター・アジア航空(ジェットスターA、本社:シンガポール)は3月27日より、航空会社として初めて関西国際空港とフィリピン・クラーク国際空港を結ぶ直行便を週3便(往復)で運航開始した。本路線の就航により、関西圏の旅行者は、アンヘレスやマバラカットなどクラーク国際空港の近郊都市やルソン島中部・北部を訪れやすくなる。
3月26日、マニラ南方のカビテ州ヘラクレオ・アラノ・サングレーポイント(サングレーポイント)海軍基地において、海上自衛隊練習機「TC-90」3機のフィリピン海軍への引き渡し(移転)式典が開催された。
アジア開発銀行(ADB)は3月19日に、東アジア債券市場の動向に関する報告書「アジア債券モニター」(ABM)最新版である2018年3月号(2018年第1四半期実績などを記載)を発表した。
3月23日発表のフィリピン財務局速報値によると、2018年1月の財政収支は102億ペソの黒字となり、前年同月から黒字が4.6倍に拡大した。黒字急拡大は、税制改革による税収増効果と言える。
双日株式会社はフィリピンにおいて、小麦粉製造業及び小麦粉を中心とした食料原料販売と、パンの製造・販売に参入する。
一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)は、3月20日、 2017年版「戦略的なインフラ・システムの海外展開に向けて」という提言を行った。そのなかで、フィリピンに関しては、以下のような提言が行われている。
三菱商事は、フィリピンを代表するアヤラ財閥の旗艦企業であるアヤラコープの主要株主(2017年12月末の普通株式保有比率10.15%)であり、アヤラコープ取締役(定員7名)のうち1名を占めている。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel